ふっ と想うこと

山・雪・風・人、徒然なるままに--

天気悪く滑り納め中止

2017-05-14 16:42:38 | スキー

今年は乗鞍も雪が多く、期待してたのに、土曜日だけ雨、しかも叩きつけるような雨も。
残念ながら諦め。
ということで雨が降っても出かけられる所、ということで鍾乳洞へ。
飛騨地方には数多くの鍾乳洞。
大滝鍾乳洞へ

木造のケーブルカー
凄いです、ミシミシ音がして車体がバラバラになりそう!

朝早くなのでまだ、観光客もおらず







この大滝鍾乳洞、日本有数の大きさで、今も、探索は続けられているそうです。また、時々、通常のコース以外もツアーで見学できるそうです。

ここからひるがの高原の分水嶺へ

ここの水が左右に分かれて太平洋と日本海へ



たまたま分かれて日本海と太平洋へと、なにか人生みたい。
このひるがの高原は標高1000m近くなので桜も

飛騨高山近くの小鳥(おどり)峠。

ミズバショウが綺麗

桜の花びらも

高山では地元の人達の行く食堂、千歳さんへ

ここは丼物は皆無、麺類だけ。
その中でも大盛なんでも入りの大スペシャル

手前の大盛でも700円台。お得でいつも愛用しています。でも最近は外国人が沢山。従業員は高校生のアルバイトがほとんど。英語の実地研修かな?
翌朝はいつもの喫茶店でイチゴミルク

いつも美味しいです。
プラプラと新しくなりつつある高山駅へ

昔の寺社建築様式の駅舎から近代的な駅舎へ

でも駅のコンコースは飛騨の博物館みたい



やはり、高山です。
少し早いお昼を100年以上続く食堂で

ここの天とじ丼はタレが絶品

これで800円台。この喜久乃屋さん、朝10時から営業。重宝しています!
高山の町中を歩くと、めったに見ることかできない光景

春と秋の大祭で使用される山車の手入れ

お祭りでは近くに寄れませんが、目の前で。色々とお話を伺いまして、伝統を守る大変さの一端を知ることが。
ここから名古屋へ。
途中、高山市の隣の久々野にある日本有数のワイン扱い量(種類)の坂本酒店さんへ

この建物の地下に大きなワインセラー。いつも1000円位のシャンパン、スパークリングワインを。餃子にピッタリ。
さらに名古屋へ南下。

日本三大温泉のひとつ、下呂温泉には昔ながらの手作り刺身コンニャク。
今日の夜に!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニセコから小樽、新潟、燕、... | トップ | 最近、車を運転していて感じ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL