こんにちは!たいわ社協です

大和町社協の今をお伝えするブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チャリティーかき氷、901杯!

2010年07月31日 | 社協事務局
7月31日(土)、今年もまほろば夏まつりに「チャリティー100円かき氷」の販売で出店させていただきました。

猛暑 = かき氷が売れる

という予想をしましたが、予想にたがわずたくさんの方に足を運んでいただきました。


↑午前中から長蛇の列ができました。


↑休憩スペースも設置。30度を越す熱気だったので日陰で座れるスペースは子どもたちや赤ちゃん連れにとても喜ばれました。


↑今年は絶好調のかき氷マシーン。(去年はこんなことがありました)
作る方もだんだん使い慣れてスピードアップ!

珍客登場。

↑さりげなく列に加わる大和町のキャラクターあさいなサブローくん。


↑かき氷ゲット!なんかかき氷が小さく見えるな~(笑)

・・・というわけで今年も大盛況のチャリティーかき氷でした。
売上の方はなんと901杯90,100円!!
6年目にして初の900杯超えです!がんばりました!

なお、売上金は以下のとおり義援金としてお送りいたしました。

宮崎県共同募金会(口蹄疫被害) 30,100円
山口県共同募金会(大雨災害)  30,000円
日本赤十字社広島県支部(大雨災害) 30,000円

皆さんのたくさんの善意の気持ち、本当にありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まほろば夏まつり、いよいよ!

2010年07月29日 | 社協事務局
今年のまほろば夏まつりは7月31日(土)(~8月1日(日))開催です。
いよいよ明後日に迫ってきました。

社協では、初日のみですが、毎年恒例のチャリティー100円カキ氷を実施します。
まほろばホール入り口のロータリー付近が今年の場所とのことです。
イチゴ・メロン・ブルーハワイの3種のカキ氷をご用意してお待ちしております。見かけましたらお立ち寄りくださいね!
なお、収益金は全額災害被災地への義援金として寄付いたします。


また、吉岡ボランティア友の会でも、今年もバザーを開催するそうです。
7月中旬以降、バザー物品が続々と寄せられました!

たくさんの“善意”が集まりました。
現在ボランティアさんが整理と値段付けをせっせとしているところです。


気になるのはお天気です。
昨日までは太陽ギラギラの晴天でしたが、今日は若干曇り空。風も強く、雨の予報も出ています。
当日は、カラッと晴れて“カキ氷が食べたくなるお天気”になればいいなと思います。
(天気予報によると、どうやら酷暑になるようですが

気合を入れて朝から夕方までカキ氷を作りまくるぞー!
目指すは1000個!!
でもあまりの暑さに売る方がダウンしてしまいそうですね

皆さん、熱中症に気をつけましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非常時に備える!ひだまりの丘防災訓練

2010年07月26日 | 社協事務局
7月26日(月)、午前9時40分、宮城県東部から中央部一帯を震源とするマグニチュード7.5と推定される直下型地震が発生。
この地震のため、ひだまりの丘のセンター事務室にある防災監視盤では、地下機械室内の異常を知らせる表示が点滅。
職員が現場に駆けつけたところ、ボイラー施設燃料のA重油配管に亀裂が入り漏油している状況であった・・・


・・・というシナリオで、7月26日(月)、ひだまりの丘で防災訓練をいたしました。
今回の訓練の目的は、職員の防災意識の高揚と火災が起きたときのセンター内の機器操作や手順を確認するというものです。
参加したのは、社協職員、シルバー職員の他に、デイサービスセンター職員、吉岡児童館職員、受付や清掃をしてくださっている東北アイビ社員、工房ななつもり利用者、来館者の方々などなど。
ひだまりの丘を管理している保健福祉課の職員に機器の操作や訓練手順などを教わりながら現場の確認訓練、通報訓練、避難誘導訓練を実施いたしました。

まずは地下機械室に職員が急行!

A重油のバルブコックの確認をしています。
(この訓練で、地下室に内線があることを初めて知りました

一方、地上では屋外に避難中!

来館者の安全確認と避難誘導の完了を責任者に報告。
また、関係機関への通報についても手順を確認しました。


わずか30分足らずの訓練ではありましたが、なんと総勢53名もの方々が参加してくださいました。
児童館の子どもたちやデイサービスのお年寄りの皆さんもご協力くださいました。
暑い最中でしたが、皆さん真剣に取り組んでいただき本当にありがとうございました。


災害は無いに越したことはありませんが、残念ながら現状では来る確率の方が高くなっています。
毎日たくさんの人が出入りするセンターだからこそ、“憂い”を小さくしていく“備え”の取り組みをしっかりと積み上げていかなければなりませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめての手話~夏休み小学生手話体験講座開催

2010年07月22日 | ボランティアセンター
7月22日(木)、小学1年生から4年生の子ども4人(と大人1人)が参加して、夏休み小学生手話体験講座を開催しました。

手話通訳者の高橋さんをお招きし、「耳が聞こえないと電話が鳴ったらわかるかな?」「テレビ見てどうかな?」など、身近なギモンから聴覚障害についてやさしく教えていただきました。

また手話で好きな食べ物・動物を表現したり、ジェスチャーで自分の思いを伝えるゲームなどもしました。

修了証を受け取って満足げな皆さんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひだまりプラム

2010年07月22日 | 社協事務局
ひだまりの丘の公園内でプラムがこんなに採れました。


一口ガブリ

果汁たっぷりで果肉はびっくりするほど甘いです。
でも皮に近いところは少し酸っぱく、ほのかに苦味も感じられます。
これぞまさしく自然のおいしさ、“ひだまりの味”ですね。
冷やして食べるとより一層美味しそうです。


*******************************


7月1日に発行した「たいわ社協だより№81」はご覧になりましたか?
「ひだまりの丘 再発見!」と題して、今朝プラムを収穫した果樹林や芝生公園など、ひだまりの丘内外の様子が載っています。

実は、ひだまりの丘の緑地は見た目以上に豊かなのです。
芝生公園の周辺では、桜、梅、えんじゅ、ケヤキ、メタセコイヤ、もみじ等々四季折々に多彩な植物を楽しめます。
プラムのような果樹もあります。

連日暑さが続きますが、緑は見た目に涼しく映りますよ。
夕涼みのお散歩コースにひだまりの丘を入れてみてはいかがでしょうか?


★追伸★
6月後半から7月前半の社協関係イベントの報告をおサボリしていました
今後順次アップしていきますのでときおり遡って見ていただけると幸いです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手話初級講座が終了しました

2010年07月15日 | ボランティアセンター
6月17日(木)から5週間に渡って開催した手話初級講座が、7月15日(木)最終回を迎えました。

この講座は、手話講師の平間さんと手話通訳者の高橋さんから、自己紹介や住所、家族、仕事、趣味などが手話でできるようご指導いただくもので、7名の手話初心者の皆さんが参加しました。

4回目では町内在住の聴覚障害者3人の協力をいただきお茶とケーキを食べながら手話の実践もしました。

参加者からは
「手話の奥深さを感じました。自分の手話が通じたときは嬉しかった」
「講座の雰囲気が和やかで楽しんで学べました」
「手話で意思交流が出来る貴重な体験でした」
などの感想が聞かれました。

**************************

大和町ボランティアセンターでは、この秋、「手話スキルアップ講座」を開催します。
だいたい初級以上中級以下レベルの講座内容です。
分かりやすく言い換えれば、「前に習ったけど忘れちゃった」、「もう少し手話の勉強を進めたい」という方にうってつけの内容となっております。
ぜひ、みんなでもう一歩、踏み出してみませんか?

開催日時
  11月11日(木)、18日(木)、25日(木)
  10:00~12:00
会場
  ひだまりの丘
参加費
  お茶代として500円
申込・問合
  大和町ボランティアセンター ℡345-2156
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和町社協公式ウェブサイトを更新しました

2010年07月09日 | 社協事務局
大和町社協公式ウェブサイトを更新しました。


夏休み小学生福祉体験講座(手話体験)のお知らせ
夏休みの恒例行事、小学生福祉福祉体験講座を7月22日(木)に行います。
今年は手話講師をお招きして楽しく手話について学びます。
夏休みのお子さんに、ちょっとだけ福祉に触れさせてみませんか?
子どもたち、集まれえぇぇぇぇぇ!!(すみません、流行っているようなのでちょっと言ってみたかっただけです)


「まほろば夏まつり」にチャリティーカキ氷&バザーを出店します。
こちらも恒例行事となりました。去年の売上は600杯くらいでした。今年はめざせ1000杯!
社協のチャリティー100円カキ氷を今年もどうぞよろしくお願いいたします!
なお売上金は口蹄疫被害のあった宮崎県に義援金として送る予定です。
(災害の状況等によって変更する場合があります。)


「社協だよりNo.81」を追加いたしました。
表紙はガラッと、中面はところどころリニューアルしています。
新企画もいろいろありますよ。
見所は「地域に発信!100文字いんふぉ」です。町内の12の福祉施設、法人の情報が載っています。
編集後記も今回から。編集委員&職員の“想い”の一端をご覧ください。


「ボランティア活動のすすめ」を追加いたしました。
大和町ボランティアセンターのリーフレット「ボランティア活動のすすめ」を作成しました。
10年ほど前に初代のリーフレットを作ったのですが、ボランティア活動に対する考えや活動内容などが変化してきたため、このたび新しく作り直したものです。
製作は、仙台市にある「アイザデザイン」に依頼しました。丁寧な対応をしていただき、とても素敵なリーフレットを作ってくださいました。
ぜひご覧ください!


大和町社会福祉協議会公式ウェブサイト
http://www.taiwa-shakyo.or.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レクリエーション講習会を開催しました

2010年07月06日 | ボランティアセンター
7月6日(火)、宮城県レクリエーション協会の山内直子さんを講師にお招きし、町民研修センターにおいて活き生きサロンボランティアさん向けレクリエーション講習会を開催しました。


山内先生から、参加者同士が交流を深め、一人ひとりが楽しめる実践的なプログラムをたくさん教えていただきました。


60名のボランティアさんにご参加いただきました。

町内行政区ごとにそれぞれ開催されている活き生きサロンは、地域の高齢者を支えるためにボランティアさんが様々な工夫を凝らして行っています。
集まったボランティアさんからは、
「自分も楽しんで出来ました」
「忘れないうちに活き生きサロンでやってみようと思います」
などという意欲的な感想が聞かれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「社会を明るくする運動」が始まりました

2010年07月01日 | 社協事務局
7月は「社会を明るくする運動」の強調月間です。
この運動、ご存知ですか?

「社会を明るくする運動」はすべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、今年で60回目を迎えます。
法務省が主唱しており、地域においては保護司会や更生保護女性会などが運動を推進しています。

**************************

保護司とは・・・?
保護司は保護司法に基づき、法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員であり、地域社会から選ばれた社会的信望の厚い方々です。
保護司は、民間人としての柔軟性と地域の実情に通じているという特性をいかし保護観察官と協働して保護観察に当たるほか、本人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき、スムーズに社会生活を営めるよう、帰住先の生活環境の調整や相談を行っています。
このような保護司は、全国に約4万9,000人います。


更生保護女性会とは・・・?
更生保護女性会は、地域社会の犯罪・非行の未然防止のための啓発活動を行うとともに、青少年の健全な育成を助け、犯罪者をした人や非行のある少年の改善更生に協力することを目的とするボランティア団体です。
全国で約20万人おり、地域の公民館、学校等に地域住民の参集を求めて、その地域の実情に即した非行問題等を話し合うミニ集会のほか、親子ふれあい行事や子育て支援の活動などに取り組んでいます。

引用:法務省ウェブサイト

**************************

7月は強調月間ということで、ひだまりの丘にのぼりが立てられております。


犯罪や非行が生まれるのは地域社会である一方で、改善更生を促し立ち直る場所も地域社会に他なりません。
「社会を明るくする運動」では、地域住民の連帯を強め、だれもが参加できる犯罪防止活動を展開しています。
また、罪を犯した人や非行のある少年の立ち直りを信じ助けることへの理解と協力を訴えています。
この運動を通して、「明日」という日が誰にとっても「明るい日」となることを願います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加