ふっ と想うこと

山・雪・風・人、徒然なるままに--

最後まで醜いアカカンの“おもてなし”

2017-03-20 19:26:37 | スキー
どうしようもない、スキー場“アカカン”
パトロールの人達、リフト乗り場のスタッフの人達には“おもてなし”の対応をされる方が多いですが。

今朝も、駐車場へ。
一昨年、頸の手術の後遺症で未だに右肩が充分に上がらず、また、それをかばって右腕は腱鞘炎になり重いものは持てないです。そのため、できるだけゲレンデ近くに車を停めるようにしています。勿論、ゲレンデヘ上がるスキー客にスキー板で傷つけられる可能性も多いですが。
今朝も、そちらへ車を停めようとしたら、”勝手に停めるな、ここへ停めろ“
”肩が痛いのでゲレンデ近くに停めたい“と言ったら
”皆、ゲレンデ近くに停めたがっている、お前はここだ!”(なんで客に向かってお前呼ばわりするのか?)
”融通のきかないスキー場だ!こんなスキー場もう来ないぞ!“
”お前なんか来なくてもいいぞ!“
ゲレンデ近くはガラガラ。
一体、何を考えているのか?
ほかにも文句を言って駐車場から出て行く車も。
駐車場のスタッフ、スキー場の最初の”顔“。その”顔“が無茶苦茶な対応。
この”上から目線、どこから来るのか?何をそんなに偉そうにしているのかしら?“

駐車場も満車になるような台数でもなく。そんなに管理したいならば、トップシーズンにきちんと案内すべき。

本当にどうしようもないスキー場”アカカン、赤倉観光リゾートスキー場“
本当に“観光”“リゾート”スキー場なの?

これだけどうしようもないスキー場なのに何故来るのか?

①スキー場のみならず回りの自然が素晴らしい
②素晴らしいスタッフも多く、また、会いに来たいと思うこと。
③多くの素晴らしい知人がいる

このアカカンの駄目なのは
①従業員教育が全く駄目。あくまでもスタッフの人柄次第
②システムとしてまったく駄目。長々とリフト券売り場に客が列を作ってもなんとも思わない。ゲレンデ内に案内がほぼ皆無。
③今どき、裏山スキー場ならば別ですが、“日本の大きなスキー場”(と思っているのかもしれませんが)で、クレジットカードが全く使えない。

来年、アライリゾートにスキー場が再開されると地元の人達もそちらへ行く、また、外国人もそちらへ流れるという噂も。

アカカンはホテルだけ一生懸命、スキー場には全く関心無し、こんなことしていると、上から目線の傲慢なスタッフも失業するのに。

どこまで“墜ちていくのか?”




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世代交代に失敗すると! | トップ | 人と人のつながり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アカカン従業員の件 (吉田)
2017-03-22 22:07:41
TAKUさんこんばんわ。
酷い話しですね~、今時そんな言葉使いの人がいるんですね。
アライが出来たら、どう勢力図が変わるか見ものですよね。
Re:アカカン従業員の件 (tajuyo)
2017-03-22 22:44:49
吉田さん、お疲れさまです。アカカンはホテル経営以外には興味なし。スキー場は手放したいようです。そのためゲレンデ整備もいい加減。ピステンも燃料をけちって十分に整備しません。レース、イベントのときだけ、他所から人が集まるときのみ(昔のように)ピシッと整備されます。アライができると外人はそちらへ流れる、と言われています。近くには道の駅もあり、飲食店も多いです。何よりも妙高市がアライを(赤倉より)積極的にサポートするのでは?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL