ハンハン Taka Blog

日々の出来事 想いを ありのままに…

痛い敗戦

2016-09-18 | サガン鳥栖
リーグ戦ではなかなか勝つことができない広島が相手です。
昨日もしたたかな攻めで鳥栖を翻弄していました。

攻めにかかるときに,広島にはいくつかの効果的なパス選択ゾーンが常にありました。
パスでつないでくるばかりでなく,鳥栖が守備にかけている人数を見て一人でドリブルで仕掛けていったり,必ず右サイドに張っているミキッチ選手をサイドチェンジで使ったりと,危険な仕掛けを試みてきます。
ミキッチ選手に全盛期ほどの怖さは感じられませんでしたが,でもまだまだ怖いのは事実。

広島は鳥栖相手にスーパーゴールをも決めてしまいます。
以前には佐藤選手が,今回は塩谷選手が。
あの弾道は圧巻でした。

前半のうちに同点に追いついていればという思いもありましたが,後半早々に劇的なシーンが。
同点弾が決まったと拳を突き上げましたが,判定はオフサイド。
ブーイングがおさまらないと思っていたら,抗議したマッシモ監督が退席処分されていたとは…。
ただ,今日見たビデオ映像ではわずかながらでしたがやはりオフサイドでした。

その後,2点を失い勝負は決まったかのように見えましたが,ここから鳥栖が本領を発揮し始めます。
オフサイド判定でゴールを逃した谷口選手がコーナーキックに足を出して左隅に流し込み,民友選手が落ち着いて右隅に。
いけいけで攻撃をし続けましたが,同点弾までには至らず無念の敗戦。

鳥栖は,守備ラインでボールを保持しながらサイドや前線につないでチャンスを演出していく組み立てですが,時折危ない場面が生じます。
激しいプレスを受けてボールを距離が近いGKに戻すときなどは特にそうです。
また,ゾーンで守っているので,予想に反した形でボールが前線にわたるとウタカ選手のような得点も生まれてしまいます。
攻撃ではいいところまで持っていくのですが最後のキックの精度がいまだに…,という場面も多々ありました。
見ている側としては,ムス選手だけでなく3点目を喫した茶島選手のようにもっと一人で勝負をかけていいと思うところも。

鳥栖は前節,浦和にほぼ完敗。
立て直しを期待した今節も3失点で敗戦。
やはり守備で踏ん張らないと勝機は見えてこないのでしょうか。
ひっくり返すまでの実力はもう一つなのでしょうか。

それともう一つ。
今日はサブに石川選手が入っていました。
3点差がつき鎌田選手が下がるときに入るかと期待しましたが,結局起用は見送られました。
サブに入れてくるくらいですから,それなりのものを持っていると思います。
石川選手には今後の起用に期待しています。

次節は,豊田,ムス選手が警告累積で出場停止です。
広島,川崎に連勝した大宮が相手で,難しい一戦となりそうです。
両FWに代わる選手と周りの連係で勝機を見い出してほしいですね。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ム~スッ! ム~スッ! | トップ | 早坂選手に期待 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サガン鳥栖」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。