Some Like It Hot

お熱いのがお好きな映画ファン、アナキン・tak・スカイウォーカーが、日々気になる音楽・映画・家族の出来事を記す雑記帳

20センチュリーウーマン

2017-06-20 | 映画(た行)


■「20センチュリー・ウーマン/20th Century Women」(2016年・アメリカ)

監督=マイク・ミルズ
主演=アネット・ベニング グレタ・ガーウィグ エル・ファニング ルーカス・ジェイド・ズマン

シングルマザーのドロシアは、自分一人で15歳の息子ジェシーを育てることに困難を感じ、
ジェシーの幼馴染ジュリーと、二階に部屋を借りているパンク娘アビーの2人に手助けを頼む。
友達以上恋人未満なジュリーの奔放な行動や、
ウーマンリブな思考を刷り込んだり、夜遊びを教えたりするアビーに、ハラハラするドロシア。
ジェシーはそんな女性たちに囲まれて悩みながらも成長していく。

映画って観るべきタイミングがある。
かく言う僕も10代の子供を抱えて、いろんな悩みや不安や楽しさも感じつつ、
どうするべきか、これでいいのか、もがき続ける日々を送っている。
それだけに台詞や表情のひとつひとつが、グサッと突き刺さり、心に響く。
今観なかったら、こんなに胸に刺さらなかったろう。

女の生き方がまさに変わろうとしていた時代、三者三様の女性の考え方。
時代の空気を音楽やファッション、ライフスタイルで表現しているが、
それが主人公ドロシアとのジェネレーションギャップを生んでいく。
とくにパンク、ニューウェーブが台頭する時代と「カサブランカ」のAs Time Goes Byの対比は見事。

アネット・ベニングって、僕ら世代にはお綺麗な女優さんのイメージだったけど、
年齢を重ねたこのドロシア役、「カサブランカ」のボギーつながりで言うんじゃないが、
晩年のローレン・バコールみたいなカッコよさ。
少年ジェシーが「僕は母さんがいればいいんだよ」と言うクライマックス。
なんていい息子だ。うん。
それでも母親とダンスなんて、照れ臭くって僕にはできないな。
エル・ファニング嬢の成長ぶりがこれまた嬉しい。

20センチュリー・ウーマン20センチュリー・ウーマン
ロジャー・ニール サントラ

ワーナーミュージック・ジャパン 2017-05-23
売り上げランキング : 23661

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カフェ・ソサエティ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。