Life with Leica

ライカ片手に写真散歩

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2007北海道紀行・銭函駅

2007年08月17日 | 北海道

Otaru City
RICOH GR DIGITAL

20数年前初めて北海道に来たとき、汽車の中から窓を開けて、撮影した銭函。
今回は写真だけでなく記念に入場券を購入し、ついでに名前にちなんで駅の売店で宝くじも購入。(が、残念ながら当たらず)

それはともかく、学生時代に比べると札幌・小樽間の列車は味わいがなくなったなあ、と思う。まあ、福知山線なども同様だが。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2007北海道紀行・動物注意 | トップ | 2007北海道紀行・黄金駅 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (草太)
2007-08-17 13:23:43
北海道の鉄道には、中学生の頃、千歳空港から帯広まで、帯広から函館までの1往復だけ乗ったことがあります。印象は森の中を走っているということ、甘辛く煮た肉の駅弁がおいしかったこと、かな。

駅も街も標準化されてきていますからね。味気ないのは仕方ないですよ。
Unknown (Tajiri)
2007-08-17 19:59:05
確かに、おっしゃるとおり。昔を懐かしんでいてもしょうがないですよね。
Unknown (不思議な世界旅行)
2007-08-17 21:14:42
駅名の看板(なんと呼ぶのが正しいのでしょう?)が凝っていて、面白いですね。
不思議な世界旅行さま (Tajiri)
2007-08-18 09:19:38
「ぜにばこ」と読みます。記念に入場券を買う人が多いようで、エビス様の絵が入った観光記念の入場券が売られていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。