瀬崎祐の本棚

http://blog.goo.ne.jp/tak4088

森羅 4号 (2017/05) 東京

2017-06-09 21:48:36 | 「さ行」で始まる詩誌
 「帽子病」粕谷栄市。
 帽子病とは「気がつくと、帽子をかぶらずにはいられなくなる」、あるいは「帽子をかぶっていられなくなる」病気だとのこと。これは困る。意識した途端に、帽子をかぶろうがかぶるまいが、どちらの場合も病気だということになってしまう。つまりは、帽子病は人間の存在そのものに関わってくることのようなのだ。この奇妙な、それでいてどこか人を喰ったような”病気”を設定した時点で、もう作品世界は完全にできあがっている。

    帽子病に追い詰められ、答えを求めて、誰もが、思わ
   ず頭をかかえる。帽子のことなど、もうどうでもいいこ
   とになっているのである。
 
 どんな人間の有り様でもそれはどこか”病気”なのであって、突き詰めれば、人間が在ること自体が病気なのかもしれない。

 江代充が2編を寄稿している。そのうちの「泉のほとりへいく」。
 江代の作品はいつも冷徹な描写が力を持って読み手に迫ってくる。詩集「梢にて」は何度も読み返している。この作品でも”泉のほとりへ向かう”行為が描写される。

   なにごとにも値しない
   あなたへのひそかな畏れのため
   さらに暗い胸のひとところへ向かい
   おし隠すような身振りをわたしがした

 それは自分の気持ちが落ちつくべきところへの彷徨い、いや、もっと禁欲的な修行であるかのようだ。そして、話者のこの修行を描写している作者もまた、描写するという修行をおこなっているようだ。最終部分は、「時折りあまり間を置かずに雨が降りつづき/道にわたしのいる夜おそく/本降りになる」。江代の作品を私(瀬崎)は秘かに哲学詩だと思っている。

 「艪」池井昌樹。
 旧知の仲であるQさんを訪れ、「私を乗せたQさんの小舟はゆるゆると霞の奥へ下ってゆく」のだ。たしかにそんなことがあったようなのだ。しかし、いつもそこから先のことは覚えていないのだ。いったい、私とQさんはどこかへ向かっていたのだろうか。いや、Qさんとは誰のことだったのか。そして、

   (略)
   たとえば病気のとき、眠るとき、そうして一人
   で泣いているとき、いまも小舟の上にいる自
   分のことを憶い出すのだ。Qさんの漕ぐ艪の
   音が、霞の奥からゆっくりとひびきだすのだ。

 自分の中からもう一人の自分が抜けだして、どこかへ行こうとしているような感覚がある。Qさんはそんなときの道案内なのだろう。この作品がどこか懐かしいような肌触りがするのは、おそらく誰もがそれぞれのQさんの存在を感じているからだろう。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩集「かまきりすいこまれた... | トップ | 詩集「帰、去来」  陶原葵... »

コメントを投稿

「さ行」で始まる詩誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。