こんにちは!たいわ社協です

大和町社協の今をお伝えするブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大和町チーム奮戦!宮城県シニアスポーツ大会

2010年09月29日 | 社協事務局
秋晴れとなった9月29日(水)、石巻市追波川運動公園にて第15回宮城県シニアスポーツ大会(主催 財団法人宮城県老人クラブ連合会)が開催されました。

競技種目は、グラウンド・ゴルフとペタンク、ゲートボールの三種目で、それぞれ各市町村老人クラブから代表チームが顔をそろえ熱戦を繰り広げました。

大和町からは選手・応援など15名が参加しました。

◆グラウンド・ゴルフ

大和町からは落合舞野チームから3名が参加しました。
蜂谷さんが第1Rをトップタイの好成績で回り「入賞なるか!?」と期待が膨らみましたが、後半伸びず合計41打で入賞を逃しました。惜しかった~。

◆ペタンク

宮床山田チームが参加。
初戦幸先よく1勝を挙げるものの続く2戦を落とし予選敗退となりました。
山田チームの皆さんは敗退後も決勝戦まで見届けるなど研究熱心でした。

◆ゲートボール

鶴巣大平上チームが参加。
健闘するものの3戦全敗に終わりました。
負けはしましたが「コートが良すぎたな(笑)」と皆さんで笑いあいました。

大和町チームは3種目とも入賞成りませんでしたが、参加した皆さんは一様に晴れ晴れとした表情をしていました

前日まで大雨だったにも関わらず、どの試合会場もよく整備されており選手の皆さんは快適にプレーしていたようです。
事前の会場準備をしてくださった主催者・地元関係者の皆様に感謝申し上げます。ご苦労さまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つながりで自殺を防ごう!自殺予防街頭キャンペーンに民生委員が参加

2010年09月11日 | 社協事務局
自殺予防週間の9月11日(土)、「自殺予防街頭キャンペーン」がヨークベニマル大和吉岡店で開催されました。
これは、心の健康づくり・自殺予防対策への理解を広げる運動の一環として町が実施したもので、民生委員も参加しました。


自殺予防対策連絡協議会委員等15名が参加し、相談窓口などを記した啓発パンフレットやティッシュを配布しました。
休日のショッピングセンターということで多くの来店者があり、一人ひとりに「大切な命のわかちあい」を願い自殺予防を呼びかけました

なお、現在大和町では、平成22年3月に策定した「大和町自殺予防対策プラン ~大切な命 わかちあいたいわ~」に基づき自殺予防に取り組んでいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「生活福祉資金等に関する自主研修会」を実施しました

2010年09月06日 | 社協事務局
9月6日(月)、宮城県社会福祉協議会から講師2名をお招きし、生活福祉資金業務に関する勉強会を実施しました。

ここ数年、生活資金に関する相談者の急増に対応して様々なセーフティネット施策が整備され、生活困窮者に対して各機関から多くのフォローがなされています。

社協が関わる部分としては、貸付資金制度が拡充されたり要件が緩和されたりといった改正があり、それゆえ制度が多様化し業務が複雑化してきています。
そういった状況を踏まえて今回の研修会は、県社協と町社協の実務レベルでの事務手続きの共有化・すり合わせを改めて行い、今後の円滑な業務遂行に資すること及び社協の担当職員同士の顔の見える関係を構築することを目的に実施しました。

あくまで“町社協職員のための勉強会”という位置付けでしたので、同じ悩みを抱えていそうな近隣社協の担当者さんにお声がけしました。
その結果、講師・参加者計8名でこぢんまりと、でもとても濃密な勉強会となりました。
円滑な業務遂行のみならず、市町村社協と県社協の担当職員同士の顔の見える関係(=信頼関係)をも構築できたような気がします。


********************************


社協が生活資金の貸付をしていることをご存知ない方もいらっしゃるかと思います。少し説明が必要かもしれませんね。

地域で生活する上での様々な課題に対応するため、各機関が様々な施策・事業を実施しています。
社協では、例えば生活相談所を開設したり、弁護士さんを招いた法律相談会を実施したり、自立生活を支援する金銭管理のサービスを行ったり、生活資金の貸し付けを行ったりしています。

資金の貸付制度は社協によって違いはありますが、大和町では生活福祉資金と生活安定資金に分けられます。
【参考】大和町社協ウェブサイト「生活援護事業

生活福祉資金は町社協が窓口となり県社協が実施しています。また生活安定資金は町社協が取り扱っています。
どちらも低所得者等生活課題を抱える方々に対し資金の貸付と相談支援を行うことにより安定した生活が送られるよう支援するものですが、福祉資金は貸付金額が大きく、安定資金は一時的な生活資金であり、相談内容によって使い分けています。

参考までに、大和町の平成21年度の新規貸付件数を紹介します。
 ◆生活福祉資金  6件 貸付総額 1,918,000円
 ◆生活安定資金 75件 貸付総額 2,450,000円

毎年、事業報告で数字や件数を公表していますが、社協がこういった事業を実施し、またこれだけの利用者がいるということは、セーフティネットということもあり大々的に宣伝する類の事業でもないのでなかなか知られることはありません。
ただ、景気や社会情勢を反映してか、ここ数年“生活していく上での必要なお金”に関する相談者が急増している状態にあります。

****************************


社協では、相談者がいらっしゃれば、貸付資金をご案内したり他のセーフティネットについての助言をしたりします。また他機関へおつなぎするといった対応もしています。

しかし、当然のことながら資金の貸付では対応できないケースがたくさんあります。
日々の業務から、社会保険関係やファイナンシャルプランナー的な知識の必要性など、知識や経験の不足を感じています。
相談者にとって社協は福祉の最初の窓口になる可能性が高いため、相談者の課題解決のために適切な支援ができるよう引き続き自己研鑽を重ねてまいりたいと思います。



しかし、今回は字ばかりですね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュースポーツ大会が開催されました

2010年09月01日 | 社協事務局
9月1日(水)、大和町総合運動公園にて大和町老人クラブ連合会主催ニュースポーツ大会が開催され、選手・関係者合わせて約400名が大和町総合運動公園に集まりました。


ニュースポーツ大会結果
 ○グラウンド・ゴルフ
   団体の部 
     優 勝  舞野(落合)
     準優勝  金取北(吉田) 
     第三位  大平下(鶴巣)
   個人の部
     優 勝  蜂谷孝郎(舞野)
     準優勝  瀬戸幸雄(落合桧和田下)
     第三位  佐藤はるの(金取北)


○ペタンク
   団体の部
     優 勝  山田(宮床)
     準優勝  寿会A(吉岡南2)
     第三位  新小路A(宮床)


9月に入ったとはいえまだまだ残暑厳しい中でしたが、体調を崩す方はいらっしゃらず無事大会を終えることができました。
老人クラブの皆さんのお元気さには本当に脱帽です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加