瀬崎祐の本棚

http://blog.goo.ne.jp/tak4088

兆  170号  (2016/05)  高知

2016-05-29 21:17:11 | 「か行」で始まる詩誌
「瓢箪」小松弘愛。
 11連からなる散文詩だが、作品の中では話者の意識が自由闊達にうねっている。永井路子の女帝元正の小説を読みかけて、ふと書棚にぶら下がっている瓢箪を眺める。20年前に霊水を満たした瓢箪で、その横にはピエロの人形がぶら下がっている。また女帝元正のことを思い、やおら書棚の美術書で如拙の水墨画「瓢鮎図」を眺めている。このように飄々と意識が散歩をしている。どこまでも自由である。最終部分は、

   ところで、わたしに親しいのは、子供のとき竹藪に沿って流れる川
   に入り、ぬるぬるのナマズを手づかみにしたことである。

 「新しい季節」林嗣夫。
 落葉の中から袋状のものが出てきた。ひっくり返すとか細い手と足がたたまれている小さな蛙だったのだ。そのあまりの無防備な姿に話者は呟いている、

   自分を愛してくれるものの手を
   信じきっているかのように
   いや 愛そのものであるかのように

 それは赤子の無防備さにも通じるものであるだろう。話者は「この秘密の場所から/新しい季節が始まる」と感じている。大いなる自然の営みであるわけだ。

 「笑顔」清竹こう。
 昭太郎君のことが書かれている。高校生のときに家出をしたこともある彼は豆腐屋の後を継ぎ、食中毒を起こして自殺するのではないかと噂され、周りの反対を押し切ってかなり年上の女性と結婚し、

   昭太郎君は豆腐を油揚げを野こえ山こえ配達し
   最後に椿・笑顔の一枝を役場に届け
   毎朝 届けつづけ一人の娘が遺された さみどり薫るあどけない

 そして、昭太郎君は「亡き妻を想う」という詩集を出した。作品は叙事詩風に書かれているが、ここには昭太郎君の人生を暖かく眺めている話者がいる。読んでいる者も暖かく昭太郎君のことを思うことができる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そらのは  塩嵜緑  (2016/05)  ふらんす堂

2016-05-26 22:09:32 | 詩集
 第2詩集。97頁に24編を収める。
 生活がふわっと折りたたまれていくひだのようなところでの思いが、丁寧に書きとめられている。
 「そおっと」では、春の夜に「記憶の扉をたずねあて」ている。それは、幼い日に大人たちが談笑している部屋の隣での眠りであったり、生家を揺らして過ぎた小さな地震(ない)であったりする。

   どれもどれも取りこぼさぬよう
   たいせつに扉の奥におさめて

   眠らな

 誰でもが自分だけの扉をもっているわけで、私(瀬崎)の場合だと、夏の夜に父がTVで見ていた野球中継の傍らにあった蚊取り線香の匂いなどになる。それらの事柄は、他の人にはなんの意味もないようなそんな事柄である。しかし、それらが今の自分へ繋がってきているわけで、素直に共感できる作品。
 作者は奈良に住んでおり、その地に積もっている歴史への思いも詩われている。「修二会」は東大寺二月堂でおこなわれる神事。お水取りの行事が有名だが、そのたいまつの明かりを遠くに眺めている。昔、間近でそれを見たとき、

   親しい者の死も 別れも
   未だ知らない頃であったのに
   なんと ふかく くらい炎であると
   思ったことか

 今は何人もの方の死を送ったのだろう。歴史は個人の時間にも積もっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東国  151号  (2016/03)  群馬

2016-05-20 23:50:46 | 「た行」で始まる詩誌
 151頁、68頁に24人の詩。他に評論、書評を載せている。

 「わたしが生まれた日」青山みゆき。
 20行の作品だが、それぞれの1行は長く、その1行で一つの事件のような様相にも見える事柄をかたちづくる。そしてそれらが緩く結びついたり間隔を開けたりしながら、全体でひとつの物語を組み立てている。破調の短歌のように見え、各行の微妙なずれた感覚が面白い。3行を引用してみる。これらは続いているわけではない。

   ごちそうしてもらってごめんね切り口を底にむけ鍋のなかでかくれんぼする男たち

   えんでぃんぐのーと読まれるまえにわたくしをピザトーストとしてこんがり焼く

   ちりちり縮んでゆく一本の背のたかい草のうしろにしゃがんで母ちゃんをずっとまつ

 「鉛筆談義」川島完。
 丸い鉛筆がお気に入りだという。鉛筆を「どんどん削っていくと/わたしも どんどん丸くなって」いくのだ。この感覚はよく判る。鉛筆の先端の新しい部分があらわれるにつれてわたしからも余分な部分が削り取られていくのだろう。

   鉛筆柏槇にこもる
   あの気配
   あの懐かしさ
   あの凝視する樹幹の闇が
   噛み跡の荒野から
   立ち現れる

 ボールペンや万年筆とは違って木に被われた鉛筆の中には時間を超えて続いているものがあるのかもしれない。

 「かすかにまわる天の軸」堀内みちこは、見上げる冬空にはたくさんの星があり、寒いからこそ次の季節が確実に来ることを感じている作品。

   天の軸がまわる
   かすかな でも 正確な音が

   聴こえているでしょう
   聴こえているでしょ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「ようこそ」  来住野恵子  (2016/04)  思潮社

2016-05-18 17:07:56 | 詩集
 第4詩集。115頁に26編を収める。吉田文憲、神谷光信の栞が付く。
 清楚なたたずまいで、思わず姿勢を正さずにはいられないような気にさせる詩集である。
 「Benedictus」。壊れた天窓からの冷気に音楽が聞こえてくるのだ。この場所、この時間になにか崇高な歓びが訪れているようなのだ。その方面には疎いのだが、タイトルはミサの賛歌から来ているようだ。

   岩塩のような天の涯
   一本の樹のふかい信頼を呼吸する
   この星の肺腑もあなたを通している

 どの作品でも、言葉は具体的な事柄からは離れて、少し浮き上がっているように感じられる。人の動作や感情も詩われているのだが、それらが日常的な物事として持つ重さを振りはらって、そこから抽出したものだけをまとって漂いだしているようなのだ。
 「海の言」は「ふたつの眼をもつ生きものは/何でもふたつに分けたがる」と始まる。海の水にまでもことばの線を引いて分けたがると、鷹揚さを失った人間を少し皮肉に捉える。存在するということは、そういうことではないのだろう。誰でもそんなことは越えたところで存在しているのであり、

   嘆くとき祈るとき
   どんな視線も届かないひかる波動をきみに伝える
    いつの日かきみがきみのかたちを失っても
   ぼくの刹那すべてにきみがいる
   まるごと息吹でいる

 直接的に詩われているわけではないのだが、この作品をはじめとして、歴史的にくりかえされてきた人間の営みの愚かさを乗り越えようとする意志が感じられる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

repure  22号  (2016/04)

2016-05-16 18:42:50 | ローマ字で始まる詩誌
 正方形の判型で糸かがり綴じの瀟洒な詩誌。35頁に13人の作品が載っている。以前に発行元の水仁舎に尋ねたことがあるのだが、同人誌ではなく、各号に作品を持ち寄る形式のようだ。

 「山桜」小網恵子。
 その山桜の木には山の神様が下りてくる。婆たちが弁当を食べ酒を飲んでいると、死者たちもひととき戻ってくるようだ。三つの時に川に落ちて亡くなった娘を抱き上げると、

   わずかに水気をふくんだ花びらが二人の顔や手に降りかかる。幼い
   娘と花を見上げる。薄桃色の幾百もの簪、その一つ一つに眼がある。
   黒々と光ってこちらを見つめている。背筋が冷たくなった。花びら
   は皆の頭上を越えて谷の方へ流れてゆく。

 桜の華やかさと、それがひとときのものである儚さは、死を孕んでいるのだろう。

 「もんじゃ焼き」青山かつ子。
 中川の土手で、のりちゃんから亡くなったお兄ちゃん(入水したのだ)の戒名を聞かされる。それからわたしはもんじゃ焼きをやろうとのりちゃんに言うのだ。今でも「中川の鉄橋をわたるたびに/戒名を告げたさびしいこえがきこえてくる」のだが、

   十五のわたしは
   あのとき言葉をもっていなかった
   のりちゃんの好きな
   もんじゃ焼きのほかには

 ほかにどうすることもできなかった遠い日の自分には切なさしかないのだが、その切なさが今のわたしに続いている。

 壱岐梢の「ぽつんと」は、八十四歳だった母が急逝された作品。家の中はそれまでの日常生活の場面がそのまま残されている。そして「母だけが/ぽつんと いない」のだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「鳥籠の木」  船田崇  (2016/05) 書肆侃侃房

2016-05-10 19:02:53 | 詩集
第4詩集。142頁、第一部「街」に20編、第二部「村」に18編を収める。
「街」での作品は、夢想が現実世界と入り交じっている。たとえば「物体」では、「スーツを脱ぐと/皮まで一緒に脱げてしま」うのだ。すると私はのっぺらぼうの真っ赤な塊でしかなくなる。この世界で現実であるためには、塊をおおっているものが必要だったのだろう。
 
   すき透ってるけど
   空洞ではない沈黙を夢想して
   ひたすら顔を擦っていると
   頭の先っぽからぴゅっと
   何か出たり
   する

 このように、「街」では話者の現実世界に入り込んでくる夢想世界が描かれている。「村」になると、話者は夢想世界へ入り込んでいってしまう。もうこちらへは戻ってくることもないのだ。
 その村の郵便配達人のことや、写真館、理髪店でのことなどが報告される。誰も渡らない交差点や、誰も見たことがない時計台のことも描かれる。
「名前」では、この村の住人は名前を持っていないという。お互いは生まれた場所で呼んでいる。住民は名前を持つことを怖れているのだが、それは「この村では/名前を持った者は命を落とすと/言い伝えられているから」である。名づけることは、ある意味ではその人を名前に捉えることになるのだろう。生きていることは名前からはみ出すものを持っていると言うことなのだろうか。だから、

   住民が名前を持つのは
   世を去るときだ
   彼の最後の言葉が名前となり
   自分が誰だったかを
   知るのだ

 そのほかの村の事柄も魅力的だ。村には鏡がなく、誰も自分の顔を知らないということもいろいろと考えさせてくれる。他人の姿ばかりを見て、自分の姿は知らないでの自己認識とはどのようなものなのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「まだ空はじゅうぶん明るいのに」  伊藤悠子  (2016/04)  思潮社

2016-05-06 21:05:39 | 詩集
 第3詩集。93頁に28編を収める。
 作品がとても丁寧に書かれてている。それは余分なものを排して、必要な言葉だけを注意深く選び取っている、といったようなことだ。描かれたものには飛躍があり、その真剣さが余韻を深くしている。
 「焼かれていく」では、秋が冷気に焼かれていく。青かった花は赤みがかり、蕾も茶色く焼かれていくのだ、時は十二月で(無情に)移ろっていくのだ。この作品ではただそのことだけが詩われている。そして最終部分は、

   あした思いきってだれかに手紙を書きます
   あさっても書きます
   思い出してみます

 「影」。枯れたフキの茎や葉が黒ずんでいて、駅のホームが暗いようなのだ。まちがえたホームから地下道を行くと、「白い布をまとった人たちが/両側に横たわっていて/ある人は顔をあげて見つめ」てくるのだ。そして別のホームも変わりはしなかったのだ。

   遠くに大きな人影が見えたので
   明瞭な声をととのえて言った
   声はひとすじ渡っていった

   わたしは負けました

 はて、わたしは何に負けたのか。なぜ、遠くの人影に告げなければならなかったのか。説明は何もないが、わたしは何かに納得したのだろう。その納得したわたしは潔く思える。

 作者はこの詩集と同時にエッセイ集「風もかなひぬ」(思潮社)も発行している。詩誌「左庭」などに発表されていたもので、何編かは読んでいた。しかし、こうしてまとまってみると、作者の人柄がその歩んできた道のりと一体となって親しげに押し寄せてきた。特に「ほとりにたたずむ」の7編は素晴らしく読ませてくれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばらいろ爪  12号  (2016/04)  滋賀

2016-04-30 09:47:20 | 「は行」で始まる詩誌
 北原千代の個人誌。散文詩2編、須賀敦子にまつわる連載エッセイ、それに翻訳詩を載せている。

 「調弦」北原千代。
 年中うすぐらく湿った坂道を上って音楽教室へ通っている。バイオリンを習っているようなのだが、いつまでもそれは調弦をするだけなのだ。メロディを奏でる前の音の単位を微妙に調節しているわけだが、その行為は、作品を書く前の言葉におそるおそるふれているようなイメージを私(瀬崎)に思い起こさせる。
 教室からの帰りの坂道には小さな裂け目があり滑りやすくもなっている。調弦という行為は、本来はメロディを奏でるための準備であるはずなのだが、ついには単調に調弦をくりかえすこと自体が目的であるような錯覚にもとらわれていくようだ。それはどこへつづいているのか判らない裂け目に落ちていく感覚なのだろう。

    漆喰壁の音楽室で わたしの名は最後のレッスンの夜たった
   一度きり呼ばれた からだの内に水のみなもとがあって 深さ
   や温さや透明度が変化する 隠れたところにある水をひどく疼
   かせ 調弦の弓はゆっくりと離れていった

 北原特有の妖しさをともなった隠微な静けさのある作品。

 次の作品は「ノマッド」。音を奏でることは、砂漠で遊牧をするようなことなのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩集「その日まで」  草野信子  (2016/05)  ジャンクション・ハーベスト

2016-04-28 17:15:44 | 詩集
第7詩集(他に共著詩集1冊あり)。90頁に16編を収める。第1章の5編は共著詩集「三月十一日から」に発表したものの再録。
 詩集タイトルの「その日まで」がいつまでを差すのかは判らないが、この詩集が始まるのは、あの3月11日である。作品「その日まで」では、死にたいと希望する九十五歳のさとえさんが詩われているが、誰にでもその人の”その日”はあるわけだ。詩集はあの日から”その日”に向かう気持ちで充たされている。
 作品にはいろいろな被災者が登場する。その誰もがひとりひとりの物語を抱えている。話者がおこなっている仮設住宅でのマッサージ施術のボランティア活動も描かれる。感情を抑えるように淡々とした語り口が、地道な日々を伝えてくる。
 「それからは」は、「(ない、とは言わないの)/あった、と言うそうだ」と始まる。ああ、そうかと思わされる。なくしたものはあまりに多く、それらがなくなったことに耐えるためには意識的に喪失感から懐かしむ気持ちへの転換が必要だったのだろう。

   (ことばにするのは
    どうでもいい 小さいものばっかりで)

   保冷庫とか 仏壇とか
   ベッドとか 軽トラック 乗用車 は
   あった、とさえ言わないそうだ

   跡形なく流れ去った
   家のことも

 もちろん、形のないたくさんのものもなくなっているわけだ。
 「汲む」は、人の思いをどのように汲むかということを問いかけてくる。そのままで読み手にしみてくるような作品。

   体験したものにしか わからない と
   体験したひとは 言わなかった

   あふれていますよ と
   しずかに言った

   両手で汲んだ
   わずかなものが
   わたしの指のあいだから
   こぼれている

 「ガソリンスタンド」の感想は詩誌発表時に書いている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガーネット  78号  (2016/03)  兵庫

2016-04-22 00:52:23 | 「か行」で始まる詩誌
 神尾和寿は11〜12行の作品を6編掲載している。どれも軽妙な語り口なのだが、具体的に描写された物事は少しずつずれていく。それにともなって話者の気持ちも少しずつ捻れていく(本当は逆なのだろうけれど)。
 「脱出する(か)」は、”何か”が「ふえていく」作品。最上階から地下にまでふえる”何か”には「思わず ぽんぽんと柏手を打って/拝んでしまう」のだ。

   足の踏み場もない
   脱出する(か)
   指を折って 数えていけば
   最期に挨拶を交わすべきは
   きっとあの人

 廿楽順治は今度は”場所シリーズ”で書いているようだ。
 2編のうちの「女子大学前」。おそらく夏目漱石と縁のある女子大学なのだろう。「漱石風の男が/刃先を入れ/女子を何枚にもさばいてい」るのだ。こうして”場所”がもたらす物語が展開される。

   氏名を
   お椀のように伏せながら
   わたくしは会話にただれた路地を落ちていった
   「それから」
   などといっている
           (註:原文は各行とも下揃え)

 とんでもない内容であり展開なのだが、何故かイメージはしっかりと地についている。妙な現実味もあったりする。切実なのだろう。

 「今、わたしの関心事」という頁では毎号4人の寄稿者が半頁の回答を寄せている。清水あすかの、港に置き去られたコーヒー缶についての考察が面白かった。それはゴミなのだろうか、という。

    そのとき放っているのはゴミというよりも、まだ自分の身体なも
   の、ではないか。中には二人でしゃべった内容や、海の匂いや、す
   すった鼻の音などが、底のコーヒーと共に入っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加