癒しの窓

日々の生活の中で感じたことや、撮影の事・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猿公苑に行ってきました。

2011-01-28 | Weblog


連日記録更新中の大雪で、撮りたい風景は雪の下に。
そして二輪駆動車で行ける範囲も狭まり、思うように撮影がままならない今日この頃。
先日デジカメを購入したこともあり、
「サルでも撮るか?」という軽いのりで猿公苑に行って来ました。

遊歩道の入り口が階段で、25分も山道を歩かなければならないとの事で、
少々げんなりしましたが、歩いてみるとわりとらくちんなハイキング道になっており、
トラバースするだけの遊歩道は、メタボの私でもすんなり歩けました。
圧雪状態の上を歩くので出来れば軽アイゼンやスパイク付きの長靴が歩きやすいです。
最後の階段は15~6メーター上がりますがここを過ぎればすぐ入り口です。



入場料の500円を支払い、奥へ進むと入り口で小猿がパフォーマンスで
お客さんをお出迎えしています。
さすが自分の役目を充分認識しているかのようなヤツです。

平日という事もあり、お客さんは殆どが中国人で、それに西洋人が混じる感じです、
日本人は殆どいません。

川を渡ると池のような露天風呂があり、そこにたくさんの猿が入浴しています。
お客さんは皆大喜びで猿たちを写真に撮ってます。
中国語が飛び交う中で撮影を開始、
驚いたことに猿たちは、人間との距離を極限まで我慢しており、
観光客のカメラは顔から30センチ位まで近づいてきますが、
けげんそうな顔をするだけで我慢しています。
人間と猿が「お風呂」という娯楽で距離を保っている不思議な空間であります。
たまに小競り合いや追いかけっこが展開していますが、
人間には危害を加えない「お約束」をちゃんと認識しているようです。
デジカメの被写体としては最高で、私も充分楽しめました。
お客さんも皆満足げです!
それもその筈、入浴する猿を観れるのは世界中でここだけとの事。

続きはホームページで。http://tak.chicappa.jp/

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の更新。

2011-01-19 | Weblog
久々にホームページを更新しました。
ここ最近撮影した花の写真です。

宜しくお願いします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「私たちの時代」を見て。

2010-12-31 | Weblog


昨日フジテレビ系で放送された「私たちの時代」

(奥能登・石川県立門前高校 女子ソフトボール部3年間の記録)をみなさん

見たでしょうか?たまたま始まったドキュメンタリー番組に釘付けになってしまい、

テレビの前から離れられなくなってしまいました。


門前ソフト部の皆さん一人ひとりのドラマを丁寧に描いており、

感動の連続で、かってにじゃんじゃん涙が溢れてしまった。

ライバル校との息詰まる攻防戦に選手達ひとりひとりの物語が重なって、

まるで上質の映画を 見ているようでした。

これはもう映画化必至!間違いなしです!(スイングガールズみたいな・・・)

そのうち必ず再放送もあると思うので皆さん涙してください。

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

越前の海

2010-12-19 | Weblog
水辺のギャラリーページの新ページをアップしました。
「越前の海、後編」です。
以前公開したもののスキャンをやり直したものに、
未公開のものを足してみました、ご覧ください。

http://tak.chicappa.jp/


越前の海



人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォトコンテスト等、受賞作品特別展示室

2010-12-12 | Weblog
私がここ数年で受賞したフォトコンテスト等の入賞作品の展示コーナーをつくりました。
見に来てください。

風景写真ギャラリー癒しの窓
http://tak.chicappa.jp/



人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

洋画ランキング20

2010-12-11 | Weblog
えと、ついでに洋画ビデオランキングもやりました、
やっぱりちょっと古めですが参考にしてみてください。


第1位 グラントリノ クリント・イーストウッド
 朝鮮戦争の帰還兵、偏屈で頑固なじいさんの、熱くて優しいプライドが決断する。
 クリント・イーストウッドの最高傑作と言われている、 物凄い感動で、もう言葉を無くすほど素晴らしい映画。

 

第2位 2012  ジョン・キューザック
 地球滅亡のお話、最新CG技術が物凄いパニック映画です、
 家族と一緒に、大画面で見るべし!

第3位 ドリームガールズ ビヨンセ・ノウルズ  
 スプリームスのダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、
 フローレンス・バラードが有名になるまでのお話し。

第4位 プラダを着た悪魔 アン・ハサウエイ、メリル・ストリープ
 ファッション業界でがんばる主人公のサクセスストーリー。

第5位 レスラー ミッキーローク
 自分が生きる場所も、死ぬ場所も、此処しかない。
 かつて、ヒーローだったレスラーの孤独。

 

第6位 ミリオンダラー・ベイビー 監督・製作・主演 クリント・イーストウッド
 アカデミー賞主要4部門を受賞 女性ボクサーとトレイナーの愛の物語。
 クリント・イーストウッドはなんでこんな素晴らしい映画ばかり作れるのだろうか、
 本当に感心してしまう感動作。

 

第7位 ノウイング ニコラス・ケイジ
 50年前、小学校に埋められたタイムカプセルを開けると、そこに不可解な数字だらけの
 紙切れが入っていた。それは人類の存亡に関わるものだった。

第8位 AVATAR アバター
 ヒットメーカー、ジェームズ・キャメロンが作ったSFX大作。 

第9位 レッドクリフ Part I 
     レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- トニー・レオン、金城武
 中国、三国時代の戦争映画、複雑すぎて名前も覚えられない程。
 プレイステイションの三国無双で出てくるキャラクターがたくさん出てきます。

第10位 7つの贈り物 ウィル・スミス
 運転中携帯電話に気を取られて大事故を起こし、婚約者を含め7人を死なせてしまった主人公が、
 自分の臓器を次つぎと知らない「良い人」に提供してゆく。

第11位 ココ アヴァン シャネル オドレイ・トトウ
 孤児院育ちの娘が世界のシャネルへと成功してゆくサクセスストーリー。
 アメリのオドレイ・トトウ主演。
 
 

第12位 愛を読む人  ケイト・ウインスレット
 初めての女性は元ナチス強制収容所の看守だった。
 ただのHな映画ではございません!アカデミー主演女優賞。

第13位 ワルキューレ トム・クルーズ
 ヒトラー暗殺計画を題材にした作品、けっこうどきどきする映画です。

第14位 イエスマン “YES”は人生のパスワード ジム・キャリー
 全てに後ろ向きでNO!といい続け、損ばかりしている後ろ向きの男が決意する!
 それは全ての事にYES!という事。 ジム・キャリーの変な顔が冴える!

第15位 スラムドッグミリオネア デーヴ・パテール
 ムンバイのスラムで育った無学の少年が、TV番組「クイズミリオネア」で
 最後の一問まで正解してしまうが、不正の疑いが掛けられ逮捕されてしまう。

第16位 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 ブラッド・ピット
 80代の老人の体で生まれた男が徐々に若返ってゆくという奇想天外なストーリー。

第17位 チェンジリング アンジェリーナ・ジョリー
 警察が保護した、5ヶ月間失踪していた幼い息子は、全くの別人だった。

第18位 ホリデイ キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ
 2人の女性が、家を交換するホーム・エクスチェンジをし、新しい恋が生まれる。

第19位 WALL・E (アニメ)
 人類が捨てた地球に、たった一人とり残されたゴミ処理ロボットWALL・E、
 いつの日か誰かと手を繋ぐことを夢見て。
 家族で楽しめるアニメ、ポニョより数段面白いです。

 

第20位 最高の人生の見つけ方 ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン
 病室で隣同士になった老人二人は、余命6ヶ月を宣告される。
 死ぬ前にしたい事のリストを作り、それを実行する旅に出る、そして・・・。

第21位 路上のソリスト ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニー・Jr
 路上生活者の天才音楽家とロサンゼルスタイムズの記者の交流を描いた物語。
 記者のスティーブはナサエルを日の当たる場所に引き出そうと努力するが・・・。

(その他説明省略)
 奇跡のシンフォニー
 善き人のためのソナタ 
 かいじゅうたちのいるところ
 ターミネーター4
 NEXT -ネクスト
 アイアンマン
 ノーカントリー
 マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
 HACHI約束の犬
 クラッシュ
 オーストラリア
 トランスポーター3アンリミテッド
 ブラッド・ダイヤモンド
 地球が静止する日
 イーグル・アイ
 サブウェイ123激突
 パッセンジャーズ
 ディパーテッド
 アドレナリン2ハイボルテージ
 モンスターVSエイリアン(アニメ)
 エスター
 スクールオブロック
 ジャンパー
 ファイナル・デッドサーキット
 ミスト
 マンマミーア
 パラノーマルアクティビティー

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

邦画ベスト21

2010-12-09 | Weblog
ついに年末ですね、映画狂いの私が、今年見た「和もの」DVDの中から、
(連続ドラマ等も含む)面白かった順にランキングしました。

私は基本的に映画は家で見る派なので、当然、少し古めの内容になっています、
ご了承ください。

今年は友人より大量のDVDを借りる事が出来たため、
若干、普段は借りて来ないような作品も多少有りましたが、
今年見た映画にはラブストーリーでよいものが多かったように思います。
お正月はレンタルショップは大繁盛で、貸し出し中が多く、なかなか借りたいものが
見つからないもの、宜しかったら参考にしてみてください。

第1位 カフーを待ちわびて  マイコ
 「嫁に来ないか、幸せにします」絵馬に書いた神頼み。
 癒されるストーリーになっています。
 


第2位 おくりびと 本木雅弘 山崎努
 本木雅弘さんが青木新門宅を何度も訪れ、
 映画化を許してもらった作品、監督は滝田洋二郎だが、
 真のプロデューサーは本木雅弘である。

第3位 JIN-仁- 連続テレビドラマ 全7巻 大沢たかお、綾瀬はるか
 大反響の連ドラ。続編決定で、今からわくわく。
 幕末にタイムスリップした冴えない外科医が、時代の渦に巻き込まれてゆく。
 内野聖陽の坂本竜馬は、福山雅治を凌駕する。

第4位 おとなり 岡田准一、麻生久美子
 ふたりはなかなか出会いません、それがじれったくてグー!

第5位 ただ、君を愛してる 玉木宏、宮崎あおい
 玉木宏出世作、宮崎あおいが好きになっちゃう映画。

第6位 ALWAYS続・三丁目の夕日 吉岡秀隆、小雪
 須賀健太くんがいい味出してます!

第7位 南極料理人 堺雅人、きたろう
 堺雅人が何ともいえない雰囲気を出しています。

第8位 少年メリケンサック 宮崎あおい 佐藤浩市
 おっさんパンクバンドとおバカOL奮闘記。
 監督/脚本、宮藤官九郎
 


第9位 容疑者Xの献身 堤真一、柴咲コウ
 人気ドラマ「ガリレオ」の映画化。
 堤さん、いいよね~、もう日本映画には無くてはならない存在になってます。

第10位 MW 玉木宏 
 玉木宏の悪人役がかっこいいです。原作は手塚治虫。

第11位 禅 ZEN 中村貫太郎
 春は花、夏ほととぎす、秋は月、冬雪さえてすずしかりけり。
 道元禅師の修行の物語。日本が世界に誇れる映画って
 こういうのじゃないでしょうか。

第12位 GOEMON 江口洋介、大沢たかお
 コントラストの強い、独特の映像美。
 キャラクターデザイン、衣装がとにかくクール、かっこいいの一言。
 監督の紀里谷和明の元妻はミュージシャンの宇多田ヒカル。

第13位 剣岳天の記 浅野忠信、香川照之
 日本地図を完成させるため、未踏峰に挑んだ男たちを描いた映画、
 香川さんの存在感が強く、浅野さんの存在感がうす~い感じ。

第14位 空気人形 ぺ、ドォナ 板尾創路
 昨年のカンヌ映画祭で、スタンディングオベーションだったとか。
 ある日、心を持ってしまった「ダッチワイフ」のお話、エロチックだが、
 何ともいえない切なさが素敵。
 


第15位  火天の城 西田敏行
 安土城の築城に携わった天才宮大工・岡部又右衛門の生き様を描く時代劇

第16位 K-20怪人二十面相・伝 金城武、松たか子
 まあ、20面相に間違われた男の話です。

第17位 ICHI 綾瀬はるか、大沢たかお
 女座頭市、以外に良かった。

第18位 天国はまだ遠く 加藤ローサ、徳井義実
 寂れた民宿に、ある日自殺志願の娘がやってくる。
 チュートリアルの徳井くんがいい味出してます、役者でもやっていけそうです。

第19位 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS :松本潤、長澤まさみ 
 スターウォーズの製作のきっかけになったというエピソードも残る
 黒澤映画のリメイク版、15億円掛かったんだとか・・・

第20位 ネコナデ(ドラマ)
 鬼塚汰朗45歳、冷血人事部長。初めて心の底から癒されたものは猫だった
 癒されます
 



第21位 憑神 妻夫木聡、森迫永依
 永依ちゃんは元祖ちびまるこちゃん。

どろろDORORO 妻夫木聡、柴咲コウ
 原作は手塚治虫 PG-12指定 少年サンデーで一度、陰惨な内容との事で
 打ち切りとなった手塚作品の実写化、けっこう面白かった。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 市原隼人、佐々木蔵之介。
 悪ガキどもと駐在さんのいたずら戦争勃発!

ディア・ドクター 笑福亭鶴瓶 瑛太
 「人は誰でも何かに成りすまして生きている」というサブタイトルに、
 どきっ、とした人も多いかも。医師免許を持たないモグリの医者の話。

釣りキチ三平 須賀健太、渡瀬恒彦
 私も昔、愛読していた少年マガジンの連載漫画「釣りキチ三平」の実写版。
 監督は例の「おくりびと」でアカデミー賞を獲得した滝田洋二郎、
 ALWAYS続・三丁目の夕日の須賀健太クンはもうこんなに大きくなってました。

かもめ食堂 小林聡美 もたいまさこ
 某パンメーカーの、食パンのCMそのまんまの世界観をどーぞ!

おっぱいバレー 綾瀬はるか
 男子バレー部の美人顧問先生と、おっぱいを見せてもらう約束で、
 必死にがんばるおバカ男子バレー部のお話、実話とか。

沈まぬ太陽 渡辺謙
 『週刊新潮』への連載・映画化に日本航空は不快感を表明、
 かってに登場人物のモデルにされた人も怒っていたとか、
 主役に渡辺謙を起用、大作のつもりらしいが、意外とつまらない映画、
 日本アカデミー賞、「最優秀作品賞」を受賞しているが、かつて
 第28回 最優秀作品賞「半落ち」もそうとうつまらない映画だった。
 これで満足している日本映画界っていったい・・・ 

252生存者あり 伊藤英明 内野聖陽
 日本のパニック映画のそのまんまです、ストーリーも普通です、
 9.11の後、ハリウッドで、消防士=ヒーローという流行が生まれ、
 その流れで製作された映画です。

以下省略 (20位以下は殆ど順位がつけられません。)
 
 それでもボクはやってない
 ゲゲゲの鬼太郎
 崖の上のポニョ
 感染列島
 余命
 湾岸ミッドナイト
 アマルフィ女神の報酬 
 紅い糸
 余命一ヶ月の花嫁
 少林少女 
 ホームレス中学生
 大日本人
 SPACE BATTLE SHIP ヤマト
 ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ
 メトロに乗って
 クライマーズ・ハイ
 スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
 インスタント沼
 築城せよ!
愛のむきだし

※ 観た事を忘れている映画があった場合、更新するかも知れません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

波動砲不発!

2010-12-04 | Weblog
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見てきちゃいました!

「いや~面白かった!」と言いたいところでなのですが、

これから観に行く人には水をさすようで申し訳ないので読まないでください。

リアルタイムで「宇宙戦艦ヤマト」のファンだった私から言わせていただくと、

ちょっとがっかりな感じでした。

配役が、これまた豪華で、お一人おひとりが殆ど「主役経験」がある方ばかりを起用している、

この手の映画は今まで当たった例がない!(しいて言うならオーシャンズ11くらいか)

特撮は、やはり、ハリウッドの最新映画と比較すると、30年以上は間違いなく遅れている。

怪獣映画に毛が生えた程度で、痛々しい。

でも、それは良しとしよう、如何せん脚本が悪い!

映画は脚本の出来で70パーセント程は出来が決ってしまうと言うが、

この物語のテーマである「自己犠牲愛」を表現するためには、

もっと物語を丁寧に描く必要があった。出会って、いきなりブチュッとやって、

はいさようなら!では、観客が主人公に感情移入が出来ない。

唐突のキスシーンでは、私の2つほど隣で「ええっ!?」という声が上がったほど。

ちなみに脚本家は監督の奥さんで現在公開中の「ゴースト」も手掛けているとか。

観客は驚いたことに70歳をゆうに超えている老夫婦がいたりとか、

明らかに木村卓也ファンの30代女性、リアルなヤマト世代、おたくと、

そこそこいろんな世代が入っていた。

原作に忠実に描こうとする故に、かえってヤマトの世界観が損なわれてしまったような

気がする。ストーリーなんか半分変えても良かったのではないだろうか。

個人的には主役は堺雅人とか吉岡秀隆のような人間くさい主人公だった方が

面白かったのではないだろうか、艦長役を泉谷しげる、森雪をマイコ、

佐渡先生を堀内敬子、斉藤始を劇団ひとり、島大介を島大輔、脚本はもちろん宮藤官九郎で

「喜劇宇宙戦艦ヤマト号」ていうのも面白いかも。

この後、実写版が噂される「銀河鉄道999」に期待したい。

ちなみに監督は滝田洋二郎、鉄郎は須賀健太、メーテルは小雪、伊藤美咲が噂される。

監督はCASSHERN、GOEMONの紀里谷和明でも面白いかも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初雪の戸隠

2010-11-27 | Weblog
初雪の舞う戸隠に行ってきた、
ノーマルタイヤでは流石に怖かったが、
ちょっと無理して行ってきた。

月の輝く深夜の鏡池は幻想的だった!
それは思った以上に明るく、
真っ白な雪の上に樹木の陰が神秘的に伸びて、
全くのサイレントワールド!
足跡を付けてしまうのがもったいない位に
汚れの無い美しさ。

こんな凄い自然のショウタイムに感動しているのは
またしても私一人だけ。

天からスピリチュアルなエネルギーが降り注いでいるかのよう、
ほんまもんのパワースポットってこういうのを言うんだよね。









(ぜんぶ携帯写真)

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の紅葉 其の2

2010-11-19 | Weblog
今年の夏は本当に暑かった、
夏の間からこの分じゃ今年の紅葉はダメだな!
と、思っていたが、やはりそうか・・・
なんだか「色が冴えない」というか、
色付く前に枯れちゃってる感じがする。
志賀高原続編です。

携帯写真です。









人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の紅葉

2010-11-19 | Weblog
10月中旬志賀高原を散策、紅葉を探して歩いてきました。

(携帯写真の為画像が悪いです、ご了承ください。)









人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初秋の鎌池

2010-11-17 | Weblog
10月中旬、未だ秋浅い鎌池を散策して来ました、
紅葉シーズンには全く早く、木々の色付きは始まったばかり、

当然未明から写真を撮るのは私一人のみ!

こんな贅沢って、いいよね~♪
新しくなったトイレも、いいよね~♪
おっきい方の様式トイレは賛否が分かれる所?
どうでもいいか・・・











にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JNP撮影会

2010-11-17 | Weblog
「今頃何だ!」と怒られるのを覚悟にご報告。

今年の夏、JNPの撮影会が福井県 南越前町、池田町で有りました、
その時のスナップです!

カメラを向けるとはいポーズ!気さくな会長です。












人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表彰式

2010-11-15 | Weblog
先日私にとって、今年最大のイベントが終わった、
それは、風景写真Award 2010展で表彰式に出席するという事。

思えば二年前、勝者をを見上げ、何時かは自分も・・・と思っていたが、
その思いが思いがけず叶う事になった。それは、
「マスターズ」の一等賞というミラクルで実現したのだった!
それはまさに9回裏逆転ウルトラCとも言えるもので、
写真の神様の超サプライズなのでした。

それは、事もあろうに、人前で喋ることが苦手なこの私に
「スピーチ」というおまけつきでやってきたのだった。
あがってしまって「何も話せなくなるのでは」と思っていたが、
ちょっとした秘策を思いついた、

それは、「裸眼でスピーチ!」だった。
普段、眼鏡を掛けている私が、眼鏡を外したら、
適度にぼけて丁度良いのでは?というもの。
それが功を奏してか、楽な気分で話すことが出来た。
なにしろ会場が「ボケボケ」で、
ほとんど何も見えない状態だったから(あははー)。

竹内先生から賞金を頂き、思わず、「あざ~す♪」と言ってしまった。

エキサイティングな一夜だった・・・

緊張と幸福のひと時だった・・・

何はともあれ無事に表彰式を終え、
楽しいお酒も飲んで帰ってきた。
今度はいつ行けるかなあ、

何年先かなあ・・・





写真は「自然奏」の愉快な皆さん、
せんせ、この写真、ブログに出してもいいですか?の問いに、
無言の辰野先生。編集長も思わずピ~ス!
森上さんお疲れ様でした。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「マスターズ本賞」を受賞しました。

2010-08-22 | Weblog
 この度、「隔月刊風景写真」・第一回「マスターズ本賞」を頂きました。
このコンテストは隔月刊風景写真の誌上フォトコンテストにおいて、過去に年度賞、もしくは前年度の獲得ポイントで30位以内にランキングしたものだけが参加できる特別なコンテストで、文字どおり名人だけが参加できる賞で、スポーツの「マスターズ」と同じようなもの。

 昨年の皆既日食の朝、「今日は何か凄い作品を撮らねば!」と意気込み、とりあえずハス公園に向かった、そこで撮った写真があの作品でした。何か運命的なものも感じたが、応募に関して「必ずこの作品でなければだめ」というような事で、あの作品を出したわけではなく、応募する作品が「あれ」しかなかった為、あれで応募しました。
 
 他の応募者の作品を拝見して自信は有ったが、この時期「前田真三賞」というとてつもなく大きな「希望」であるコンテストに、作品を送った直後だった為、意識が全部そっちに行っていたもんだから、受賞の知らせが届いたときは正直びっくりした。確かに「本賞に選ばれました」と書いて有る、寝る前に確認、起きては確認と、何度も何度も読み返したが「どうやら自分に決ったらしい」と、いろいろ思いをめぐらし、本「9-10月号」が出るまでは夜も眠れなかった。最優秀賞を頂いたときもこんな感じだったが、今回はそれ以上だった。7/1に受賞の連絡が有ってから1ヶ月半もの間、誰にも言わなかった、誰かに言ったら賞が逃げてく気がしたからでした。

 読者賞は昨年のフォトコンテスト年度賞のHさんだったが、読者が選んだ作品の10位以内に私の名前が無かったのはちょっとショックだった、「こんなにも一般の読者と自分の感覚に差が有るのか」という事に改めてびっくりした、でもそれはしょうがないかも知れない、なぜなら、「だから私が受賞したのだから」。ちなみに私は撮影地でよくカメラマンに馬鹿にされる、「あんた、さっきからいったい何撮ってんの?」とか、「何かそこに居るんですか?」など、にたにた笑いながら言われたりする。紅葉や、桜なんか撮りに行っても滅多にカメラを上に向けない、足元ばかり狙っている。考えてみると当たり前かも知れないか・・・でも、確かに自分の作品は「暗い、」確かに画面から幽霊が出そうな作品を得意としているのは確か。

 それにしても、受賞者が自分で良かったのかどうかはこれからの写真作家としての活動で決ってゆくのだろう。ちょっと今後は明るい写真も撮ってみよう。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加