ハンハン Taka Blog

日々の出来事 想いを ありのままに…

広島戦 J1リーグでついに2勝目

2017-03-12 | サガン鳥栖
昨日の試合は,前半と後半が明と暗のような内容で,勝利がこぼれ落ちるのではという不安を抱きつつも,ある意味面白かったと思います。
何と言っても,相手は広島です。
鳥栖がJ1に昇格して,その年の1回目の対戦で勝利してからは,なかなか勝てなかった相手。
その広島に,最後まで失点せず辛うじて勝ち点3を手中に収めたことには,正直ほっとしました。

前半は,マッシモ監督が構築しようとしている戦術が,開幕戦よりも高いレベルで見られたように思いました。
攻撃時は4・3・3,守備で押し込まれる場面にはFWの2人が守備ライン近くまで下がって来るようなシステムに見えました。
また,高橋選手は自由な動きが許されているようで,かなり前線まで侵入する場面もありました。
逆に,鎌田選手は守備への参加が義務付けられているように見えて,以前のように前線に待機して攻撃の準備をしているという場面はあまりなかったように思います。
高橋選手は当然のことながら,鎌田選手もここ3試合すべてで,走行距離ベスト10に名を連ねています。
危機管理能力も向上し,後半,相手ボールになった瞬間,かなりの距離を走ってボールを奪いに行った場面はニュー鎌田を見たようでした。

GKからDF,DFでボールを回しながら多くは両サイドへ,時に縦パスを入れるなど,攻撃に多様性が出ていました。
前線でもショートパスをつないで相手陣内へ侵入していくボール運びも様になってきていました。
シュートが決まらないのは残念でしたが,惜しい場面も多かったです。
その戦術に豊田選手が絡まないといけない場面が多く,まだまだミスも多かったですが,一つの駒になろうと懸命にやっている姿は心を打ちました。
さらに足技まで進化させようとしている豊田選手も,このシステムに生き残りをかけているように思えます。(元コロンビア代表FWの加入に関する記事もありましたし)
前線にどんと構えて,味方のパスやセンタリングに走り込みシュートするゴールゲッターとしての素質だけでなく,今以上の足技まで磨きがかかるとなると,相手にとってはとても厄介な選手に変貌します。

広島の攻撃を多くの場面で上手く封じて魅力的な攻撃につなげていった前半は,久しぶりにあっという間に過ぎていきました。
そして,前半終了間際,原川選手によるFKのシーン。
開幕戦のように入ってほしいという願いは見事に叶って,スタジアムはこの日最高潮の盛り上がりを見せました。

後半に入ると,鳥栖の勢いを止めようと,あの広島が守備で反則を連発。
ついには,レッドカードも出る始末。
ここでもスタジアムは沸きましたが,一転,鳥栖が防戦一方の状況に。

広島のパスが面白いようにつながり始め,鳥栖の守備ライン深くまで簡単に侵入される事態に。
長短共に繰り出されるパスにはミスが極めて少なく,広島の各選手の技術の高さが見られました。
前線でもシュートコースを意図的につくろうとする選手の動きやパス交換は鳥栖の守備陣を苦しめました。
シュートだけは決めさせないという鳥栖の選手の意気込みは,次々に相手のCkにつながり,なかなか鳥栖陣内からボールが出ず,危険な場面がいくつもありました。
そこで最後の砦となったのは,GKの権田選手でした。
いつ決まってもおかしくないシュートをナイスセーブで防いでくれました。
さすが,代表のゴールマウスを守ってきた男でした。
鳥栖に来てくれて感謝しています。

また,相手に攻め込まれている場面でマイボールとなった時に,GKからDFへボールを回すことがなくなったのはどうしてだったのか。
権田選手からはFWへのロングボールばかりとなり,結局は相手に取られてしまう時間が続きました。
負けていて時間もない状況だったら分かるのですが…。
監督からの指示だったらやむを得ませんが,選手の判断だったら前半のようなボール回しや何か他の手もあったのではと思います。

防戦一方の時間帯も数回鳥栖はチャンスを作りました。
途中から入った田川選手はシュートを浮かせてしまったり,豊田選手のシュートはわずかにずれたりと本当に残念でした。
特に,田川選手自らのシュートを防がれた場面でこぼれたボールを追わなかった場面には閉口しました。
例えば池田,民友,水沼選手などだったらすぐに反応していただろうにと思うと,たとえボールをとれなくても最後まで諦めない姿というのは,これまで鳥栖が見せてきたものであり,選手やサポにその思いは伝わるんですよね。
コロンビアの選手も加入しそうですし,田川選手には,チャンスをもらっているうちに是非ゴールを決めてほしいものです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開幕戦 勝利を飾れず

2017-02-26 | サガン鳥栖
鳥栖はつなぐサッカーへの完全なる変貌を図ろうとする姿を見せてくれた。

前半は一進一退ながら,柏の守から攻への転換は速かった。
鳥栖のボール保持者への素早い寄せと鳥栖の選手を上回っていたハイボールへの対応は,時に鳥栖の前への推進力を奪い,時に二次攻撃の伏線となっていた。
何より前線の外国籍選手とその周囲の日本人選手の絡みは,鳥栖のゴールを脅かすのに十分な破壊力を秘めていた。

それでも,鳥栖の両翼のポジションに入った原川,小野選手の活躍は,つなぐサッカーを推進していく上で欠かせない選手となることを予感させてくれるものだった。
そんな中で,鎌田選手が左サイドからゴール近くまで侵入してのシュート,その後のバーに跳ね返されたシュートは実に惜しいものだった。
そして,今季の初ゴールが生まれる。
セットプレーから原川選手のゴールが決まる。
スタジアムがどっと沸いいた瞬間は,長いオフの期間のあとだっただけに興奮の高まりも最高だった。
その後のCKから豊田選手が合わせたシュートは残念ながらサイドネットに阻まれた。

後半に入ると,早々に相手のPKが決まり同点に。
吉田選手が相手を止めきれず思わず手を出してしまったのかもしれないが,後ろに守備陣がいたにもかかわらずあの位置で出してしまったのはまずかった。
それからお互いに我慢の時間が過ぎていく。
鳥栖は前線のからの守備は健在だったが,柏の守備は2対1という状況をつくる場面が多かったことを考えると鳥栖のそれは少なくなっていたように思えた。
鎌田選手が技ありのシュートを見せるが決まらず場内に大きなため息がもれる。
そして,再び相手にPKの場面が訪れる。
相手のふわりとしたセンタリングに競った藤田選手の反則のようだったが,反則と取られるほどのものだったかよくよく分からなかった。
結局PKが決まり逆転される。
更に数分後,相手の狙いすましたセンタリングに3対1の状況をつくりながらも武富選手が頭で合わせて追加点を奪われる。
あまりにもきれいに決まったゴールだった。
ボールのコースを遮ろうとミンヒョク選手がジャンプしたり,谷口選手が相手に体を当てるような競り方をしていたりしたらよかったのだが,それさえもしなかったのは残念だった。

その後,鳥栖は反撃を試みる。
昨年までのようにロングボールから豊田選手を狙っていたような形はあまりとることはなく,何とかつないでいこうとするが,パスがつながらなかったり,奪われたりという感じでなかなか追加点は奪えず。
逆に,攻め込まれる場面をつくられ2点ほど奪われそうだったが,そこは権田選手が凌いでくれた。
結局3-1で敗戦。

柏は,特にクリスティアーノ選手と伊東選手が脅威になっていたと感じた。
そして,1点目と3点目がいただけない失点だった。

鳥栖は,つなぐサッカーへの期待感を見せてくれた。
開幕戦は落としたものの,右SBには小林選手もいるし,SBにはフランコ選手もいる。
両サイドには小川,福田選手がいて,小野選手はトップにも入れる。
趙選手も先発で入ると見せてくれるものもあるだろう。
レギュラー陣で抜けたのは民友選手だけだと考えると,控えには余りある戦力がそろっている。
豊田選手もつなぐサッカーに見合う個人技を向上させないと,他の選手の活躍次第ではレギュラーの座も確約できないというあってはならない状況が出てくるかもしれない。
連携面で時間を要するだろうが,今季のレギュラー陣が安定するのは数試合経過してからになるのではないだろうか。
開幕戦の敗戦は残念だったが,ひどく落ち込むような内容ではなかったと思う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017シーズン J1開幕まであとわずか

2017-02-25 | サガン鳥栖
久しぶりのアップです。
1月22日以降,水野,フランコ・スブットーニ,権田,趙選手が加入しています。
権田選手が横浜に残らなかった時点から,加入はあり得ると思ってはいましたが,加入発表記事が出たときは嬉しかったですね。
他の3名も即戦力であり,鳥栖の本気度がひしひしと伝わってきます。

水原三星との試合も観戦しました。
小川選手は民友選手の位置に入っていましたが,違った持ち味で活躍できていたのでは。
フランコ選手も最後まで諦めない守備で貢献していました。
豊田選手の得点は見事でしたし,鎌田選手の冷静なゴールも素晴らしかったです。
後半,がらりと入れ替えた相手に対して苦戦している状況もありましたが,得点は許さず2-1で勝利。
相手の得点は確か民友選手からの美しいラストパスだったかと記憶していますが,兵役のあと,あの日語った夢が実現できることを祈っています。
また,新しいチャントもいい響きで,試合前のアップ時に選手の気持ちを高ぶらせてくれることでしょう。

念願のJ1昇格から,降格危機を経験しながらも結局は降格することなく,それに,上位の成績も残しつつ6年目に突入。
苦しい時期をともに過ごしたサポにとって,J1にこんなに長いシーズン定着できているなんて夢のようです。
鳥栖の資金力も確実にアップしています。
個人的にはドリパスや関連商品の購入くらいでしか貢献できていませんが,フロントの努力及び支援していただいている企業様には頭が下がります。

そして,今日は柏との開幕試合。
すでに足を運んでおられる方もかなりいるのでは。
私はもうしばらくしてから出発です。
前線が圧倒的に充実ている柏から勝ち点を奪ってくれることを期待しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選手の動向 終

2017-01-22 | サガン鳥栖
小野選手の完全移籍加入が発表されました。
そして,昨年途中加入したムスタファ エル カビル選手,アイメン タハール選手が契約解除の発表も。
タハール選手は試合出場も少なくインパクトを残す活躍はありませんでした。
MF陣は実力のある選手が加入したので,やむを得ない状況があります。
カビル選手は,切り札的な起用で前へ前へという意識が強く,ドリブルで切り込む能力,ボール保持能力,シュート力など非凡な面を見せてくれていたので,今期の活躍を期待していました。
しかし,契約も継続してたにもかかわらず,解除という結果になりました。
小野選手の加入が決まったことでそうなったのか,本人の事情があたのか判断できないところです。
ピッチに入った瞬間から存在感を示したその活躍には大変ワクワクさせてもらいました。

GK  
更新 辻 赤星 
期限付き移籍 藤嶋(松本山雅FC)
完全移籍 林(FC東京)
期限付き移籍終了 牲川(ジュビロ磐田)

DF 
更新 吉田 キムミンヒョク 青木 藤田 三丸
加入 小林(横浜F・マリノス)  
期限付き移籍 菊地(コンサドーレ札幌) 坂井(大分トリニータ)
完全移籍 岸田(大分トリニータ)
契約解除 丹羽
引退 磯崎 小林  

MF  
更新 福田 高橋 谷口 鎌田
加入 小川(名古屋グランパス) 原川(川崎フロンターレ) 太田(柏レイソル) 石川(サガン鳥栖U18)
期限付き移籍 中美(ツエーゲン金沢)
完全移籍 崔・金民友(水原三星ブルーウィングス) 清武(ジェフユナイテッド千葉)
       岡本(松本山雅FC) 早坂(コンサドーレ札幌) 白(水原FC) 
契約解除 アイメン タハール

FW 
更新 豊田 池田 富山 
加入 田川(サガン鳥栖U18) 小野裕二(シント=トロイデン V.V.:ベルギー) 
完全移籍 山﨑(徳島ヴォルティス) 岡田(ザスパクサツ群馬)
契約解除 ムスタファ エル カビル

あとはGKですね。
石川,田川選手のユース昇格組以外に,例年加入していた大卒組はいません。
それだけに今期にかける思いは伝わってきます。
沖縄キャンプも始まり,開幕まであと1か月強となりました。
今期は得点力アップを期待しています。

今年から1ステージ制にもどりましたし,C大阪には尹監督が就任したり,実績が高い選手の移籍も数多かったりと,年末年始にはいろいろなニュースが流れました。
どんなシーズンになるのか今から楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選手の動向4

2017-01-14 | サガン鳥栖
今日,新体制発表がありました。
新加入は,小林,小川,原川,太田選手とサガン鳥栖ユースから昇格した石川,田川選手の6名。
ビッグニュースを期待してくださいと言っていたGKは今だ決まらず。
監督は,「外国人と話を進めている」とコメントしていたようだが,まだ模索中なのかもしれません。
権田選手がFC東京との契約を解除したというニュースもあり,こちらの線はあるのか?
GKが2人しかいないため不安が残るということで,もう一人加入するのは間違いないでしょう。

GK  
更新 辻 赤星
加入 
期限付き移籍 藤嶋(松本山雅FC)
完全移籍 林(FC東京)
期限付き移籍終了 牲川(ジュビロ磐田)


DF 
更新 吉田 キムミンヒョク 青木 藤田 三丸
加入 小林(横浜F・マリノス)  
期限付き移籍 菊地(コンサドーレ札幌) 坂井(大分トリニータ)
完全移籍 岸田(大分トリニータ)
契約解除 丹羽
引退 磯崎 小林  

MF  
更新 福田 高橋 谷口 鎌田
加入 小川(名古屋グランパス) 原川(川崎フロンターレ) 太田(柏レイソル) 石川(サガン鳥栖U18)
期限付き移籍 中美(ツエーゲン金沢)
完全移籍 崔・金民友(水原三星ブルーウィングス) 清武(ジェフユナイテッド千葉)
       岡本(松本山雅FC) 早坂(コンサドーレ札幌) 白(水原FC) 

FW 
更新 豊田 池田 富山 ムスタファ エル カビル
加入 田川(サガン鳥栖U18)
期限付き移籍 
完全移籍 山﨑(徳島ヴォルティス) 岡田(ザスパクサツ群馬)


鳥栖の一時代を築いた選手たちが,移籍や引退に名を連ねることとなりました。
個人的に好きな選手だった丹羽選手については,今のところ所属先が決まっていないようで残念です。
加入した選手は実績十分の選手ばかりで,即戦力として期待できます。
ユースから加入した2人にも,レギュラー獲りを狙ってほしい。
彼らの活躍は,今のユース世代のカンフル剤となること必然です。
現在のところ全選手で21名と少ないのが気になります。
GKは新加入があると思いますが,いずれ期限付き移籍等で数名加入することでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加