明日の風に吹かれて

日々の感じることを感じるままを綴っていきます。
明日が佳き日になりますように。

映画「ブルーに生まれついて」

2017年01月25日 16時59分39秒 | つれづれ


1950年代 巨匠マイルス•デービスを人気を得た白人トランペッター チェット•ベイカー
その堕ちて、這い上がり、そして...


ベイカー役のイーサン•ホーク チェットを支えてきたジェーン役のカルメン•イジョコ 共に良かった

ホークの切ない歌声もいいし、「Over the rainbow」 「My funny valentine」の枯れたトランペットもいい

後半の後半、不安に押しつぶされそうになっていくホークの姿、目つきは圧巻だし、一眼見て全てを悟るジェーンの表情は、胸に迫る

これはベイカーというより、ジェーンの物語かも知れないな


(NYのバートランドって店は、ジャズライブの店として有名だか、やはりそれだけの店、ステージなんだ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 炭所望 | トップ | 「妻が亡くなりました 」 (S社) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL