カワウソのひとり言

思う事・感じる事を書きたい

歯がポロポロとかけてしまう

2017年01月30日 | 健康管理

3年前に歯槽膿漏の治療をする為に専門医に行きました。
25年以上前から口臭がひどいらしく(自分では分からない)、鏡で口を見る限り「ずいぶんと歯茎が腫れているなぁ!」
歯磨きをするたびに「出血するなぁ、なんか嫌な予感」
とは思っていながらも歯科医院がとてもとても嫌いで見過ごして見ないふりをしてきました。
ようやく全部の歯が駄目になる前に、行く事にしました。

治療を受けに行くと先生からの衝撃の言葉が出ました。
「何十年物の歯垢が蓄積してしまっています」と。
(だから歯茎が膨れ腫れあがっていました)
驚きとともに「治りますか?」と即座に聞き返してしまいました。
先生からは、「治りますけど、すでに歯茎がブヨブヨなっているところもあるので、治療後抜けてしまうのもあります」と。
早速いっぺんには出来ないので少しずつ1年かけて治療してもらいました。
1年通い治療が終了しました。
歯磨きしても出血しなくなり、口臭の事も周りから言われなくもなり、歯茎も軽くなったように感じられました。

スッキリした気分になっていました。
しかしそれから半年が経つ頃、物を食べていた時のこと。
明らかに食べ物ではない硬いものが、ガリっと噛んだ感じがして口から出してみると歯がぽろっとかけてしまいました。
先生の言ったいた通りなってしまいました。
その後も幾度となくポロっ、ポロっと抜けたり歯と歯茎との境で折れてしまったりと、左右奥歯の嚙み千切る歯の
上下ともが今日までになくなってしまいました。
どうやらこれは、歯茎が腫れて歯垢が蓄積していたのにもかかわらず、そのまま放っておいたつけが回って来たものと
考えられます。
いやそうに違いありません。

驚くことに現在30代で8割の人が歯槽膿漏にかかっていると言われています。
よく歯磨き粉のCMなどで「歯槽膿漏になってしまうと歯が抜けてしまい、良い歯まで隣の歯が抜けてしまった事で
支えがなくなり抜けてしまう」とやっていますが、あれって本当の話しです。
もうここで全部歯がなくなってしまう前に歯を入れるなりして食い止めたいものです。
入れ歯なんていやです。

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと母親を愛せるようにな... | トップ | 湯畑、工事中でした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康管理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。