こんにちは!たいわ社協です

大和町社協の今をお伝えするブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひだまりの丘ロビーに水槽復活!

2012年02月21日 | ボランティアセンター
7~8年くらい前の話だと思いますが、ひだまりの丘のロビーに色とりどりの熱帯魚が泳ぐ水槽があったのはご存知ですか?

実は、水槽というのはちょっといつわりがありまして、水槽を泳ぐ魚をモニターに映し出す「魚八景」という機械が設置されていました。
モニターの前面には本物の水を入れプクプクと泡を作るなど臨場感抜群の「バーチャル水槽」で、検診や児童館に来る子どもたちにとても人気がありました。

ところが、いつの頃からか電源が消され、ただの大きくて真っ黒なボックスに。
町の担当者によると、故障してしまったためメーカーに修理を依頼したものの結局直らず、とりあえず廃棄処分するまでの間そのままロビーに置いたままにしていたということでした。


その話を聞きつけたのは、大和町などを中心に活躍するおもちゃドクターの皆さん。黙っているわけがありません(笑)
おもちゃではありませんがめったにお目にかかれない格好の教材ということで、ダメで元々の修理に取り掛かりました。


最初の修理は去年の10月6日。
ネジをひとつひとつ外して内部を覗き込みます。
調査の結果、“故障の塊”であることを確認、しかもすごく重い。
やっぱり修理は難しいのではないかとあきらめムードが漂います。


気を取り直して年明け2月5日に2回目の修理を実施しました。
まずは清掃、その後レーザーディスク再生機やディスプレイの動作確認と修理をしました。
動くところ・動かないところ、直せるところ・直せないところを整理して次の修理に備えます。


3回目の修理は2月19日。
定例のおもちゃびょういんが開かれた後に集まりました。
ディスプレイはOK!レーザーディスクの再生機はNG。
その結果、従来通りに直すことは不可能であるため、新たにDVD再生機などをつないでディスプレイにつなぎ、その映像をモニターに映し出すことで活用できるのではないか・・・と決まりました。


そして2月21日。
ドクターの私物のDVD再生機を持ち込み、ディスプレイにつないだところ・・・

すごい!映った!泡ブクも復活!
壊れた機械に新しい生命が吹き込まれたようで、その瞬間、ちょっと感動的でした。

水槽の映像ではなく子ども向けの「お魚DVD」なので元通りとはいきませんが雰囲気は十分です。
約30分の映像がリピート再生されるように設定されています。


親子連れも立ち止まって興味津々。

なんだかひだまりの丘のロビーが少し明るく賑やかになったような。
おもちゃドクターの皆さん、ありがとうございます!!


ちなみに、おもちゃドクターの皆さんは、元のレーザーディスクの映像をDVDで流す作戦を現在画策中。
もしこれができれば見た目は完全に元通りに。
さあ手術は成功するのか乞うご期待!


**************************


おもちゃびょういん・ひまわりは定例の病院開院のほか、3月末の七ヶ浜町の仮設商店街活性化イベントでの出展、5月のおもちゃドクター養成講座(大和町社会福祉協議会主催)への協力など、活動が目白押しです。
今後のドクターの活躍に要注目です!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和町社協公式ウェブサイトを更新しました

2012年02月01日 | 社協事務局
大和町社協公式ウェブサイトを更新しました。


第31回大和町小中学校児童生徒書初め大会(本会後援事業)審査結果を追加いたしました。
本会後援事業です。
小中学生の頑張った結果を掲載しております。


大和町老人クラブ芸能大会のお知らせを追加いたしました。
毎年恒例、老人クラブの芸能大会のお知らせです。
舞踊あり歌謡あり寸劇あり。どなたでも入場OK、無料です!
朝9時50分開会、10時15分演芸開始です。


大和町社協の役員リストを更新しました。
1月19日、理事会及び評議員会にて役員の一部改選が行われました。
現在の役員名簿をPDFにて掲載しております。


平成23年度歳末たすけあい運動募金報告を追加いたしました。
皆様から心温まる募金をお寄せいただきまして誠にありがとうございました。
募金の実績と配分内容をPDFで報告しております。


「社協だよりNo.87」を追加いたしました。
1月20日付けで新しい広報紙を発行しました。
表紙は「ようこそ大和町へ」と題し、被災避難者向け交流サロンの様子を掲載しました。

それから今回は最終ページに「5分で解ける!カンタン大和町クロスワードパズル」を掲載
大和町ネタあり、福祉ネタあり、雑学ありのクイズです。
タテヨコのカギを解くより最後の並べ替えの方が難しいという指摘がチラホラ。
どんなものだか皆様もぜひぜひお試しあれ。
今年も正解者の中から抽選で5名様に防災グッズをプレゼント
たいわ社協だよりの感想を必ずお書き添えの上奮ってご参加ください。

ちなみに、去年に比べて今年はクイズの傾向が福祉色より大和町色が強くなってしまったので「福祉クロスワードパズル」から「大和町クロスワードパズル」に名称変更しました(笑)
来年は一体なんというタイトルで登場するのでしょうか。
ある意味乞うご期待!!



大和町社会福祉協議会公式ウェブサイト
http://www.taiwa-shakyo.or.jp

*****************************


「たいわ社協だより」について若干の追記です。

昨年の12月24日に今回発行した広報紙の編集委員会が開催されたのですが、その場において本会理事である大場昭夫編集委員長が、
「広報を通して“地域福祉の明日の創造”に資すること。そしてみんな(=読む人)が“明日の大和町を作る”という気持ちを持ってもらえるよう紙面作りに関わりましょう」
と挨拶しました。
そこまでの心意気を感じ取ってもらえる紙面づくりがなかなかできてはおりませんが、私たちはそのような想いを持って作っているということを知っていただきたくご紹介させていただきました。
「たいわ社協だより」を手に取って読んでいただき、ご意見ご感想をお寄せいただければ幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加