マイナスをプラスにしたい今日この頃

岐阜県在住の私が趣味を中心とした日記を紹介します。

大腸検査

2017年05月19日 | 健康
年に1回の大腸検査をしました。

実は10年前の40歳を過ぎた頃に一度便検査を他の病院でした際に血液が混じると診断され紹介された医院が前の胃腸科でした。しかし地元では有名になり中々予約しても1ヶ月待ちになり、医師との日ごろの検診でこちらの質問する時間もなくなり意思疎通が困難になりネットで探した医院に昨年から転院しました。

胃カメラは昨年経験して、今年は大腸検査です。今回前日の食事は専用食事を薬局で出していただきました。

■前日の3食分です。

■このように電子レンジ、又は温めるレトルト食品です。

朝食は雑炊風で温めましたが匂いが中華風で私は駄目でした。昼も駄目、夜は普通のお粥でした。やはり1000円くらいしますし無理して頼まず、自分でお粥を3食作り食べれる物意外は処分しました。

その後下剤を飲み、翌日には下剤効果が効きすぎて少しお腹が痛くなり大変でした。大腸検査はやはり腸内を綺麗に洗浄する液体が大変です。今回もポカリ味で私は苦手ではありませんが、苦しい方も見えますね。

2時間で飲んでほとんど午前中には綺麗になりました。16時から検査になりました。私の主治医はカメラが通る際に痛みに悩む人が多いので、点滴に鎮痛剤を入れてやってくれます。私もここ数年腸の曲がる位置で痛みがでるので鎮痛剤をお願いしました。全く痛みも無く知らない間に終わりベットで点滴が終わるまで寝ていました。

検査後の話を聞くと、盲腸の出口に4mmとS字結腸に4mmあり切除してクリップ留めしたと聞きました。ポリープは5mmを超えたら切除するのが普通で4mmは経過観察でも良い気がしますが毎年できるので取っていただいた方が良いかも知れません。これも医師の判断になります。

ポリープに関しては、肥満とか食事に関係するそうですが、確たる証拠はありません。やはり肉類が日本人も多くなり、油物の摂取などにもよるそうです。今後は少しずつ減らそうと思います。

クリップは1ヶ月程度で自然に取れますが、10日くらいはお腹に負担をかけないようにしないと、出血する事もありますので、これから大腸検査を受ける参考になれば幸いです。

大腸がんは男性1位、女性2位の死亡率です。40歳を超えたら便検査を受けて異常があればカメラをしてください。大腸検査は医師の腕による所もあります。年間多数行う医師をお勧めします。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タヌキ現る。 | トップ | 安定化電源(その2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む