こんにちは!たいわ社協です

大和町社協の今をお伝えするブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

七ヶ浜町での災害ボランティア活動~ボラバス第三弾実施!

2011年07月23日 | 災害関連
災害ボランティアバスパック第三弾ということで、7月23日(土)、大和町内のボランティア17名の参加のもと、七ヶ浜町災害ボランティアセンターで災害ボランティア活動を行いました。
その日の様子を時系列でご紹介します。


7:30
ボランティアさんが続々と集まります。
17人全員が揃ったところで事務局長からあいさつ。出発です。

車内にてオリエンテーションを行い七ヶ浜町を目指します。


9:15
七ヶ浜町災害ボランティアセンターにて全体オリエンテーションが行われました。

活動にあたっての注意事項や今日の活動内容等についてセンタースタッフが説明します。
大和町の皆さんも真剣に耳を傾け、自分の希望する活動に積極的に手を挙げていました。

この日は団体での参加が多かったらしく、200名を越えるボランティアさんが全国から集まっていました。


午前の活動の様子です。

男性陣9名は個人宅での瓦礫の撤去活動に参加しました。
敷地内に散らばる瓦礫やゴミ、泥出しなどの作業をしました。
瓦礫を砕いたり、土嚢袋にまとめたり、体力を必要とする活動です。


女性陣4名は遺失物の洗浄・整理の活動に参加しました。

津波で流された思い出の品物を拾い集め、きれいに汚れを洗い落とし、地区毎に整理する作業です。
根気強く丁寧な仕事が求められます。


さらにもう一グループ、別動隊を編成。

昼と夕方の2回、ボランティアさんにカキ氷を提供する活動を4名のボランティアさんにご協力いただきました。


12:30
センター前の芝生の様子。

この日はボランティアさん向けにやきそばの炊き出しも行われており、さながら縁日のようなにぎわいでした!
昼・夕方合わせてなんと約350食!
活動後のクールダウンにちょうど良いようで、たくさんのボランティアさんに食べていただきました。

引き続き午後の活動にも参加しました。


13:42
午後の活動をしていた13時半過ぎ、地震が発生!センターに緊張が走ります。
岩手県で震度5とのことでしたが七ヶ浜町は震度3で津波の心配なしとの報。活動は続行と判断されました。
まだまだ油断はできないと再確認させられました。


16:30
夕方全員が活動場所からセンターへ帰還し、夕方のカキ氷提供も終わったのが4時半頃。

参加した皆さんは心地よい疲れと活動の満足感を感じて帰路についたことと思います。
皆さんお疲れ様でした。


***********************************


今回、ひとつ嬉しかったことがありました。
それは、大和町役場の皆さんにお声がけしたところ、休日にも関わらず8名の職員にご参加いただけたことです。
職員のお一人に感謝を述べたところ、「8名しか参加せず申し訳ない」と逆に詫びられるということがありました。
大和町役場の皆さんは、地震発生後から今に至るまでなお震災対応で多忙な業務をこなしています。
また被災地での支援業務があったり炊き出しに行ったりと、町民からは見えない活動もたくさん抱えています。
そのような状況の中で今回ボランティア活動に参加してくださり、さらにはこのような高い意識を持ってくださっていたということは、今後不運にも大和町で何か災害が発生したときに、災害ボランティアセンターを含む被災者支援の様々な場面において、必ずや大きな意味を持つと感じました。


***********************************


「ひだまりの丘発!災害ボランティアバスパック」は、被災地に近接する大和町の方々の“継続的な被災者・被災地支援のきっかけづくり” が目的で、内容は被災地での災害ボランティア活動だけでなくカキ氷提供などの特別プログラムも交え、また多くの方に参加していただくため3回に分けての企画でした。
残念ながら7月20日の第2弾は荒天のため中止と判断いたしましたが、全3回の企画に総勢36名のお申込をいただきました。
多くの方にご参加いただきましたこと、心より御礼申し上げます。

被災地の復興は長期戦です。
私たちにできることを出来る範囲で、息の長い支援をこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/20災害ボランティアバスパックは中止になりました

2011年07月19日 | 災害関連
かねてより7月20日(水)に予定しておりました「ひだまりの丘発!災害ボランティアバスパック」の第二弾につきまして、台風6号の接近により現地でのボランティア活動が難しくなると予想されますので、中止とさせていただきます。

この日のボランティア活動を心待ちにしていらっしゃった参加申込者の皆様、大変申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願いいたします。

なお、7月23日(土)予定の災害ボランティアバスパックの第三弾は、まだ席に余裕があります。
よろしければお誘い合わせの上ご参加ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亘理のボランティアさんに涼をお届け~ボラバス第一弾実施!

2011年07月15日 | 災害関連
7月15日(金)、亘理町災害ボランティアセンターに大和町から5名のボランティアさんがカキ氷の炊き出しボランティア活動を行いました。

この活動は、本会が企画した「ひだまりの丘発!災害ボランティアバスパック」の第一弾として実施したもので、暑さが続く被災地で地道な活動をしているボランティアさんへの支援として、ボランティア活動終了後に冷たいカキ氷を提供しようというものです。

当日は、この企画に参加を希望した5人のボランティアさんが亘理町災害ボランティアセンターに赴きました。

大和町の“カキ氷5人娘”が暑さでバテたボランティアさんをお出迎え。
束の間の涼をお届けしました。


イチゴ・メロン・ブルーハワイの3種類+練乳を用意。
乳製品は熱中症の予防に効果的とテレビ番組でやっていたらしく特に練乳は大人気でした。


ボランティアさんが現場から帰ってくるたびに列が出来ます。
そのたびに機械はフル回転。5人娘の連携もどんどん良くなっていきます。
中には2杯食べた方もいらっしゃり、この日は夕方の2時間で約200食のカキ氷を振る舞いました。


カキ氷を食べた亘理のボランティアさんは一様に感謝の言葉ととてもいい笑顔を見せてくれました。
大和町のボランティアさんもそれを見てまた笑顔。皆さん充実した活動となったようです。


この日の様子は亘理町災害ボランティアセンターのブログで見ることが出来ます。
亘理町災害ボランティアセンターは、全国の支援者の温かいメッセージにあふれ、またたくさんのボランティアさんの熱気に溢れた素晴らしい雰囲気のセンターでした。
ここで毎日被災者を支援しているボランティアさんのお手伝いを少しだけでもすることができ、とても嬉しく思っています。

被災地ではこれからもまだボランティアさんの力が必要です。
大和町社協では、直接・間接様々な角度から被災地・被災者の支援を行ってまいります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

災害ボランティアバスパック、参加者募集中です!

2011年07月13日 | 災害関連
先日のブログでもご紹介いたしました
「ひだまりの丘発!災害ボランティアバスパック」
についてご紹介させていただきます。

チラシはこちらから
大和町社協ウェブサイト

東日本大震災の発災直後より沿岸被災地で運営されている災害ボランティアセンターは、被災者とボランティアをつなぐコーディネート機関として有効な役割を果たし続けています。
家財道具の運び出しや泥出し、仮設住宅への引越しなど被災者の応急的な支援依頼と駆け付けた多くのボランティアをマッチングし課題の解決に取り組んできました。
しかし、発災から4ヶ月近くが経過した今、被災地では仮設入居が進み、在宅被災者の生活が落ち着き始めたことにより、被災者のニーズは多岐に広がり、ボランティア活動内容は応急支援的な活動から生活支援的な活動へ変化してきています。
一方で、活動を支える被災地を訪れるボランティア数は徐々に減少しているということも特筆すべき現状です。
今後、特に7月中については応急的支援を行いながら生活支援に重点を移していくセンターが増加すると予想されます。

以上のことから、これからのボランティアには、ずっと寄り添い続けるという“継続性”とニーズにすばやく対応する“即応性”が役割として求められてきています。
そして、その役割に応えられるのが宮城県内や大和町内の地元のボランティアだと思うのです。

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回の企画は、被災地に近接する本会が、地元ボランティアを募り、ボランティアバスを運行し、継続的な被災者支援及び災害ボランティアセンターへの支援をしようというものです。
ぜひ、多くの方にご参加いただき、復興支援の一助となっていただきたいと思います。


「ひだまりの丘発!災害ボランティアバスパック」のお知らせ

◆実施時期
  ① 平成23年7月15日(金) 13:30~18:30 亘理郡亘理町
  ②        7月20日(水)  7:30~17:30 宮城郡七ヶ浜町
  ③        7月23日(土)  7:30~17:30 宮城郡七ヶ浜町
   ※各日程とも日帰りでの活動となります。
   ※荒天等の諸事情により当日中止となる場合があります。
   ※①については受付を締め切っております。

◆活動先
  宮城県内沿岸部の被災地(①亘理町、②③七ヶ浜町)

◆ボランティア活動内容
  ①:ボランティアへのカキ氷の提供(炊き出しボランティア)
  ②③:瓦礫の撤去・運搬・泥出し、家財道具の移動・運搬・清掃、エリア清掃など、現地災害ボランティアセンターの指示で活動します。ボランティアへのカキ氷の提供も実施します。
   ※その他さまざまな活動が想定されます。活動内容を選択することはできないことを了承いただきます。
   ※ボランティアへのカキ氷の提供については、屋外での活動や体力を要する活動に参加しづらい方向けの独自のプログラムです。

◆交通手段
  大和町社会福祉協議会ボランティアセンターが用意する車両(バス)で移動します。

◆募集人員
  ①:7名
  ②③:20名(先着順、定員になり次第締切)
   ※20歳以上の大和町民及び大和町内在勤・在学の方に限らせていただきます。

◆日程
 ①7月15日(金)
  13:30 ひだまりの丘集合、バス乗車
  13:40 ひだまりの丘出発
   (車内にてオリエンテーションを実施)
  14:40 現地到着・活動準備
  15:10 活動開始
  17:00 活動終了・撤収準備
  17:30 現地出発
  18:30 ひだまりの丘到着、解散
   ※時間は目安です。行き先や活動内容によっても変更があります。

 ②7月20日(水)、③7月23日(土)
  07:30 ひだまりの丘集合、バス乗車
  07:40 ひだまりの丘出発
   (車内にてオリエンテーションを実施)
  09:00 現地到着
   (受付・オリエンテーション等終了後活動場所へ移動。)
  09:30 活動開始
   (昼食休憩の他、随時休憩を挟みます)
  15:00 活動終了
   (センターに戻り活動報告、帰り準備等)
  16:30 現地出発
  17:30 ひだまりの丘到着、解散
   ※時間は目安です。行き先や活動内容によっても変更があります。

◆参加費
  無料

◆持ち物・服装
  昼食・飲み物等は各自でご持参いただきます。
  装備としては、汚れてもいい服装、雨合羽、ゴム手袋や皮手袋、ゴーグル等の防護するもの、マスク、長靴もしくは安全靴、帽子またはヘルメット等の頭部を保護するもの、着替え、その他個人で必要なもの。
  ※全て揃えなければならないわけではありません。
  ※ボランティア保険は事前に掛けていただきます。

◆申込・問合
  大和町社会福祉協議会・ボランティアセンター TEL/FAX 022-345-2156
  大和町吉岡字館下88 大和町保健福祉総合センター(ひだまりの丘)内


************************

7月15日の回はすでに締め切っておりますが、7月20日(水)、23日(土)の回はまだ定員まで余裕があります。
当日ぎりぎりまで申込みをお受けしますので、家族やお友達、職場の仲間などとお誘い合わせの上ご参加いただければと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和町社協公式ウェブサイトを更新しました

2011年07月04日 | 社協事務局

大和町社協公式ウェブサイトを更新しました。

災害ボランティアバスパック参加者募集のお知らせ

遅ればせながら、大和町社協でもボラバス出します!

被災者のために何か役に立ちたい!・・・でもきっかけがつかめない・・・
そんなあなたにぴったりの参加しやすいボランティアバスの運行企画です。
これをきっかけに被災地とのつながりを持っていただき息の長い被災者支援につなげていただければと思っています。
ちなみに体力に自信のない人でも参加しやすいボランティアプログラムも準備しています。お気軽にお問合せください♪

詳しくはウェブサイトの新着記事をご覧ください。


「社協だよりNo.85」を追加いたしました

7月1日付けで新しい広報紙を発行しました。
今回の目玉は東日本大震災特集記事です。
6ページには、広報編集委員会の皆さんの“そのとき”のお話をまとめた「3月11日を振り返る座談会」を掲載しています。
そのときの対応や思いを振り返ることで教訓を得、必要な備えを再確認することができます。
7ページには、「大和町発!災害ボランティア活動」と題して体験談を掲載しています。
本当はもっとたくさんの方々が町内外の被災地で活動をされているのですが、紙面の関係で4エピソードのみになってしまいました。
最終10ページには、志田町の炊き出しボランティアの皆さんを取り上げています。
ボランティア活動を通して地域の絆が深まったというのが印象的です。

震災関係一色のようですが、いつものコーナーもありますよ。
皆さま、ぜひぜひご覧ください。

大和町社会福祉協議会公式ウェブサイト
http://www.taiwa-shakyo.or.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加