カワウソのひとり言

思う事・感じる事を書きたい

きちんと病院に行くべし

2017年08月13日 | 健康管理

右手親指が母指CM関節症になってしまい動かすと痛みが生じてしまいます。

今年1月に親指付け根の所に痛みの違和感を生じました。
いつもの悪癖で「直ぐに治るだろう?」と安易に思い過していました。
しかし2ヶ月経っても痛みは増しはしないが、一向に治まる気配はなく同じような違和感から
今度は痛みに変わってきたのです。

さすがにおかしいと思い始め、週末の土曜日も診察をしている接骨院に行き診てもらう事にしました。
右手親指付け根部分を中心にレントゲン検査をし、その結果親指付け根の軟骨がずれていて親指を動かす度に骨同士が擦れて
痛みを感じると、診断されました。
それ以後は毎週通院して電気を当てたり、装具を買って日常それを着け、湿布を貼ってと2ヶ月ほど治療を受けました。
しかし一向に良くなる気配は全くありません。
少しずつ「これでは治る見通しがつかない」と疑問を持ち始めました。
2ヶ月半が過ぎたころについにらちが明かないと思い医院を変えました。

総合病院に変えたのです。
問診を受けてレントゲン検査をしました。
その結果はやはり同じでした。
しかし違ったのはきちんと病名:母指CM関節症と教えてくれてその上、治療方法を具体的に言ってくれました。
装具も今まで使用していたものは「全然患部を保護していませんね」と言われて、病院には装具を作る技師もいて
ちゃんとした装具を作ってもらいました。
まだ完治はしていませんが、1ヶ月の通院で痛みが半減してきました。

以前に腰を痛めた時もそうでしたが、素人である自分が簡単に治療院を選ぶのではなく、年齢を重ねれば重ねるほど
もっと慎重になりきちんと総合的な病院に行くべしだと感じます。
もしかしたらその痛みは違うところから来ているかも知れない、また違った病気から発症したのかもしれません。

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謙虚な気持ちが大事 | トップ | やっぱり普段の生活リズムがいい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康管理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。