瀬崎祐の本棚

http://blog.goo.ne.jp/tak4088

詩集「天牛蟲(かみきりむし)」  魚野真美  (2017/05)  iga

2017-06-23 07:55:29 | 詩集
 阿賀猥が関与しているイガイガボンの1冊。カバー装幀(牛の長い髪を切っている虫の写実的な?イラストが秀逸)、本文の文字の組み方など、破天荒な迫力と楽しさで読み手に迫ってくる。35編を収める。
 この詩集の魅力については帯文に端的に記されている。いわく、

   牛に生まれ、身体に蟲湧き狂い走り出す。街は穴。人、花、石となり、穴を掘り進
   み眠り込む。穴は貫通するか、はたまた目醒めるか。まだまだ、醒めそうにない。

 さて「バズーカ病院」。勤め先が病院名を公募するという。母は「あたしはバズーカ病院がええと思うねん」と言う。ん、なんでや? 病院の屋上に砲台が並んでいるんか? とにかくそんなことはどうでもよくて、

   野戦病院はもちろんバズーカ病院
   命名した看護師たちは
   自らバズーカに乗り込み
   次々と発射されていった
   そしてそのまま戻ることはなかった。

 この束縛から無縁であるような世界の広がり方はどうだろう。どうせ書くなら、こうやって解放されなくては意味がないだろ、と言われているような気分になってくる。

 集中ただ1編の散文詩の「水切り石」。
 夜の川で向こう岸では親子が水切りをしている。こちらの川岸にはカップルが等間隔で並んでいる。そんな場所で私は、ミキサーにかけたひよこを再構築したときに何が再現され、失われているか、という話を思い出している。

   ミキサーの遠心力によって油と水のようにひよこは綺麗な二層に分け
   られ、泡立った上澄みはスプーンで掬い取られる。下層の肉体だけと
   なった液体の上を水切り石が走る。水切り石は回転数が足りず、夏の
   夜に沈んでいった。

 ときに意地悪く、また無責任に、どこまでも自由な言葉たちは新しい世界を形づくる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「vary」 広田修  (2017/06)  思潮社

2017-06-21 22:56:01 | 詩集
 冒頭の「探索」は36の章からなり、その次の「神話」は11の章からなっている。それらのいずれでも、言葉は堅く積み上げられている。揺るぎないものを構築しようとする意志が感じられる。それによって自分がもたれかかる場を得ようとしているようだ。

  いくつもの水際が交わる地点で、杉の木立が絶え間なく引用されては要約されている。切
  られた影をつぎはぎしてできた窓が幾重にも重なっては蒸発している。部屋の表情から捧
  げられた視力を集め忘れる。
               (「探索」22より)

 暗喩を多用して光景を捉えることによって、その光景を異なる次元のものとしようとしているのだろう。ただその光景は私(瀬崎)にはやや無機質すぎた。
 「無題」と題された作品は5編あるのだが、そこでは話者は必死に自分を伝えようとしている。

  枢軸が純粋に誤りそのものになったとき、
  あらゆる道は死に至り朽ち果てていきました、
  もはや草原には至る所に崖が発生し、
  崖の両面には夥しい文字が書かれています、
  自己の誤りも他者の誤りも社会の誤りもすべて一様に記されて、
  責任の落ち着く先は流れていく雲のように不安定です、

 自然も社会も、すべては自分のために在るように構築しようとしている。それがこれだけの言葉を用いなければならなかった必死さなのだろう。
 「あとがき」で作者は「私は対話を好む人間である」として「詩集もまた読者との対話のために編まれている」と記している。しかし、私(瀬崎)にとってこの詩集の言葉はただそこにあり、作者はすでにそこにはいないようだった。したがって、作者との対話はおこなうことはできなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「帰、去来」  陶原葵  (2017/04)  思潮社

2017-06-13 20:48:03 | 詩集
 第3詩集か。97頁に17編を収める。
 この詩集について何かを書こうとするときに、はたと手が止まってしまう。とても感想が書きにくいのだ。何かを見つめようとすると、それまでの視点が異なる方向へ誘うようなのだ。何が書かれているのか(何が書かれようとしたのか)がとても判りにくいのだ。
 たとえば冒頭の「岸」では、ひとりの媼が皿をならべている。

   火に押しやろうとしても
   むこうですきまに指をはさみこみ
   窓のない部屋に何日いられるか、
   試す眼で見返す

 不思議な展開をみせるのだが、ここには記載されていない必然性のようなものも感じられて、その判らなさが面白い。いろいろなことを想起させてくれる。この作品の後半のあたりは、

   縦に掘れば見つかるかもしれないが
   あまりの唐突な隠れかたに
   枝という枝から 芽が吹き出していて

   (記憶に時効は ないのだよ)

 これらの記述に加えて、他の作品では行頭の高さはさまざまに揺れたりもする。そして話者に語りかけてくる声も挟み込まれてくる。詩集タイトルにもなっている作品「帰、去来」は5章からなり、これらのことが縦横無尽に展開される。

   腕の中にぐったりとしているもの

    (闇を一心にひきうけて
       口呼吸しかできないでいるもの

      (――置き去りにしていたのではなかった
        記憶の毒をすいとってくれたいのちを

 捉えようがないものを、それでもていねいに書きとめようとしているようだ。それは形にはならない感情の断片を拾い集めて、作者自身がどのような形になるのか、訝しみながら言葉をならべているようなことなのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森羅 4号 (2017/05) 東京

2017-06-09 21:48:36 | 「さ行」で始まる詩誌
 「帽子病」粕谷栄市。
 帽子病とは「気がつくと、帽子をかぶらずにはいられなくなる」、あるいは「帽子をかぶっていられなくなる」病気だとのこと。これは困る。意識した途端に、帽子をかぶろうがかぶるまいが、どちらの場合も病気だということになってしまう。つまりは、帽子病は人間の存在そのものに関わってくることのようなのだ。この奇妙な、それでいてどこか人を喰ったような”病気”を設定した時点で、もう作品世界は完全にできあがっている。

    帽子病に追い詰められ、答えを求めて、誰もが、思わ
   ず頭をかかえる。帽子のことなど、もうどうでもいいこ
   とになっているのである。
 
 どんな人間の有り様でもそれはどこか”病気”なのであって、突き詰めれば、人間が在ること自体が病気なのかもしれない。

 江代充が2編を寄稿している。そのうちの「泉のほとりへいく」。
 江代の作品はいつも冷徹な描写が力を持って読み手に迫ってくる。詩集「梢にて」は何度も読み返している。この作品でも”泉のほとりへ向かう”行為が描写される。

   なにごとにも値しない
   あなたへのひそかな畏れのため
   さらに暗い胸のひとところへ向かい
   おし隠すような身振りをわたしがした

 それは自分の気持ちが落ちつくべきところへの彷徨い、いや、もっと禁欲的な修行であるかのようだ。そして、話者のこの修行を描写している作者もまた、描写するという修行をおこなっているようだ。最終部分は、「時折りあまり間を置かずに雨が降りつづき/道にわたしのいる夜おそく/本降りになる」。江代の作品を私(瀬崎)は秘かに哲学詩だと思っている。

 「艪」池井昌樹。
 旧知の仲であるQさんを訪れ、「私を乗せたQさんの小舟はゆるゆると霞の奥へ下ってゆく」のだ。たしかにそんなことがあったようなのだ。しかし、いつもそこから先のことは覚えていないのだ。いったい、私とQさんはどこかへ向かっていたのだろうか。いや、Qさんとは誰のことだったのか。そして、

   (略)
   たとえば病気のとき、眠るとき、そうして一人
   で泣いているとき、いまも小舟の上にいる自
   分のことを憶い出すのだ。Qさんの漕ぐ艪の
   音が、霞の奥からゆっくりとひびきだすのだ。

 自分の中からもう一人の自分が抜けだして、どこかへ行こうとしているような感覚がある。Qさんはそんなときの道案内なのだろう。この作品がどこか懐かしいような肌触りがするのは、おそらく誰もがそれぞれのQさんの存在を感じているからだろう。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「かまきりすいこまれた」  細田傳造  (2017/06)  思潮社

2017-06-06 23:56:41 | 詩集
 第4詩集。92頁に22編を収める。
 作品のはじまりでは、平易な言葉で平易な事柄を記して読み手に寄りそってくれている。読み手にも等身大に思える作品世界が展開されていくように思える。しかし、それはいつのまにか、奇妙なねじれを見せてくる。

 たとえば冒頭の「たましい」。
 年よりの日に孫が描いてくれたのは”雲古の絵”。しかし、それは「うんこじゃないよ じいちゃんよく見なよ/たましいの絵だよ」ということだったのだ。それから、「脱糞する」と「魂が抜けたような気持ちがある」のだ。

   抜けて
   落ちている魂の
   ことをかんがえて
   ぼおっと便座にいる
   水、流せない。

 可笑しいような、それでいて切羽詰まっているような、奇妙なのだが、ふっと、ああ、そうだなと思わせてくるものがある。善良な人が生きていくことの心細さのようなものを感じさせる。

 「花首」では孫と一緒に「浅瀬に赤い花首いちりん/浮かんでいるのを見」る。しかし、あたりには赤い花は咲いていないのだ。

   不思議だね
   同行のこどもが言った
   赤い花
   どこで首を切られて浮かんでいるのだろう
   こーいう不思議ごとで
   本当のことを書けばいいんだよじいちゃん

 思わずにやりとしてしまうようなやりとりである。実際にもこんな事に遭遇して、こんなやりとりがあったのではないかと思わせるようなことなのだ。しかし老詩作者は「不思議で本当の事実とか」を「言葉なんかで告知するのは無理ではないか/と思った」りしている。そんなことを淡々と書いて、それでいて作品として読ませるものになっているところに感心する。

 「かまきりすいこまれた」では、幼稚園のお母さんたちがどこかすれ違うような会話をしている。生命はどこか無情にどこかで失われていくようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CROSS ROAD  9号  (2017/05)  三重

2017-06-01 20:15:22 | ローマ字で始まる詩誌
 北川朱実の個人誌。20頁、表紙には、かって在ったという三重のジャズ喫茶の写真。

 4つの詩編の中から「窓」。
 喫茶店の二階の窓から海を見ている。その海は「入道雲をかかえて/いつも夏休みだった」のだ。窓の外にどこまでも広がる光景が話者をどこか遠くへ連れて行ってくれるような気持ちにもさせてくれたのだろう。

   遠く
   白い灯台に

   さびしいというには
   あまりにも日焼けした人が
   立っていた

 こうして窓は内と外の風景をつなげる。こんな風に視線が出入りする場所だ。しかし窓は身体の出入り口ではないので、視線と共に出ていく心と、身体と共に残る心がからみ合う場所でもある。この作品は、そんなもどかしさと、もどかしさの果てにある諦観のようなものを伝えてくる。終連は、「美しい水をすくうように/あの窓から/名前を呼ばれたことがある」。

 散文詩の「中空の家」は、クリスマス・イブを孫娘の身代わりと一緒に過ごす老夫婦の物語。小説も書く作者の、掌編小説を思わせる作品。

 2つの連載エッセイのひとつは「伝説のプレイヤー」。今回はジャッキー・マクリーンについて。もうひとつは文学的な場所を巡る「路地漂流」。今回は躁鬱病で悩んでいた夏目漱石の千駄木の家について。どちらのエッセイもそれぞれの人物について簡潔に逸話を紹介しながら、最後に物語を作者自身にぐっと引き寄せている。この読ませる文章力には脱帽。

    明治村の売店で、漱石が、医者に何度注意されて
   も隠れて食べた砂糖ピーナッツを買った。そのうま
   さに、胃が悪い漱石が死を早めたことを忘れた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピエ  19号  (2017/04)  北海道

2017-05-29 16:25:00 | 「は行」で始まる詩誌
 海東セラの個人誌。毎号きれいな糸で中綴じされている。表紙はHOTAKAのカラー写真で、本田征爾の水彩画が挿画として用いられている。瀟洒な手作り感のある詩誌。

 「明滅」海東セラ。
 庭で少年は翅のある生きものを捕らえている。網の中でもがいているそれらを、やがて葬るのはわたしなのだ。少年はミルクをこぼし、半ズボンの裾が濡れる。

   初夏だったはず。枝と葉の揺れるかげの窓をゆがめながら、ミルクは
   いくばくかの小さな虫を溺れさせ、窒息させたかもしれません。わたし
   の指は汚れています。気づいたときには、どうしていつも遅いのか。い
   つのまにか溺れそうになる。ミルクはうすく広がろうとして。

 夏の草いきれが満ちている庭、それは生命があふれているような場所なのだが、そこでの生命の儚さが揺れている。独白体の文章が柔らかくうねりながら深いところへ潜りこんでいくようだ。

 「さがしもの」中村郁恵は寄稿作品。
 自分の中に在る言葉をさがしあてようとしている。欲しいのは言葉の輪郭だけであったりするし、それまでは不要だった言葉が意味を持ち始めることもある。なかなかに難しい。

   ほんとうに欲しい言葉は どこに
   反芻しても飲み込めない
   いつまでも着地を覚えない
   鈍いひかりの言葉は どこに

 言葉をさがしていることを、どのような言葉であらわせばよいのか。そのためには”欲しい言葉”をさがしあてない限りは、やはりあらわすことはできないのだろうな。難しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乾河  79号  (2017/06)  兵庫

2017-05-27 09:23:02 | 「か行」で始まる詩誌
 A5版、23頁、中綴じの手頃な肌触りの詩誌。5人が集まっている。

 齋藤健一は4編の短い散文詩を載せている。どの作品も断定口調での描写に拠っているのだが、それは奇妙に捩れていく。イメージをたどっていくと、いつのまにか遠い地点にまできている。たとえば「家の人」は「黒っぽい衣服に相似した端書を投書する。」と始まる。

   春風がいま子供の汚れ襟だ。屋根のあわさる曇天。そこ
   はトタン張りで草が生いしげる。縁側のランプ。下を照
   らし見ている。

「手」冨岡郁子。
 手の届かないところを口でなめているという。その言いようには、偏執的な、憎しみと裏表一体になった愛のようなものも感じられる。「しかし去ってゆくのは/ことばなの」だという。感情と身体が混沌としてきて、最終部分は、

   逸れてゆく
   あなたをなぞっています

 「お昼のパスタ」夏目美知子。
 大切な人との思い出を描いている。その人は「忘れることです」と私に言ってくれたようなのだ。小窓から公園を見ていたそのときの私がよみがえる。そして今はお昼のパスタを作ろうとしている。静かな哀悼の作品。

   遠くから「忘れることです」と付け加えるように言った人
   は、二月に亡くなった。「それは私には難しいんです」と
   私が訴える前に。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多島海  31 (2017/05)  兵庫

2017-05-24 22:42:51 | 「た行」で始まる詩誌
 やや小ぶりのB6版、36頁の詩誌で、4人が集まっている。

 「花屋の前で」江口節。
 花立てに入れる花は、庭で摘んだり花屋で求めたりする。作者の息子さんは、そんな花立ての横の写真の中にいて、あの女性(ひと)はチューリップを持ってきてくれたのだ。

   あのひとの人生はこれからの方が長いから
   もう連絡するのはやめましょうね
   夫とふたり
   そっと門扉を閉めたのだった

 おそらくは義理の娘になるはずの人だったのだろう。その人に忘れてもらうのは辛いことだが、忘れてもらわないことも、やはり辛いことなのだ。優しい気持ちが寄り添って、それからゆっくりと遠ざかっていく。

 同人はそれぞれエッセイも載せている。
 松本衆司の「四十年ぶりの新しい時間」は、三十九年間務めた教職を辞する決意をしたときの思いを書いている。終わりの意識が訪れて、逡巡の果てに、「ああ、やめていいんだ。」と思えたときの開放感が伝わってきた。そうだろうな、と思ってしまう。
 私事になるが、私は未だ(形ばかりではあるが)常勤を続けている。そのために業界の新しい知識は常に習得しなければならない。学会にも出席しなくてはならない。そんなことがまったく不要になる日が来たら、と考えると、この松本の文章はとても人ごととは思えないものだった。
 しかし、このエッセイにはオチがあった。それまでの職場を退職した作者は、乞われて、なんと関連校の教師になったのだ。おや、おや・・・。 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

エッセイ集「アカシアはアカシアか?」 高階杞一 (2017/05) 澪標

2017-05-23 18:43:32 | 詩集
 副題は「詩歌の植物」。これまで知らなかったのだが、作者は農学部出身で、大きな公園の造園技師をされていたとのこと。そうだったのか。
 ということで、この書は古今東西の詩歌に出てくる植物についてのエッセイ集。詩誌「びーぐる」に連載されていたものをまとめている。

 たとえば冒頭の「アカシアはアカシアか?」で取り上げられるのは、郷原宏の作品に出てくる”ニセネムノキ”。実際にはこんな名前の街路樹はないだろう、おそらく”ニセアカシア”の誤りだろう、とのこと。ニセアカシアはハリエンジュのことで、アカシアとは見た目はまったく似ていないとのこと。では、何故、日本ではそのような言い方が広まってしまったのか、さらに、北原白秋が作品「片恋」で詩っている”あかしあ”は、実はニセアカシアであろうと推測している。その根拠は・・・と続く専門家の話は面白い。

 他にも三好達治、西脇順三郎、春山行夫、大手拓次の作品に出てくるバラについて考察したり、萩原朔太郎の作品「小出新道」に出てくる松林の表現から、その道がどこを差しているのか、考察したりしている。専門家の目はそんなことも考えるのか。
 中原中也と立原道造の作品に出てくる植物の種類などから、二人の生活ぶりをさぐったりもしているのは面白い視点だった。

 アヤメ、カキツバタ、それにショウブ。こうくると、私のような一般の人はまず見分けられないだろう。しかし専門家が見れば違いは一目瞭然のようなのだ。ふ~む。これらの花は古今和歌集のころからいろいろと詠まれている。作者は、みんな正確に見分けていたのだろうか?

本書では17編のエッセイが収められている。これまであまり気にせずに読み過ごしてきた詩歌の中の植物を本書のような視点で読むと、作品全体も今までとは違ったように鑑賞できるかもしれない。

 (蛇足)先日から夕方になると我が家の庭にツキミソウが白い花を咲かせている。野生でこの花が咲くのは珍しいようだ。太宰治の、富士には月見草がよく似合ふ、は実はマツヨイグサだったというのは有名な話。さらに竹久夢二はマツヨイグサを”宵待草”と言い間違えたらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加