ミャンマーチーク屋さんのわが道を行く

日々の出来事とニュースと旅と本と愚痴と文句
などを自分勝手に語るブログ。

ベトナム ホーチミン編

2017-04-05 20:44:08 | 旅行(海外)
およそ22年ぶりのベトナム、ホーチミン。

今回、一泊だけ念願かなって、あのマジェステックホテルに泊まった。1泊1万6千円ほど。
私にはとても贅沢だが、世間から見れば、ビジネスホテルに毛が生えた程度という方もい
る程度の値段かもしれない。とはいっても、ちゃんとした歴史のある五つ星ホテルで、派
手さはないが、いたるところにチーク材が使われていて、何とも言えない味わい深いホテル
だった。

ここの103号室は、言わずもがな開高健が宿泊していた部屋だ。宿泊していたのは、ベトナム
戦争中の1964年から1965年にかけて。当時、朝日新聞社の臨時特派員としておよそ100日程
度滞在していた。

チェックインするとすぐにホテルの人に「103号室、見せていただけますか?」と尋ねた。
この日は誰も宿泊していなかったので、ちょうど良かった。従業員の方も気持ちよく案内して
くれた。

現在103号室は、おそらくだがコロニアルサイゴンリバーデラックスのカテゴリーでラックレート
でおよそ300ドル程度。開高ファンは103号室指定で宿泊する人も多いらしいが、私にはそこまで
意気込みはなかった。

部屋の前には金のプレートが。そして部屋の中には彼の写真がどーんと一枚。
ただ、「ベトナム戦記」に出てくる当時の103号室はツインだったはず。カメラマンの秋元氏と同
室だからだが、現在の部屋はダブル使用でちょっとイメージが違う。いや、かなり違うと思う。
床も材質が違うし、ただ、スイート仕様だからか、右奥の別部屋がトイレとバスルームであるのは
全く一緒だった。どうもマジェステックホテルは、ベトナム戦争後に本格的なフレンチコロニアル
式に改装し、その時にチーク材などを使用したのではないかと思う。写真からすると、それ以前は、
まぁ、普通のどこにでもある高級ホテルだったような気がしている。

さらに1940年代の写真には「日本ホテル」という名前で営業していたようだった。おそらく日本が
ベトナムを占領したときに、一時的に接収して、このようなことになったと思われる。

そんなマジェステックホテルには、大人二人でいっぱいの超狭いエレベータもある。年代ものだが、
現役で動いている。電話も骨董品のようなものだが、これも現役で使用している。古いものがメン
テナンスをして丁寧に使われているのが良くわかる。従業員さんも凄く親切で、本当に気持ちよく
泊まれた。


また、彼の闇三部作、再読しようかな…。




『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お知らせ | トップ | 不思議な日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。