こんにちは!たいわ社協です

大和町社協の今をお伝えするブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おもちゃドクター誕生!養成講座が終了しました

2012年05月27日 | ボランティアセンター
5月6日から4回にわたって開催したおもちゃドクター養成講座が5月27日(日)無事最終回を迎えました。
今回は第2講~第4講の様子を写真を通して振り返ります。

5月13日(日)
第2講 「簡易電源パックを製作してみよう」

これが手作りの簡易電源パックです。
電源が必要なときにいろんな電圧に対応して使えるすぐれものなんですよ。


みなさん四苦八苦しながらも知恵を出し合い協力して全員なんとか完成しました。

5月17日(日)
第3講 「おもちゃびょういん・ひまわりの活動に参加してみよう」
おもちゃびょういん・ひまわりの定期開院に参加しました。



会場準備から始まり受付の仕方、実際の修理などについて実践的に学びました。
ただおもちゃの修理をするだけではなく、子どもとの対話を通して物の仕組みや大切にする心を伝えます。

第4講 「修理事例を研究しよう」

仙台で活動する「おもちゃ病院ころころ」から市来ドクターをお招きしこれまでの修理実績や治療にあたって使う手作り治具などについて具体的かつわかりやすくお話しいただきました。


それから、最終回ということで皆勤賞の4名に修了証を授与しました。


今年のおもちゃドクター養成講座は参加者が10名ということで割とこじんまりだったこともあり和気あいあいと進みました。
ご参加くださった皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
今後ドクターとしてご活躍されることを期待しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おもちゃドクター養成講座開講!

2012年05月06日 | ボランティアセンター
5月6日(日)、平成24年度のおもちゃドクター養成講座を開講しました。
これは前回平成21年に実施して好評だったことを受けて今回もう一度実施したもので、町内外から10名の方にお申し込みいただきました。

第1講の講師の勝又さんです。

「ただの便利な修理やさんではなく、子どもと一緒に修理を手がけることで物を大切にする心を育て、科学に対する好奇心を育てます」

もう一人の講師の瀬上さんです。

講習資料や製作キット作りなどを一手に引き受けてくださいました。


今回はおもちゃドクター活動の基本や心構え、道具や接着剤などの話がメインでした。



今回の講座、前回と大きく違うところがあります。
それは講師を外部から呼ぶのではなく、地元で活躍している「おもちゃびょういん・ひまわり」のドクターさんにお願いしていることです。
前回の講座を受講した方々が実際にドクターとして活動し、今や講師としてお話しができるほどに経験を重ねました。
そういうわけですので今回の講座では、初めておもちゃドクターとしてこれから活動していこうという受講者のドキドキワクワク感を講師自身が理解した上で、実態に即した講義内容と講座後の活動のお誘いまでを一貫してお話しいただけることと思います。

第2講以降では、製作実習やおもちゃ病院での実習などを企画しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加