まる高のきまぐれブログ

単身生活のあれこれ、趣味の自転車・ジョギング、読書など・・・

芙蓉の人

2017年01月04日 | 読書
「芙蓉の人」新田次郎
女性登山家の死亡をニュースで聞き、久しぶりに新田次郎の本を読みたくなりブックオフでこの本を買いました。明治に富士山の頂上で冬季気象観測をする物語です。その奥さんも後から山に登り気象観測の手伝いをしますが、冬季の過酷な状況から二人とも高山病となり山を下りることになるのですが、当時の設備、装備でよくやったなと感心しました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御用始め | トップ | 朝は空いていたが »
最近の画像もっと見る

読書」カテゴリの最新記事