カワウソのひとり言

思う事・感じる事を書きたい

謙虚な気持ちが大事

2017年07月31日 | 信頼

 カワウソは身体に障害が邪魔して自分の事しか考えられず、今まで周りの人たちのことなんて考えられませんでした。

幼年期の頃から、人に手助けしてもらうことをして来てしまいました。

それが自分の中では普通になってしまい、高校生になっても社会人になっても苦難に出くわすと甘えることを覚えてしまって

いるため手助けしてもらうことが当たり前になってしまっていました。

それでいいもんだと思い込んでいて逆に人に気を使うということなど考えもしませんでした。

その為人は離れて行かれることが多々ありました。

 本来人と人は字のごとくお互いが支え合って(寄り添い)生活するものです。

それが人間社会においての掟になっています。

この歳(中年)なって来てようやくその事に気づいたのです。

何かを手助けしてもらったら、自分では人に何も出来なくても謙虚な気持ちを現すことが大事なんかじゃないかと。

それが伝われば、相手だって嫌な感じはしないと思うんです。

先日も会社の入り口ドアで他の社員の人と一緒になったところで、カワウソがドアを開けて「お先にどうぞ」と譲ると

「ありがとうございます」と言われとてもいい気分でした。

今までのカワウソでしたら、自分で開けたのだから我先にと言わんばかりに、譲る気持ちなどさらさらありませんでした。

小さい事のようですが、とても大事な事です。

 こういう小さな謙虚の事の繰り返しこそが、さんざん手助けしてもらっていたことが当たり前になっていたカワウソには

人を大事にすることこそ、そういう気持ちが大事。

 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一緒に居て楽しいと思われる... | トップ | きちんと病院に行くべし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

信頼」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。