明日の風に吹かれて

日々の感じることを感じるままを綴っていきます。
明日が佳き日になりますように。

二畳隅炉  小間での建水の扱い

2017年03月06日 17時50分05秒 | お茶
二畳隅炉



二畳隅炉が好きだ
そんな小間での建水の持ち運び


普通は建水を持って茶室に入り、座って襖を閉め、建水を持って立ち、点前座に進んで座ることになる。

しかし亭主、正客それぞれが畳一枚の狭い空間。そんな狭い空間で客前で立ったり座ったりしていては落ち着かない話。


なので二畳では(ややうろ覚えだが)

まず建水を持って茶室に入り、座って襖を閉め、
そして襖に向かって座ったまま右手で建水を持ち、右膝を少し膝退する感じで大きく自分の右背中側、勝手付き側に手を伸ばし、良い位置に建水を置く。

次に、右手は膝に置き、左膝を少し膝退する感じで左手を背中側の畳に突く

その左手を中心に(てこにして)、身体を一気に身体を左回りにまわし、炉前に向き直る


なかなかスムーズにはいかないが...



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと一服に昔を想い出す | トップ | 聚光院 特別公開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お茶」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL