こんにちは!たいわ社協です

大和町社協の今をお伝えするブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛の訪問配食サービスボランティア研修会開催

2012年01月31日 | ボランティアセンター
1月31日(火)、愛の訪問配食サービスボランティア研修会が遠藤旅館を会場に行われました。


愛の訪問配食サービス事業は、大和町社会福祉協議会が町から委託されているお弁当の調理・配達事業で、毎週水曜日、調理ボランティアの皆さんによって温かい手作りお弁当が作られ、身体障害者福祉協会員などの運転ボランティアによって一人暮らし高齢者などに配達されます。また月・金曜日は業者によるお弁当を配達ボランティアさんがお届けします。
一軒一軒丁寧にお元気でいらっしゃることを確認しながら昼食弁当をお届けする事業です。


この日の参加者はボランティアさん39名です。
研修会として、本会ボランティアコーディネーターより、「食用廃油を使ったエコ石けん作り」についてレクチャーがありました。

ビンをフリフリ。
そのまま流すと環境破壊につながる食用廃油が、あら不思議、肌にも環境にもやさしい経済的な洗剤になりました!


その後引き続き昼食懇親会が行われました。

調理・運転ボランティアがそれぞれ歌やゲームなどの出し物をし、大いに盛り上がりボランティア同士の親睦が図られました。

ボランティアの皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春の「ようこそ大和町へ」は大賑わい

2012年01月30日 | 災害関連
1月23日(月)、ひだまりの丘にて「被災避難者のための交流サロン ようこそ大和町へ」が開かれました。

主催は大和町ボランティア友の会で、10月から毎月1回、東日本大震災で被災された避難者が地域に少しでも馴染み、大和町に来て良かったと思ってもらえるようおもてなしをしたいと考えたことにより実現しました。

通算4回目のこの日は、少しずつ参加者やボランティアが打ち解けてきたこともあり、ボランティアが振る舞ったお雑煮やあんこ餅を食べながら和気あいあいとした雰囲気の中で交流を楽しみました。


この日はなんと、サプライズで浅野町長も来訪。

被災者の方やボランティアとじっくりと懇談していました。
お忙しい中ありがとうございました。


さらに、河北新報の記者さんも取材に。

このときの様子は1月29日の朝刊14面に写真入りで掲載されました。
掲載された翌日さっそく問合せが数件あり、まだサロンの存在を知らない被災避難者の方への良い広報となりました。ありがとうございます。


次回の開催は2月13日(月)です。
参加費無料、申込不要の出入り自由のサロンですので、お気軽にお越しください。

詳細はこちらのサイトをご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加