「太陽にほえろ!」当直室 仮設日誌 PART2

6年半ご愛顧いただいた『太陽にほえろ!当直室』(since2002年5月)復活ブログ、引っ越しました。(2014年7月)

特捜隊コネタ 20170514

2017-05-14 17:19:56 | 浮気心
久々に『特別機動捜査隊』のコネタをいくつか。

▼オークション出品の台本。

#12では未出演でしたが、#20(妹尾部長刑事降板回と云われる回)では西本主任が既にキャストイン、金子係長と同じ話に出演していることになりますので、西本は牧さんより早い登場であったようです。

▼ガンさん登場時期

明星の1963年7月号。
某オークションに出品されていますが、それよりもっと安いものを購入(^_^;)



岩井田刑事=ガンさん
恐らく1963年6月登場です。
それも丸坊主の敏腕刑事(^_^;)
しかし、特捜隊には丸坊主とか丸刈り刑事が多い(^_^;)

ということで、要点を。

*当初から「通称ガンさん」という設定、拳銃の名手というおまけも。

*内藤刑事降板理由はNETのメロドラマに抜擢の為(6月放送)

*丸坊主の理由は映画『無法松の一生』出演の為、さらに滝川潤さんは理容師の免許を持っている、当時26歳。

短い記事ですが、結構情報がありました。

▼台本(各¥1,000)



#222「青春喪失」

立石班。特に書くことは無いです。

#772「新宿海峡」

日高班。

水木刑事は持ち歌(^_^;)披露という回ですが、

内容的には日高班が追う殺しと三船班は追う殺しが麻薬事案に絡んでおり、先に発生した三船班の殺しの捜査の過程で、水木刑事がながしの歌手として潜入捜査を敢行するというものです。

ということで、日高班と三船班は対立します。

登場刑事は 日高班:日高主任・関根部長刑事・笠原刑事・片桐刑事・田代刑事・木塚刑事  三船班:水木刑事・石原刑事(サポート役)



要点をいくつか。

*劇中ナレーションが復活しています。

*関長さんのセリフで、水木に対して「三船班では同じ釜の飯を食った仲じゃないか」。
関長さんはこの時期、三船班を離れていた?

*水木刑事はこの時期「水木ちゃん」と呼ばれていた。

*日高班は触れ込みの「立石班オマージュ」というよりは、高倉班の復活バージョン的な感じ。
ただ、笠原・片桐両刑事は間もなく消えるようですが。
田代刑事は結局「代打」という意味合いよりも、「日高」姓を主任にとられた必然的なものだったんじゃないかと(^_^;)

*木塚刑事が結構活躍しています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和40年男の死生学かぁ | トップ | 狭い通路にクジラ »

浮気心」カテゴリの最新記事