私塾 成趣館

広島県東広島市で古流沖縄空手の研究に励む。稽古日は火・木・金。幼年部5時~少年部6時半~一般部8時~10時

4/15(土)無想会中四国稽古会

2017-04-24 22:31:38 | 空手
みなさん、おはこんばんにちは。中川俊直です。まだまだスキャンダルが出て来そうなのでもう少し隠れときます。嘘です。(・ω・)ノ
遅くなりましたが、先日の無想会中四国稽古会について報告です。
今回は、島根からK夫妻に加えて、大阪からもYさんが参加してくれました。

しかも、今回はYさんの独壇場。すべて理に適った稽古をされているようで、特に目が素晴らしく良い。(ちなみに視力のことじゃないです)
技の少しのズレも見逃さない眼力は脱帽ものでした。
私もKさんも感心しきりでした。Yさんはご自分の理論を確認する為に参加したとは言っていたものの、すっかり教えてもらうってばかりになってしまいましたし、改めて基礎の大切さを教えられました。本当によく研究されている。
予定より一時間早く5時から始まった稽古会は、あっというまに時間が過ぎ、気付けば4時間半稽古をしていました。
その後は、皆で夜の街に繰り出し、ここでは記せない濃い〜話に華をさかせました。
このような片田舎で行われる稽古会に、遠方から様々な人が参加してくれ、私自身非常に刺激になり、今何が足らず、何をすべきかということが明確になったように思います。

終わり(=゚ω゚)ノ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肩を滑車にする

2017-04-10 22:53:48 | 空手
みなさん、おはこんばんにちは、渡部建です。佐々木希と結婚します。嘘です。羨ましい限りです。(´;ω;`)
さて、題にもある「肩を滑車にする」というのは、新垣師範の言葉です。
しかし、私にはこれが理解できず、前回の講習会では、新垣師範に再び丁寧に指導していただきました。しかも、個別に。
それでもどうにも理解出来ない。
もちろん、肩の構造上、肩が滑車のような形になっているのは理解出来ます。しかし、それがどうにも技と結び付かない。
結局、私は「これは新垣師範の個人的な感覚であって、全員に当てはまる感覚ではないのかもしれない」と都合よく解釈し、自分の中で避けていました。
ところが、前回、中四国稽古会でKさんに、前鋸筋の意識を持って突きを出すことを教えてもらい、これがしっくりきていたので、前鋸筋を意識して突きの練習を続けていました。すると、フッと肩への意識が滑車と重なり、技として一致したのです。すると不思議なことに、他の感覚も繋がっていきました。その一つ、手の内の使い方もしっくりきて、親指で最後に拳を落下させることの重要性も腑に落ちたのです(ひとりよがりかもしれませんが)。
沖縄武道空手は理論的で効率的です。しかし、それを自分のモノにするには、直感的な感覚が必要に思えます。
その感覚を得るためには、自分一人では限界があるようです。どんな優れた師を持っても、それを受け取るだけの器が無ければ、ザルのように抜けていきます。(少なくとも私の器では、受け取ろうにも溢れ出てしまっていました。)
そんな時、同じ目標を持った同志がいるというのは、優れた師を持つと同等なくらい重要なことだと今回、身に染みて感じました。

そんな、仲間たちと共に技術を研鑽させる場として、4月15日(土)PM6:00より無想会中四国稽古会を行います。どなたでも参加できますので、どうぞ遠慮なくお越しください。
連絡はこのブログのコメント欄かi_taka_s50_4_7syunpou@yahoo.co.jp(礒部)
まで。
写真は少年部同士の教え合いです。悪しからず。

おわり(=゚ω゚)ノ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ、4/15(土)無想会中四国稽古会

2017-03-27 15:13:08 | 空手 マンガ
お知らせです。
4月15(土)のPM6:00〜9:00に無想会同志の稽古会を行います。
場所は、東広島市西条町寺家2918 新宮神社神楽殿です。
無想会の武道空手に興味のある方であれば、流会派、経験の有無は問いません。
参加希望の方はこのブログのコメント欄か、
i_taka_s50_4_7syunpou@yahoo.co.jp(礒部)
までご連絡下さい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

3/26西日本オープン硬式空手道大会

2017-03-26 21:57:41 | 空手
みなさん、ごっつあんです!稀勢の里です。嘘です。信じた人すみません。(・ω・)ノ
西日本オープン硬式空手道大会、行ってきました。今年は、小学4年生男子2名、小学5年生男子1名、小学5年生女子1名の計4名の出場です。

(いつも通り新垣師範の祝辞もあります)
当道場は、安全面も考えて、普段は顔面無しで稽古していますので、不利なところもありますが、今年は勝つことを目指して短いながら稽古してきました。
そのお陰か、3名は一回戦突破、Rリカが見事3位入賞を果たしました。
入賞こそ一名のみでしたが、負けた試合も僅差の負けでした。しかも、不思議と相手の持ち味を打ち消す戦いでした。勝った相手の次の試合を見ると、全然動きが違う、「あれ?あの選手あんなに良い動きしとったけ?よくあんな相手と互角にやりあって、1ポイント差しかつかなかったな〜」という感じ。どうも腰を回さない手突きのうちの生徒とはやりにくいようでした。なんとなく不思議な感じです。
後は駆け引きをもう少し覚えると更に上に行けると思います。
ともかく今日はみんな良く頑張りました。


終わり(=゚ω゚)ノ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、身体を一直線にする。

2017-03-04 22:13:48 | 空手
みなさん、おはこんばんにちは。瑞穂の国記念小学校、名誉校長の安倍昭恵です。「あべしゅしょー、ガ〜ンバレ」…ウソです、信じた人スイマセン。(・ω・)ノ
前回ブログで記したように、身体を真っ直ぐにすると集中力が上がると言う事を発見し、更にいろいろ工夫してみました。

糸に重りを付けて、正中線と見立ててみたり、
これは板で正中線を具象化してみました。


これを正中線に合わせてみるとどこが歪んでいるか分かりやすいのです。
しかし、これらの工夫は一般の人には良かったのですが、子供にはあまり芳しい結果は出ませんでした。道具の方に意識がいき、集中力が分散されて、よろしくないようです。
一番良いのは、道具に頼る事なく、一人一人姿勢を修正してやるのが一番でした。
また、立ち方も、閉足立ち、ナイファンチ立ち、前屈立ち、四股立ちといろいろやって正中線に沿って身体を真っ直ぐにさせてみたのですが、結局一番効果があるのは「鐘木立ち」のみでした。

どんなに騒がしくても、集中力がなくても、一度この鐘木立ちによる真半身を作ると、話し声も無くなり、集中力が増します。
年齢も小学生以上であれば、程度の差こそあれ、同じような効果があります。しかし、未就学児への効果はまだ疑問が残るところです。
もっと効率の良いやり方があるかもしれませんが、この鐘木立ちによる真半身、もしこのブログを読んでいる人で少年部の指導者がいれば試してみて下さい。
私は更なる工夫を続けてみたいと思います。

終わり(=゚ω゚)ノ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加