明日の風に吹かれて

日々の感じることを感じるままを綴っていきます。
明日が佳き日になりますように。

没後20年 司馬遼太郎展@阪神百貨店

2016年12月19日 18時23分23秒 | つれづれ
没後20年 司馬遼太郎展@阪神百貨店



龍馬がいく」他 司馬遼太郎さんの本はあまた読んだ。

その司馬さんの「自筆原稿などを展示」とあったので出掛けたが、自筆原稿が盛りだくさんにあるわけではなかった。

著者一冊ごとにコーナーが作られ、原稿一枚と、その題材に関連するものということで、龍馬の手紙の写しとか土方歳三の手紙とかが合わせて展示。あるいは関ヶ原の闘いの陣地配置とか。

各コーナーがコンパクトにまとめてあるので、大感激するわけではないが、頭が整理される感じ。

それにしても、この国の奥にあるもの、今も持ち続けるべきものを、本当に突き詰めて問い続けた人だと改めて感じた。


展覧会内でのビデオで
「明治維新からの日本をもたらしたのは、江戸時代の多様性とそれを許容する社会。そして江戸時代の侍社会の節度であり、武士道が国主導の資本主義を起こし支えた」という趣旨のことを語っておられた。


自筆原稿をよく見てみると、明らかに黒ではなく、ブルーでもなく、Washable Blueのような気がする。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縮退しつつの年賀状 | トップ | 炭手前 松風の音を聞くには »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL