瀬崎祐の本棚

http://blog.goo.ne.jp/tak4088

詩集「盲目」  為平澪  (2016/07)  土曜美術社出版販売

2016-07-27 23:06:17 | 詩集
 詩と思想新人賞叢書の1冊。110頁に27編を収める。
 「あとがき」には大きな活字でただ1行、「-この物語は虚構の形をした真実である。」と書かれている。前詩集「割れたトマト」でも、作者が社会生活を送るうえでの不自由さをかかえていることはうかがえた。本誌集でも私は街の光景の中で、それはすなわち他人が形づくるものなのだが、抗いつづけている。
 「私の中心」は、「今 私の中心に私はいない」と始まる。そして「私の真ん中」を探してスーパーのゴミ箱や彼とはぐれたバス停をさまよう。

   一生懸命探しまくった私の姿をみた彼は
   「予想以上に汚かったね」と、いうと
   私の中心をポケットから 取り出して目の前で
   嗤いながら 握り潰した

 この不様とさえ思える必死さを露わにしなければならないほどに、話者は抗っている。それは自分自身を規定するものに対してなのだろう。
  「レンタル長女」もすさまじい。ここにも、ある性に規定されてしまっていることへの抗いがある。

    真っ赤な月が出ています。アソコには、あなた方が望んだ長女がいるか
   もしれません。それとも、私が探している少女が、もしかしたら・・・。
    月が余りにも、赤いのです。まるで何かを裏切るように、空には反逆の
   目玉が光っています。

 ここには、自分を創り出した父母へ対する恨みと、それ故に同時に存在する依存が葛藤しているようだ。
 詩集を読み終えると、「あとがき」に書かれた1行があらためて作者から突きつけられてくる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生き事  11号  (2016/夏)  東京

2016-07-25 21:44:34 | 「あ行」で始まる詩誌
 「どこへ」坂多瑩子。
「風でとばされた/ぼうしを追っかけている赤毛の男」が窓の外をよぎっていったのだが、あたしのところには「ぼうしのほう」がやってきたのだ。台所は夜になり、ぼうしが言う、

   ずいぶん昔に
   お土産ですよって
   大叔母さんがくれたグリーンの表紙の本
   色の悪い花びらが舞っていて
   ぼうしがあご髭をはやしていた

 寓意があるような、そんなものはどこかに置いてきてしまっているような、そんな作品。軽い語り口が、どこかに棘のある童話を思わせる、そんな雰囲気の作品。もちろん赤毛男は「ゆくえふめい」なのだ。

 「あぶない人間」和田まさ子。 
 この通りでは地面から棘が出ていて、記憶を抜き取られるのだ。見知らぬ人が増えていつからかあぶなくなった。だからわたしは「隠れ場所を探す」のだ。

   スーパーマーケットの奥に鮮魚店
   隠れるのにちょうどいいから
   ときどき行く
   まだ人間だが
   人間もあぶないから
   いつか魚になるような気がする

 あぶないのは場所なのか。いや、あぶない場所などというものはなくて、あぶない人間だけがあるのだろう。

 「営団」廿楽順治。
 「ずいぶんとふるくなった営団へ」「蓑にくる」んだ妻を売りにいくのだ。そんなこんなで、営団地下鉄で都会の地下をさまよっているようだ。

   永田町では
   ちいさく息つぎをしていました
   もうひとに見せるような背中は育てないのさ
   (そりゃそうだ)
   営団はさびしいんだもの
                 (註:原文は下揃えである)

 詩行を書き写しながら、このイメージの跳び移り方に酔いしれてしまう。これはまるで、地上の道筋とはまったく異なる経路で土地を結びつけている地下鉄そのものではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「碓氷」  田村雅之  (2016/06)  砂子屋書房

2016-07-22 09:33:20 | 詩集
 第12詩集。101頁に22編を収め、小池光と佐々木幹郎の栞が付く。
 いなくなってしまった女へ捧げている作品「待っているから」の一節を引く。蘊蓄を傾ける作者独特の書きっぷりに、やがてまとわりつき始めるものがある。俗な言い方になるが、情感があふれ出すと言っていいのかもしれない。

   山姥さがしに出かけたまま
   行方しれずの女
   蛍石のように戯れたりせず
   鳥総立(とぶさだて))に似た
   旗さしものを差しておくから
   是非に
   それを辿って帰ってきてほしい

栞で小池は作者の作品を「抒情的で、わかりやすく、愛唱性に富むフレーズを多々ちりばめている」と評している。どの作品にも流れているこの抒情性が何処から来ているのかといえば、彼の視線が常に過去を向いていることと無関係ではないと考えられる。彼の作品では、話者は頑なまでに未来を見ようとはしていない。今ですら、過去を見ることの繋がりとして認識されている。
 詩集タイトルである「碓氷へ」という作品。碓氷は作者の郷里であり、そこには「社や墓があるし/数百坪の土地や生家もまだある」のだ。その地は作者の気持ちが拠るところであるのだろう。迷いも不安もそこに立ち返ることによって見つめ直すこともできるような、そんな地であるのだろう。最終部分は、

   そろり玄関わきのくぐり戸を入ると
   お帰りなさい、と
   女が出迎えてくれた
   ところできみはいったい
   何者なのだ

 作者のルーツを背負ったようなこの女性の出現が効果的に作品を支えている。
 書き留めることによってすべては過去になる。こうして過去を検証し、そこを確かめることによって今の自分の立ち位置が露わになる。未来を言葉にするなどという野暮なことは田村雅之はしないのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「sound & color」  高塚謙太郎  (2016/07)  七月堂

2016-07-16 21:28:20 | 詩集
 99頁に41編の行分け詩を収める。
 作品は平仮名が多用され、漢字はとても限定されて使われている。そのために視覚的に柔らかい感じを与えてくる。さらに表現は独白体で、うねるような柔らかいリズムが内在されている。
 「のどかに愛し」は21行の作品。「のどかに愛し/きのうあったこともうかんでいる」のだ。ぬるい湯に時間を越えて身をゆだねているような、気怠さともとれる穏やかさが満ちている。

   てをあわせならすしかないとおもうと
   えんえんとこえをならべて
   みているとえんえんとえんえんと
   とおく羽ばたいているほねのおとがきこえる
   たがいにひびきあってでもいるかのよう
   どんなにそらがせまいことか

 この作品でもそうなのだが、作者が詩っているのは状態や状況であり、ここでは事件は起きていない。そのために尖って突き刺してくるものではなく、どこまでも粘りながら絡みついてくるものが構築されている。
 絡みつくものは、日常の約束事からはわずかにずれながら差し出されてくるので、気がつくと読み手が座っている世界も、美しく少しずれたものとなっているのだ。
 「すずめ」は、おそらくはファッションとは無縁の「きたきりすずめのわたし」の独白。

   日々はいずれも部屋にあったし
   わたしは部屋でひねもすきたきりすずめ
   からだをあらためるときのみ
   ほうりだされる衣るいのなかで
   ひる寝をしたりテレビをみたりしている

 そんなわたしの「ふしぎにのどかなのどのなかから/うたがうまれて/ただただかなしいだけ/それだけ部屋にすわっている」。舌を切られていない雀からの語呂合わせのような地点から出発しながら、余韻のある詩(うた)にまでたどりついている。尋常ではない力業が、うわべはゆるやかに見える作品に込められている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユルトラ・バルズ  26号  (2016/05)  東京

2016-07-14 19:16:25 | 「や行」で始まる詩誌
 「風の神」中本道代。
 自分の体の中に冷たく醒めたものがあるようではっとさせられるのだ。けれどもそれは確かに自分なので、懐かしいものでもあるのだろう。

   黒い眸がじっと見つめているようであった
   いや 眸ではなく
   体の奥深くから見つめてくるものがあって

 最終連では「私の中に棲んで/私が死ぬときに一緒に死ぬ」。私の中にあるもう一人の私は、いつも私を支えてきてくれていたのかもしれない。 

 「めぐる」森本恵。
 おそらくは石と土でできた古い教会を訪れている。そこは巡礼による歴史が刻まれた場所なのだろう。そしておそらくはその裏手にあるトイレにわたしは行く。

   この手洗いの先は聖地のどこへ。補聴器をなくし床に蹲り探す人がいて
   聞こえない耳、わたしたちの耳。聞く耳のある者は聞きなさい。
   「出口」の矢印に導かれて行けば、駐車場に待つ、
   ラクダ。

話者が巡って求めているものが、アラブの地の強い陽射しにくっきりと濃い影を落としているようだ。

 「臍、壁、音痴」國峰照子。
 それぞれのあることに取り憑かれた3人の男が、散文詩型で詩われる。たとえば「臍について一生考えつづけた男」は、臍が移動することに気づいて、

   肉体のどこかに回転軸があるはずだ。そこが精神というものの正体
   ではないか。あるいは不可視な魂というものも、そこに蜜のように
   はりついているのかもしれない。

 取り憑かれるということは、どこかでそのものとの同化を夢みているのではないかと思わされる。先の男は「悲哀の歯車を探りつづけ」て「そして引き取り手のないモノにな」っていくのである。壁の前に立つ男も、音痴を研究した男も、ついには取り憑かれたものに呑み込まれていったようだ。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「かわゆげなるもの」  原田道子  (2016/06)  思潮社

2016-07-07 20:40:55 | 詩集
 第8詩集。103頁に19編を収める。
 作者独特の、”子宮(こみや)”、”ぼうや”、”イクサ”など、これまでの詩集でも馴染みのある言葉が繰り返しあらわれる。これらが何をあらわしているのか、明確には判らないのだが、まるで祝詞を思わせる効果を生んでいる。
 「鳥居くぐり」では、「手足をひらひらさせる眠らないぼうや」が詩われている。。

   ひめやかに
   まるごと傾いてくる
   子宮(こみや)につながろうとする まばゆい鳥居(とんねる)に
   みちみちているあかぁい いきもの
   透きとおって かたえの閑かな神域から
   かたときも離さない 離せない

 この作品をはじめとして、すべてが原初の生命を探し求める巡礼の詩であるようだ。生命の元になっている細胞へと言葉は踏み込んでいき、そこで行き交っている生命のシグナルを感じようとしている。もちろん、その細胞の中には宇宙があり、また宇宙はすべての細胞を飲みこんだひとつの細胞とみることもできるようだ。
 原初の生命を見つめようとすれば、古代神への畏怖も生じてくる。それは、人間の愚かさやそれによって引き起こされている実際の厄災へも続いていく。意識の裏には、生命を司っている細胞が晒されている放射能などがあるのだろう。永遠に生命を滅ぼしかねないものへの警鐘も祝詞は孕んでいるようだ。
 「花祭り。においたつきみか」から一部を引く。

   においたつ子宮(こみや)をめぐる
   方舟にそっと触れ のぞきこむ
   ほんのすこしすがたをかえながら
   そうか。透きとおってゆくこともあり
   でも。ひかる阿蘇の神随(かんながら)にたわむ帆が
   謂われをふれまわることもある

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「長崎まで」  野崎有以  (2016/05)  思潮社

2016-07-05 21:44:16 | 詩集
 現代詩手帖賞を受賞した作者の第一詩集。93頁に12編を収めている。中本道代と中井太一の栞が付く。
 行分け詩の作品は50行から120行の長さと、比較的長い。そこに私小説を思わせるような物語を構築していて、一気に読ませる力を持っている。
「繁華街」では、子供の頃に夜になるまで過ごしたスナックのことが詩われる。「勉強して待っているように兄に言われて隅のテーブルで漢字の書き取りをしていた」のだ。事情などが説明されることはなく、ただ状況だけが裸電球に照らされるように浮かびあがっている。夜学から戻った兄は寝ている私を負ぶって家に帰るのだ。

   「ごめんな」
   兄は申し訳なさそうに言った
   私に謝ることなんか
   何んにもなかったよ
   吐き捨てられた感情ばかりが行ったり来たりする繁華街に
   毎晩のように私を預けていくのは
   心が痛かったろう

 どの作品でも虚の自分と実の自分がせめぎ合っている。その狭間に生まれた作品はきりきりと棘となってわが身を刺してくるのだ。あとがきで詩を書きあげた翌日はぐったりしていたとあるが、作品を書くということは本当はそういう行為なのだろうと思わされた。
 「懐かしい人たち」では、居酒屋らしい店の大将や奥さん、子供だった頃に可愛がってくれたスナックのお姉さんが詩われる。

   「本当に気にしないでね」
   お姉さんは私の髪を撫でた
   私は優しい人にそう言わせてしまうこんな癖をどこで身につけたのだろう
   それはうとましくもありいとおしくもあった
   お姉さんも含めてそこで働く人たちもみんなそうだった
   ほんの少しのことでわけもなく何かが崩れてしまうことがあると知っているから
   寄る辺を手放すまいと一歩引いてしまうのだ

この詩集の作品は一部だけを提示してもそのうねるような強さは伝わらないだろう。そのことに歯がゆさも覚える。
 詩集の最後に置かれた「長崎まで」は、現代詩手帖賞受賞の第1作。しかし、作者は長崎に行ったことがないのだという。長崎は「未踏の故郷」だという。東京で暮らしながらここではない地へ帰ろうとしている魂がある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「夜の聖堂」  草野早苗  (2016/05)  思潮社

2016-07-02 20:44:58 | 詩集
 第2詩集。91頁に29編を載せる。
 異国の地での出来事に材をとった作品が「Ⅱ星降る」、「Ⅲ訪問者」では並んでいる。「Ⅰ夜の聖堂」は日本での出来事も混じっているようなのだが、やはり異国に触れている肌触りがする。作者にはそんな感触が自然なのであろう。
 「この夏」。陽射しは強く、オリーブの木が生え驢馬がいる。そんな風景の中で、自分の立っている場所も不確かなようだ。

   この夏は
   まわりじゅうが祭典で
   自分がどうして生きてゆけるのか
   あの旅だった男のようにせめて影をなくしたい
   影は色を濃くして
   勝手に動作を開始し
   驟雨に備えて合羽など着込んで
   地べたに座っている

 あまりのまぶしさに暗いものも強調されているのだろう。そのために思考も止まってしまって、ただこの時をやり過ごそうとしているようだ。この夏は眩暈のような季節なのだろう。
 「アパート」は、今は壊されかかっている建物を詩っている。丘の中腹にあり「蔦で輪郭のぼやけたアパート」だったのだ。いつまでも骨組みだけが残されていて、

   もしかしたらこれは夢で
   もう存在しないのではないかと思い
   あるいは私が建物なのかと思い
   振り返ってみれば
   やはりそこに骨組みはあり
   若夫婦やインコが
   ユラユラと暮らしている

 時間を越えたものが見えている。おそらく、どんな物にもその物が蓄えていた時間が内在しているのだろう。それは時間を越えて在り続けているのであり、人はときにそれを見てしまうのではないだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「解体へ」  林嗣夫  (2016/06)  ふたば工房

2016-06-30 19:10:07 | 詩集
 91頁に16編を収める。
 巻頭に「なぜか追悼、辻井喬」と題した長めの詩が載っている。はじめに「一度も彼に会ったことがない」とある。それこそ”なぜか追悼”なのである。作品は辻井の発言を検証し、詩誌やTV番組の彼の追悼特集を検証する。そして彼の「自伝詩のためのエスキース」の一部を引用する。

   会ったこともない辻井喬になつかしさのようなものを感じ
   この長い詩もどきを書くことになったのは
   結局
   「詩に対する疑いがない」と評者から言われる
   そこのところだったのかもしれない

 なるほどなと思う。人を悼むのは気持ちの繋がりからであって、現実の付き合いの有無はうわべのことか。
 残りの作品は「庭にしゃがむ、畑に立つ」、「解体へ」の二つの章に分けられている。前者は、周囲の自然の風物にある生命を見つめている作品である。それは草木であったり、小さな生きものであったりするのだが、そのどこにでも驚きと優しさがある。
 「梅雨晴れ」は空を詩っている。空を「クウ」とか「カラ」と読んだらむなしいのだが、

   「ソラ」と呼んだら
   痛いほどの実在として 頭上にかかる
   わたしを
   地上に生み落とした大きさで

「解体へ」の章の作品は、故郷とそこに暮らした両親を詩っている。空き家になっていた父の家も解体されていくのだった。
 「新しい季節」の感想は詩誌発表時に書いている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「猫の家」  辰巳友佳子  (2016/06)  詩遊社

2016-06-27 22:22:31 | 詩集
 第1詩集。99頁に29編を収める。装幀は上田寛子だが、これまでとはやや趣が変化している。
 作者は複数の猫と一緒に暮らし続けてきたようだ。老いた猫は姿を消し、新しい猫がまた加わり、常に猫の存在が日常に入り込んでいる。そうして、亡くなった猫は庭の草木の根元に葬られているようだ。
 そんな猫との共生が当たり前になりすぎると、少し奇妙なことも生じてくるのだろう。「猫の家」は、私たち夫婦が猫の住む家に居候をしている話。部屋持ちの猫たちはおもちゃを持っていたりするのだが、それは「私の長い髪だったりする」。猫は花が好きで白い蕾の椿がトイレにまで飾られたりしている。最終連は、

   トイレの戸を開けると
   ニャンといって猫が出てきて
   ゴロゴロと喉を鳴らしすり寄ってくる
   蕾は無残に転がっている
   いや
   傷だらけの夫の目玉だった

 この詩集の面白いところは、このような猫との共生を離れたところから見ている醒めた意識が作品化されているところである。それが単に愛玩動物を詩っただけの詩集とは異なったものにしている。
 「回り灯籠」は、ブチネコが居すわった部屋の「ねんねのおばあちゃん」がぽっくり死んでしまう話。ドライアイス漬けとなったおばあちゃんの祭壇の回り灯籠をブチネコが回す。そしておばあちゃんの足にブチネコが飛びつき「コリコリと食む音」がして回り灯籠がクルクルキラキラとしているのである。

   夏が来てまた簀戸に替え
   盆が来る
   回り灯籠は
   足指を返せとまわりつづける

 猫嫌いの私(瀬崎)には、猫といえば妖怪猫しか思い浮かばない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加