「太陽にほえろ!」当直室 仮設日誌 PART2

6年半ご愛顧いただいた『太陽にほえろ!当直室』(since2002年5月)復活ブログ、引っ越しました。(2014年7月)

いろいろと、ちょっと勿体ない?

2016-10-16 16:26:31 | 浮気心
パソコン使用が億劫になってきたけぶでございます<(_ _)>
単純に疲れが溜まっているだけなのですが(^_^;)

ところで浮気心含めた話題をいくつか。


『ウルトラQ』の「育てよ!カメ」浦島太郎役の中村和夫氏。
確かに太陽#1にクレジットされていますが、さてどの役か・・・。
以前は太陽史上最初の被害者であるチンピラの佐山を考えていましたが、もしかすると歩道橋の上でマカロニが守と間違える若者かもしれません。


BS11『大都会PARTII』
先週からほぼ毎日状態の放送、それもトクさんのアドリブに脂が乗り始めたころの作品が続いている時期。
そして、かっちょうさんが数々の空回りを見せてくれている時期(^_^;)
(これで、ほぼ左遷が確定的になったような・・・というか、深町次長に踏み台にされた可能性は否めない。。。。)
というか、ほぼベルト放送というのは、昔のテレビ視聴習慣ならば成立しましたが、現在のメディアの在り方を考えると、何となくただ消耗しているだけのような気もします・・・。
1話毎の濃度が濃いので、やっぱり週2話がちょうどいいんじゃないでしょうか。


『相棒』season15#1
主題の事件に関してはあまり大掛かりな話にしないで、社美彌子や青木年男、衣笠副総監の伏線的現状を描くことも併せなければならなかったため、ちょっと散漫な感じが個人的にはしました。
一つ一つが中々興味深いものなので、どれかに絞った方が良かった感じがします。

ただ、今回の「呪い」という導入、シーズンの幕開けとしてはちょっと微妙な部分はあったのかなぁ・・・おそらく正月SPで何かをぶちあげる雰囲気ではありますが(^_^;)

というか、相棒が交替しようがどうでもいいですが(^_^;)、米沢が消えたのは痛いです。
改めて思いました・・・・ある意味、右京さんとしては「逃げ場」だったのと、いろんな意味で話を転がす役割を持っていたので、今回散漫に見えたのはそのせいかもしれません。
今後は青木がその役割を担うのでしょうが、到底「逃げ場」にはならないでしょうし・・・・復帰してほしいです、ハイ。


『ドクターX』
安定感バリバリ、豪華キャストを引っ提げて復活しました。
竜さんが久々に特別出演という形で登場しましたが、それにしても竜さんの病院長の妹がピン子さんという、結構壮絶な設定(^_^;)
西田さんとピン子さんであれば、それだけでドラマは成立している感じなのですが(^_^;)

『特別機動捜査隊』
石原刑事やさぐれ益々の昨今、なるほど、その系統が特命課の吉野へ受け継がれたんだなぁ・・・と妙に納得しています(^_^;)
それにしても気合の入った鹿児島ロケの#614。
太陽でもお馴染みな場所も登場、城山観光ホテルは新しい本館の建築中(!)、ホバークラフト船のアクション、さんふらわあ号というまるでトミカの布陣(^_^;)、フェリーでわざわざ東京から特捜車を運んで来てのアクション、常連・森山さんと、久々登場の元・山口刑事は何とオカマちゃん役(^_^;)。
久々に見どころ満点な・・・。
#615、佐久間刑事登場ですが・・・。
この作品も#561と併撮だったようで、1年前のデットストック・・・。
というわけでハコスカ復活+代車登場というタイムスリップ現象が(^_^;)


そして、高倉主任(里見さん)が『おぎやはぎの愛車遍歴』に登場。
最近の愛車遍歴のプチリニューアル、個人的にちょっと邪魔くさいです(^_^;)
もとのスタイルに戻してほしい・・・・・やはり、「何に乗っていたか=歴代愛車遍歴」は知りたいところです。
で、里見さん。
ご本人もおっしゃっていましたが、相当な飛ばし屋さんのようで、スーパー88で乗り出した段階で判りました(^_^;)
さすが、昔からのスターさんはチマチマ運転しないのです(^_^;)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つづき | トップ | だんだんテンションが高くな... »

あわせて読む

浮気心」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています