はあどぼいるど・えっぐ

世の事どもをはあどぼいるどに綴る日記

つきロボ

2012-02-19 19:39:03 | マンガ
つきロボ 1 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
クリエーター情報なし
集英社


「つきロボ」中平正彦

 おお「破壊魔定光」の人か、懐かしいな。と思わず手に取った。女の子とロボの組み合わせとかベタすぎて、普通だったら興味ももたないんだけど、この人の作品は好きなので。
 肝心の中身は、というと。
 人類が月で生活するようになった未来。ロボットアニメが、とくに「月面魔神グラドゥルス」が大好きな山本つきひは、ルナホッパーという特殊車両を使った競技で無理くりアームをぶん回しては悦に浸る危ない女の子。そんなつきひは、ある日「本物の等身大の」グラドゥルスが月面に実在することを知った。半信半疑でその場に向かってみると、大量のコンテナに埋もれるようにしてそれはそこにあり、しかもよくよく聞いてみると、造ったのは技術者である父親だという……。

 元気いっぱいのつきひがとにかくかわいい。ロボットに対する愛、賑やかな友達関係、大人とのうまい付き合い方、あふれる冒険心と行動力。小さな体にみなぎるパワーを見ているだけで、なんだか気持ちよくなってしまう。思えばこの人女の子書くのがうまかったよね。萌えとかじゃない、純粋なかわいさがある。
 ストーリーのほうは、リアルに存在する月面生活と、ファンタジーなロボの世界をいかに融合させていくのかが見所なのかな。敵はいないけど、それはそれでリアルでいいかも。そのうち出すとは思うけどね。
 夢の持てない世の中で、できる範囲でどれだけ夢を見れるか、冒険できるか。たとえば現代に生きる僕たちにって、それはどういうものなのか。いろいろ考えさせられました。いい題材だと思います。次巻も当然の買いで。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギフテッド | トップ | 妹先生 渚 (1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL