瀬崎祐の本棚

http://blog.goo.ne.jp/tak4088

詩集「国境とJK」  尾崎守侑  (2016/11)  思潮社

2017-01-18 22:12:58 | 詩集
 第1詩集。97頁に21編を収める。福間健二、中尾太一の栞が付く。
 誰もがこの詩集タイトルには何らかの意外感を抱くのではないだろうか。しかし、なぜ、意外感を抱く?
 ”JK”という言葉は、おそらく10年後には意味が伝わらなくなっているだろう。その意味からはまさしく今という時によって支えられている言葉である。そして、”国境”。場所を現代の人為によって区切っている。このようにこの詩集タイトルは今という限定した時間と場所によって成り立つなにかを背負っている。このあまりの思い切りの良さが意外感をもたらしているのではないだろうか。

 作者にとっては不本意なことかも知れないのだが、作品は心地よく読めるものだった。とても素直なのであった。たとえば「れいこ」。

   れいこは南極だ あるいは北極 つめたい水をもった偏西風がカース
   テレオをぬらす朝 僕のれいこが世界の端と端で不適切に結ばれる 
   アンタゴニストが執拗にぼくを責める

 れいことの関係は嘘であったり愛であったりするのだろう。どれも本当のことであり、れいこがぼくを訪ねてくれるのかどうかは、訝しい。ぼくは、受け入れたいのに拒絶を選んでしまう不安定さで揺れている。それでは、アゴニストはぼくに何をするというのだろうか。

 大学生活に材を取った「純情三角」も、混じりけのない感情が渦を巻いているような作品。

   車の助手席からみあげた
   夏の大三角はまだ、瞬いていて
   運転手さん、その曲がり角
   そうその直角の部分で
   一直線にわたしを切り裂いてください

 心の揺れは、具体的な身体の現象に置きかえないと、いつまでも信じられるものにはならないのだろう。初々しいと言ってしまってもよいような澄んだ感覚が心地よいのだ。

この詩集のカバーも、まるで携帯小説集を思わせるようで見事だった。さて、JKは国境を越えてどこまでも歩いて行けるのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「神様と夕焼け」  秋山基夫  (2016/10)  和光出版

2017-01-12 20:37:27 | 詩集
 秋山はこれまでに23冊の詩集を出しており、その中には「キリンの立ち方」、現代詩文庫「秋山基夫詩集」の2冊のアンソロジーもある。
 今回の自選詩集には、1978年の「カタログ・現物」から2006年「西洋皿」までの7冊の詩集からの作品と近作小品6編を収めている。新書の判型で130頁。表紙には高原洋一のシルクスクリーンが使われている。

 秋山は徹底的に描写する。もちろん一切説明はしない。描写された事柄を解釈するのは読み手の仕事なのだ。

   若白髪の詩人Tさんは
   ハムを肴にビールを飲みたいと言っていたが
   それは彼の革命より早く実現しただろう
   そういえば 啄木は ココアを飲んで
   はてしなく革命を議論した
   わたしも髪がすでに白くなった
        (「西洋皿」より最終部分 この後に俳句が一句付く)

 もちろん感情を書きあらわすこともない。大切なのは、押しつけられる作者の感情ではなく、記述された事柄から引き出される読み手の感情であるのだろう。そういった意味では、秋山の作品は素材としての役割にに徹しているともいえる。作品の根拠となった自らの感情は記述の際に注意深く隠蔽され、個人からは離れた地点に作品を成立させようとしている。
 そのために、ときには具体的な物語を用意する。詩集「十三人」は、元教員、患者、銀行員など13人の人物の独白からなっている。

また秋山の作品はどこまでも前進していくところがある。決して戻ることはなく、それまでの詩行を引きうけた次の詩行を構築している。これは彼が朗読にも力を入れていることと無縁ではないだろう。一方向に流れる時間軸に乗せた詩行は前進する運命を課せられているからだ。

   花火の人ごみに
   あなたの萩を描いた浴衣の肩が
   ふとのみこまれると
   そこから夜が急速にひろがった
   あなたの失ったものがあなたのこころなら
   わたしが失ったものはあなたのすべてだ
        (花火の夜」最終部分)

 一方で秋山はさまざまな場面を切りとった4行詩も多く書く。私(瀬崎)の好きな作品を引用しておく。詩集タイトルはこの作品から来ているのだろう。

   見るならすべてを見たい
   聞くならすべてを聞きたい
   わたしは神様みたいに欲ばりだ
   夕焼けくらいのうそもつくのだ
        (「詩人」全)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「わたしとあなたで世界をやめてしまったこと」  福島直哉  (2016/11)  書肆子午線

2017-01-10 22:01:01 | 詩集
 114頁に21編を収める。
 夥しい描写がつづく。どこまでも具体的に、どこまでも手をのばせば触れることができるもののように。それもどこかしら美しいものばかりだ。あるいは、作者の周りには美しくないものの方が多いのかもしれないのだが、それでも美しいものを選び取っている。

たとえば「わたしが子供に帰るとき」の冒頭部分は、

   (窓を開けてカーテンが風に揺れると、毎年誰かの死が秋空を通過するように、そ
   こへ名前を持たない白い鳥が横切って、あとにひかりが追いかけてくる、さらにそ
   の後ろを生まれたばかりのことばが渡り、わたしはあなたを呼んでみる、

 自分が安心できるために、必死にそれらのもので自分の周りを埋めつくそうとしているかのようだ。しかし、どうしても不安の影は忍び寄ってくるのだろう。この作品の最終部分は、

   無数の泡が弾ける小さな音が漣となって、緑、赤、青、沖で信号を送りあっている
   漁船や貨物船より遥か遠く、暗闇に向かって、ここでは生きれなくなったものが移
   動してゆく、夜だよ。

 他の作品でも話者は”あなた”に呼びかけ、会話を交わしたりもしている。しかし、わたしが周りにつなぎ止めようとするものは、具体的に描写しようとすればするほど実体を失っていくようなのだ。「水平線の椅子」から最終部分を引用しておく。

   営みが
   あなたを少しずつ忘れさせ
   遠ざかって
   やがて確かな記憶となる
   さざなみが
   水平線を引き延ばしたところに
   椅子が置かれる

 この夥しい描写がかえって描写されないものを著しくしているようだ。この詩集が持っている瑞々しさに寄り添っている寂しさはそのためだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユルトラ・バルズ  27号  (2016/12)  東京

2017-01-07 22:05:59 | 「や行」で始まる詩誌
 「マリア」中本道代。
 酔ってトラックの荷台から墜ちた人は死に、淡い雪の日には流れ者の猫がいる。連が移るたびにイメージが跳ぶ。着地した地点にはしっかりとした言葉が待っていてくれるのだが、読み手も跳ぶ方向を誤ると行き先を見失ってしまいそうだ。

   差し交す枝
   雨音が一日花の中に吸い込まれていく
   静脈色の花はぽつぽつと
   別々の方向を眺め
   一日が終わるとくるくると花びらを巻いて閉じていく
   雨を閉じこめていく

 マリアに通じる救済がどこかにあるのだろう。しかし、そんなことを説明される必要はない。それに、説明できるようなことだったらわざわざ詩に書く必要もない。ただ、どこか確かな地点へ跳んでいくだけなのだ。

 「猫科の」有働薫。
 猫の身体は柔らかく弾力に富み、音もたてずに移動してはあたりを「銀杏色の眼で睥睨する」のだろう。そんな猫のイメージに旋律が、音色が重なるのだろう。

   モーツァルトによって生き
   バッハによって死ぬ
   ブラームスによって待つ
   猫科の
   言葉ではない
   音のトーンである

 楽曲から受けた思いを言葉での表現物に昇華させることは私(瀬崎)には大変に難しい仕事だ。しかし作者には「モーツァルトカレンダー」という、それこそモーツァルトの調べに乗せた選詩集がある。なるほど、このように乗せていくのかと思わされる。

 蛸に関する古今東西の蘊蓄を十二分に展開した國峰照子のエッセイ「蛸談義」は楽しんだ。萩原朔太郎やレオポール・ショボオ、松尾芭蕉にロートレアモンと、こんな人たちが蛸の作品を書いていたのかと感心した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「潮騒」  今野珠世  (2016/11)  芳文社

2017-01-05 22:39:41 | 詩集
 89頁に20編を収める。
 冒頭におかれた「指」は、肉体に寄りそった感覚がとても生々しい作品。「一番美しい場所は歯軋りしあう/細胞の結集地」なのだが「目に見える美しさは/砂浜に無数に流れる潮の道程を映した/長くしなやかな指先」なのだ。扉と窓も(何の?)が閉まり、

   そうやってわたしは箱に入れられ
   角をそぎ落とされていく
   胸のふくらみも
   付け値から伸びた脚も消えてなくなる

 自らの意志をすべて取り上げられたようなわたしは、誰かの手でこねられて何かの形になっていくのだ。そして「美しい指から手渡された白紙に/堂々と言葉を紡げるまで/わたしは わたしを/見失う」のだ。こうして詩が生まれるのだという寓意にも思えてくるのだが、とすれば、その生成はどこかエロティックな繊細さをともなっているわけだ。

 「潮騒」は美しいイメージの作品。「永遠に完成しない四季を/振りむきもしないで/通いなれた軌跡を船が横切っていく」のだ。そして言葉は潮騒となって遠いところへ伝わっていくのだろう。わたしが伝えるものは思い出のようでもあり、あるいは夢みた風景なのかも知れない。触れることはできなくてもわたしにはとても大事なものなのだろう。だから、わたしも必死に潮騒を求めているのだろう。最終部分は、

   地平線がいまにも溺れてしまうから
   まばたきで息継ぎをする
   満ちていくばかりの
   わたしの海を泳ぎきるために
   春など知らない生き物になる

 こうして、この詩集の言葉には、そしてそれからなる詩行には、少し湿った柔らかい感触がともなっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水盤  17号  (2016/12)  長崎

2016-12-28 22:16:18 | 「さ行」で始まる詩誌
 「ラッキーストライク」福間明子。
”洋モク”の代表だったようなこの煙草は今も売っているのだろうか。昭和を思わせる蕎麦屋で煙草を吸う人がいて、余震で揺れる通夜で亡くなった叔父さんが煙草を吸っていたかどうか考え、そして隅田川の遊覧船では外国人観光客ばかりと一緒になる。郷愁がありながらも、今の世相を皮肉る視点も持っている。

   広島でなく長崎でなく東京で
   時代遅れの喫煙者たちが
   花でなく団子でなく煙草ときた
   春霞ふわりふわりと浅草へ

 「代わりの代わり」岩下祥子。
わたしは人形を相手にしていると思っている。そう信じていれば傷つかないから。でも、相手を人形にしてしまうと、自分も本物ではなくなってしまうようなのだ。はっきりと説明をしていない描き方が、混沌とした気持ちそのものをあらわしている。人形には名前をつけなくてはならなくて、

   わたしはマミとさゆり可愛さに働くことに
   なった。彼女らができないあっかんべーと拒
   絶を、心の中何千回と繰り返しながら。
 
 「泡」平野宏。
 「あとじゅうねんはあるやろから」どうしようと、友ととぼとぼと線路沿いを歩いている。これからのじゅうねんは、目的も拠るべきものもないような先行きのものなのだろう。泡を喰うしか仕方がないわけだ。どうしようもない不安と苛立ちがあり、同時にどうしようもできない恐怖もあるのだろう。

   私はとり勝のまえの自販機でビールをおごる
   私が三口飲んでアアといって顔を向けると
   友はまだ顔をあげて喉を通している
   それからアアといってじっと私を見る
   こんままで・・・・・・ やろか?
   ぽつり と友がいう
   そうやろねたぶん
   視線をそらして 私はビールの缶に浮いた水滴を親指ではがしていた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「時間になりたい」  うるし山千尋  (2016/11)  ジャプラン

2016-12-26 11:27:50 | 詩集
 第2詩集。103頁に28編を載せる。
 軽い足取りで周りの風景を受けとっては跳んでいく。それは肩すかしのようでもあり、人を食ったようなあっけらかんとしたものでもあるのだが、それはとても真剣に事象と対峙した結果なのだ。

 「花火(冬)」では、「写真のような/つるつるした空に/花火があがる」のだ。それはどこか遠い土地で/運動会がはじまる」合図なのだ。そして最終連は、

   誰かと二週間後に会う約束をして
   その誰かの二週間後をいま占有しているものに
   冬や死と似たずるさを感じたことがあった

 感情の揺れ方が意表を突かれる方向に向かう。それが眩暈のような心地よさをもたらしている。こんな風に揺られていることもできるのだなと思わされる。

 「南国の少女」。わたしはおまえに「左の耳から血が流れているよ」と言う。雪が降っているようで、わたしたちは寒いのでエレベーターで降りて駐車場への狭い通路を通っている。

   おまえの耳から垂れるものが気にはなったけれど
   雨にとけてすでにむずかしいものではなくなった

   腰をかがめて拾えるものだけを
   白いペットボトルと血まみれの地面を
   もうすこしうまい具合に言えないか考えていた

言葉のずれ方が世界を広げていく。作品タイトルと詩われている事象や感覚もずれているようなのだが、言われてみると、なるほど、そんなこともあるかもしれないと納得させられる。それだけの確かさを抱えている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「キハーダ」  北村真  (2016/12)  ボートハウス

2016-12-23 14:31:51 | 詩集
 84頁に22編を収める。
 詩集タイトルにもなっている”キハーダ”というのは馬や驢馬の下顎を乾燥させて作られた打楽器。作品「キハーダ」では、顎の骨と歯がぶつかり合って音が出るこの楽器から思いが広がっていく。

   どれだけ 風にさらせば
   音の間から青空が立ちあがるのだろうか
   どれくらい 打ちならせば
   乾いた音はかなしみの海をわたるのだろうか

 それは、あの3.11の放射能汚染で「薄暗い厩舎につながれたまま/取り残され餓死した馬」も持っていた骨につながっていく。静かな哀しみがやり場のない怒りへとつながっていく。

 「ニセ家族」は、仮設集会場の光景が詩われている。駐車場には強い風も吹いているようなのだが、ジチカイのイトウさんヤガクセイのキミオくん、カセツのクドウさんなどの、ほのぼのとあたたかい人間の営みがある。

 Ⅱ章では老いた母のことなどが詩われている。「水琴窟」。「くらいところで/すんだ音がひびく」のだが、それは僕に響いてとどく母の中からの音である。

   そう
   やったかな

   申し訳なさそうな声で
   母が笑う

   僕も笑う

   母の奥のほうで
   また 水がはねる

 母からの音は澄み切っているのだが、それを感じ取っている僕の気持ちも無償のものとして澄み切っている。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「まどさんへの質問」  大橋政人  (2016/10)  思潮社

2016-12-17 07:32:25 | 詩集
 第14詩集。111頁に24編を収める。
 作者は詩集の他に7冊の絵本も福音館書店から出版している。
 詩集タイトルにある”まどさん”とは、もちろん”まど・みちおさん”のこと。「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」などの詩を書き、104歳で2年前に亡くなっている。この詩集は、そのまどさんの作品世界に寄り添いながらも、そこから新しい方角へ歩きはじめてもいる。
「ニンゲンデス」。「ワタシハ/ニンゲンデス」とはニンゲンに向かっては普通は言わない。どんなときにこの言葉が必要になるかというと、

   イマ
   ニンゲン
   である私が
   いま猫である猫に
   改まって
   挨拶します

 優しい言葉なのだが、あらためて今ここに自分であることの不思議さのようなことに気づかされる。ニンゲンである前に私は一匹の生物であり、その前に地上の存在物であるわけだ。ニンゲンであることは、単に今ここでの関係性からだけなのだろう。
 ところで、詩集タイトルにもなっている「まどさんへの質問」はどんなものだったかというと、「ゾウさんは/自分のカラダが重いのだろうか/重いのを悲しんでいるのだろうか」。しかし.作者の思いは、質問の内容にはなくて、まどさんとそんな話をしてみたかったということなのだ。
 「言葉」という作品では、「言葉で/考える人」と「言葉を/考える人」について詩っている。言葉は、ぼんやりしていると近づいてきて、

   近づき過ぎて
   みんな
   お化けみたいになる

   草や
   木や
   水や
   花や

 よく言われることだが、簡単なことを難しげに語ることは容易い、しかし、難しいことを易しく語ることは難しい。そのことを、この詩集はつくづく感じさせてくれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「ここはいつも冬」  髙埜圭  (2016/11)  土曜美術社出版販売

2016-12-15 18:13:28 | 詩集
第一詩集か。93頁に38編を収める。
 カバー表紙も帯も赤色で文字が印刷されている。そればかりか、粗目の用紙の本文もすべて赤色文字での印刷だった。意図したことであるか否かは判らないが、どこか禍々しい印象を与えることに成功している。
 詩集の前半には抽象的な言葉が並ぶ作品が多い。そこには風景もなければ、触れることのできる肉感的なものもなく、ただ脳細胞だけが置かれているようである。
 たとえば冒頭の「青幻」のはじめの部分は、

   定義されることばは非情にすぎない
   という反問の中で我々の関係は風化する
   機能の逆転かもしれない
   我々の関係に浸透するしか
   視つめることのできない偏光に在る
   ひとつから派生した幻想に語られる可能性は
   無為の証明と決別の破裂音でしかない

 何を手がかりとして作品に接すればよいのか、といささか戸惑う。というのも、抽象的な表現は、発話者がある程度の結論を得た地点から発せられてくるからだ。それは、差し出された素材を読み手が受け取って作者とともに作品を歩むのとは異なり、すでに作者が辿りついている地点へ読み手が追いつかなければ、そこから先を受けとることができないということにもなる。このような書き方はある程度の覚悟を作者に求めることになる。抽象的な表現では、そのように差し出された地点へ読み手を連れて行ける作品世界の構築が必要となるからである。私には受けとることの困難な作品であった。
詩集後半の作品では風景が現れてくる。「流れない河」は”~八月に~”という副題を持つ。そこでは「身を清めるための/川が泣いている」のだ。具体的な何事かを暗示しているのか、それとも喩そのものであるのかは不明だが、ここでは読み手に手がかりが与えられている。

   橋の端に吸い込まれた動かない影
   永遠に水を求める姿がくっきりと浮かんでいる
   その橋も現在(いま)は砕かれてしまった
   影の主はどこに逝ったのだろう
   粉々になった橋と共に埋もれてしまったのか
   応えてくれぬ時の流れは失せて停止している

 あるいは広島の八月を詩っているのかもしれないのだが、作品はそのような具体的な事象から起ちあがって、何か理不尽なものへの怒りとなっている。最終連では、河の涙が骨片と化して無数の貝殻になっている。「川面と川底との差異は今日も流れている」。平和に映る風景の裏側にあるものに迫っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加