慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

三大宗教(キリスト教、信仰の根幹をなす教え)

2017年05月17日 | 宗教
キリスト教、信仰の根幹をなす教え

キリスト教の目標は、天国へ行くことです
唯一絶対の創造主をもち、人間同士の関係よりも、神と人間との関係を第一に考えます
神の愛を通じて人間同士の関係性が強調されます
誰でも神を信じることで救いの恩恵に浴せるという考え方が基本です
 ☆人間同士の結びつき、愛は二の次となります
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、世界『三大宗教(洋泉社)』(中法大学保坂教授)


キリスト教(世界『三大宗教(洋泉社)』記事より画像引用)

キリスト教「神の愛である救い」は確実視されています
その為、他者に愛を注ぐことも重視されています
「山上の垂訓」の教えで象徴的に表現されています
 ☆イエスの他者へ愛を注ぐことの教え
 ☆「自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」
天国への一扉は誰にでも開かれている教えでもあります
 ☆罪を犯した者にもやり直しの機会が与えられています
 ☆悔い改めれば希望はあるとの教えです
キリストの説いた「愛敵」の教えは、仏教の「慈悲」と相通ずる点があります
 ☆仏教の影響下に生じた可能性もあります



ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界三大宗教(仏教、信仰の... | トップ | 世界三大宗教(イスラム教、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む