北海道と九州の風来旅とマイ道楽

マイ故郷の北海道観光旅と、毎年GWにマイワイフ実家へ帰省ついでの九州観光旅と、マイ道楽「気ままなモクモク工房」のご案内!

道東風景in留辺蘂 淡水魚がいっぱい「山の水族館」

2017-05-16 | 北海道道東圏
北見市留辺蘂町、温根湯温泉にある山の水族館「北の大地の水族館」には、日本最大の淡水魚である
イトウの中でも最大級の大きさの1メートル級に育ったイトウが40匹も飼育されている。
これは、日本で最多の飼育数。
また、日本有数の寒さが厳しい街でもあり、真冬の厳寒期にはその寒さを利用して、誰も見たことのない
凍った川の下を泳ぐ魚たちの様子を見ることができるそうだが、今回訪れたのは残念ながら5月中旬。


遠く大雪山の頂に残雪がたくさん残っているこの時期、所用で北見に向かい初めて立ち寄ってみた。


北見の街の入り口、留辺蘂の「道の駅」に、珍しい山の水族館「北の大地の水族館」ができている。


中に入ると、いきなり川底を模して、淡水魚の生態が一目でわかる大きな水槽が目に飛び込む。


滝つぼを見上げる水槽(日本初)の中では


厳寒期には川が凍る水槽(世界初)。厚い氷が張り、水中ではダイナミックな世界が目の当たりに観察できる。


体長1m以上、日本最大級の淡水魚「天然イトウ」が約40匹! 壮観な眺めだ。


婚姻色で赤に染まった「イトウ」






他にも、アマゾン~北アメリカ・東南アジア等、世界の大型淡水魚も
















『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« H29' 札幌の桜 「五月雨の中... | トップ | 道東探索in北見 「北海道遺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL