ミャンマーチーク屋さんのわが道を行く

日々の出来事とニュースと旅と本と愚痴と文句
などを自分勝手に語るブログ。

偉人への道

2017-06-17 21:42:26 | 時事(国内)
将棋の天才、中学生棋士の藤井くん四段が、無敗のまま続けている連勝記録を「27」
に伸ばした。

あとひとつ勝てば歴代最多の連勝記録に並ぶ。

14歳の中学生にもかかわらず、これは凄い。藤井くんは、5歳の時におばあちゃんから
将棋を教わり、それから将棋に夢中になった。なので、テレビはほとんど観ていないた
め、知っている芸能人はタモリと和田アキ子の2人だけだと言う。

たとえテレビを観ない生活をしていたとしても、普通に生きていれば、いろいろな方面
から必要としない情報も入ってくるはず。それでも知らないとすれば、完全に将棋オンリー
の生活なんだろう。それはそれで逆に凄いことだと思う。

比較にはならないけれど、私も幼いころから父親に将棋を習い、中学生くらいまでは周囲
の友達の間では負けたことがなかった。けれど、父親には、結局、勝てることなく大人に
なり、その後はほとんどやらなくなってしまった。数年前、JALの機内の将棋ゲームで、対
戦相手を三段階の最強モードにして、バンコクまでのおよそ6時間の間に10連勝をして、
自己満足に浸ったのが最後だ。もっとも、仮に真剣にやっていたとしても、開花すること
などなかったはず。

彼の将棋の才能は、生まれ持った天才的な才能と、それを上回るほどの努力があってのこと
だと思う。5歳の時に将棋を始めたということは、将棋と出会ってから、まだ9年しか経って
いない。その間にプロになっただけでも凄いのに、公式戦で無敗の27連勝、しかも現在、
日本一の羽生三冠にも勝ってしまっただなんて、ホントに末恐ろしいほど。

彼を見て、あらためて、「努力に勝る天才はなし」を思った。


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼は悪くない… | トップ | 見なかったことに… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。