ふっ と想うこと

山・雪・風・人、徒然なるままに--

乗鞍岳・平湯尾根、隠れたパノラマルート

2016-10-15 21:07:24 | 

今年は本当に週末、天気悪い、特に土曜日は最悪(日曜日よくても翌日、月曜日に仕事があり、ダメ)。
そんな今年、初めて?土日の天気が良い今週末、今シーズン秋、初めての山登り。
ところが、そうなるとどこも、混みそう、ということで、隠し球。
乗鞍岳、平湯尾根へ。

高速道路では、今シーズン初めての、道路温度の低温注意表示。最近、朝晩、めっきり寒く。
高山に近づくと、朝焼けの乗鞍岳

平湯のバスターミナル、朝から上高地へのバスがひっきりなし

平湯バスターミナルにはサトちゃん?

平湯始発の乗鞍岳畳平行きのバスはほおのき平では満席、何人かは乗れませんでした。バスの運転手さんは“今シーズン最高のピーカンだよ!”

朝早くから自転車の人達。乗鞍スカイラインはバス、タクシー、電気自動車以外の乗り入れ禁止、ただし自転車はOK。

さすがに3000m近くの標高なので、日陰には霜も

バスからは乗鞍岳

畳平の池には氷も

乗鞍スカイラインを歩いて下り、平湯尾根への分岐点へ。
途中、白山も

続々と自転車が上がってきます

分岐点近くでは穂高連峰が


このルート、これから、いやっていうほど穂高連峰を始めとして見続けて行きます
振り返ると、
八ヶ岳連峰

そして南アルプス

平湯尾根の途中の硫黄岳でコーヒー。

穂高連峰をお供に、最高のコーヒー。
しばらく、黒部五郎岳から西穂高

黒部五郎、笠、双六、三俣、常念、蝶、槍、穂高連峰、西穂
そして手前に活火山、焼岳
本当に静かな登山道

もう、穂高連峰を見るのは飽き飽きしたころに、乗鞍大権現に。

ここから、乗鞍岳の山々が



ここからはひたすら急な下り

今年は紅葉がダメ、色づく前に枯れてしまっています。
脚がガクガクになったころに、平湯温泉スキー場の最上部に。

このルートの最大の難所、スキー場。
このスキー場、そんじょそこらの軟弱なスキー場とは違い、上級者コースは足もすくむような斜度、中級者コースも、自称中級者では無理なくらいの斜度と狭さ。

登山道はこの中級者コース。
転びそうになりながら、最下部の初級者コースに。
なにか、います

羊?

羊が放し飼い

スキー場の最下部には扉

そして登山道の入り口

今日、出会った登山者は、高校生?の男の子2人組と、若い女の子2人組の4人だけ。
本当に、静かな、そして素晴らしい風景のパノラマルート。
標識2700mの畳平から1200mの平湯温泉まで。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自動車オカルト? | トップ | ふっと出会った素敵な雑誌(本) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL