こんにちは!たいわ社協です

大和町社協の今をお伝えするブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

配食サービスボランティア研修会が開催されました

2010年01月26日 | ボランティアセンター
平成22年1月26日(火)、遠藤旅館にて配食サービスボランティア研修会を開催いたしました。

配食サービスは、大和町社会福祉協議会が町から委託されているお弁当の調理・配達事業(週3食)で、毎週水曜日は調理ボランティアの皆さんによって温かいお手作り弁当が調理され、運転ボランティアさんによって一人暮らし高齢者などに配達されています。

調理ボランティアから32名、運転ボランティアから5名の計37名の方々が参加したこの日の研修会には、地域で農業を営む熊谷まき子さんより「農業を通して」と題した講演をしていただきました。
実体験に基づく熊谷さんのお話に参加者は感心しきりで、参加者のいくつかの質問に対しても丁寧に説明をいただきました。

その後、引き続き行われた昼食懇親会では、調理・運転ボランティアがそれぞれ歌やゲームなどの出し物をし大いに盛り上がり、ボランティア同士の親睦が図られました。

配食ボランティアの皆さん、運転ボランティアの皆さん、いつも本当にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(すいません、今回は写真ありません・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャップハンディインストラクター養成講座に行ってきました

2010年01月06日 | 社協事務局
亘理町吉田公民館で開催されたキャップハンディインストラクター養成講座に行ってきました。
この講座は、亘理町社会福祉協議会が主催となり宮城県障害者福祉センターの協力のもと実施されたもので、「障害理解」のあり方や体験の方向性などについて考え学びあうことを目的としています。


前半は講演会です。
有限会社車座 代表取締役社長 巴雅人氏による「障害の理解は、視点の違いで左右する」と題した講話がありました。

『「一人だけ違う=その人は間違っている」となりがち。多数派が偏見を生み差別を作っている。そうならないためにセンスを磨くことが大切。』
『キャップハンディは「気づき」を目的とした取り組みで結論不要。でもゲームだけにならないように。恐怖心だけが残ることのないように。』
『障害のある人もそうでない人も、ともに暮らしともに生きる社会こそ、当たり前の社会』

車いすで生活する自分自身の体験談から、たくさんの有意義なお話を伺うことができました。


後半は演習です。
活動メニューの紹介やグループに分かれての体験プログラムの作成などを行いました。

モノの当てっこゲームです。見えない人への配慮や工夫を楽しみながら学ぶことができます。


*********************


今回の講座でいろいろな方の考えやアイディアを伺いたくさんのことに気づくことができました!
この気づきをヒントに今後のキャップハンディ体験に早速活用したいと思います!

亘理町社協の皆様、ご苦労様でした&ありがとうございました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回大和町小中学校児童生徒書初め大会開催

2010年01月06日 | 社協事務局
1月6日(水)、まほろばホールにて第29回大和町小中学校児童生徒書初め大会(主催 大和町・大和町教育委員会・大和町文化協会)が開催されました。
大和町社協は後援をしており、中学生の部に社協会長賞を設けています。


この日は、町内の小中学生138名が参加、真剣な表情で筆を持ち、ここまで積み重ねてきた練習の成果を発揮していました。

審査結果は以下の通りです。

小学3年生の部
  町長賞 櫻井夢さん(吉岡小学校)
  教育長賞 明石京花さん(吉岡小学校)
  文化協会長賞 早坂郁美さん(吉岡小学校)

小学4年生の部
  町長賞 天野里穂さん(吉岡小学校)
  教育長賞 浅野幸樹さん(吉岡小学校)
  文化協会長賞 迫田恵子さん(吉岡小学校)

小学5年生の部
  町長賞 千葉有希さん(吉岡小学校)
  教育長賞 萩元雄大さん(吉岡小学校)
  文化協会長賞 櫻井愛さん(吉岡小学校)

小学6年生の部
  町長賞 高橋史弥さん(鶴巣小学校)
  教育長賞 鈴木咲妃さん(落合小学校)
  文化協会長賞 紺野由佳さん(小野小学校)

中学1年生の部
  町長賞 千葉美里さん(大和中学校)
  教育長賞 天野美里さん(大和中学校)
  文化協会長賞 堀籠萌花さん(大和中学校)
  社協会長賞 松永梨音さん(大和中学校)

中学2年生の部
  町長賞 高橋廉生さん(大和中学校)
  教育長賞 大崎勝信さん(大和中学校)
  文化協会長賞 萩元優生さん(大和中学校)
  社協会長賞 千葉麻由さん(大和中学校)

中学3年生の部
  町長賞 蜂谷仁望さん(大和中学校)
  教育長賞 高橋由衣さん(大和中学校)
  文化協会長賞 小助川あかりさん(宮床中学校)
  社協会長賞 金子沙也加さん(大和中学校)

入賞者の皆さん、おめでとうございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2010年01月04日 | 社協事務局
あけましておめでとうございます。

渋谷秀一社協会長の新年のあいさつは「寅年」ということで「虎は千里往って千里還る」という故事成語のお話しでした。

「虎は千里往って千里還る」というのは、虎は一日に千里の距離を走り千里戻ってくることができるほど勝れた行動力を持っているということから、人やものの勢いが盛んな様子のたとえなのだそうです。
また、虎は一日に千里の距離を走るが、巣穴にいる自分の子供を思ってまた千里を走って帰ってくるということから、親が子を思う気持ちの強さをたとえた言葉でもあるそうです。

虎は「行動力」と「深い愛情」を兼ね備えた動物であるようです。


誰もが地域で安心して暮らすための支えとなれるよう、社協も「虎」のようにありたいと思います。
レッツトラ・・・というわけで本年もどうぞよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加