ふっ と想うこと

山・雪・風・人、徒然なるままに--

山あいをながれる夏の涼風

2017-07-31 08:26:49 | アウトドア
夏の名古屋の暑さから少しでも逃れたくて、近場へ

旧旭村、現豊田市の小渡(おど)へ。
数年前から地域おこしとして、街中風鈴を。

とてもこじんまりとした、山村の通りに風鈴。


山あいの緑の中を心地よい風が駆け抜けるたびに、”緑の風の香り”も。


けっして、大きな催し物ではありませんが、手作り感、満載

小高い所にお寺

昔の日本のどこにでもあった、何の変哲もない、”普通の風景”

こんな手作り感満載

地元の和菓子


風鈴をモチーフにしているそうです。
この奥三河の地区には、鮎のヤナが多くて観光客が沢山来ますが、街並みに触れる人達は少ないです。
こんな、ありふれた、でもなくなりつつある、日本の原風景、愛知県には沢山。
自宅から片道50Kmの”お散歩”
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いったい、どうなるのかなぁ? | トップ | 雨の北海道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アウトドア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL