慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

清州会議とは?

2016年11月08日 | 歴史
黒田官兵衛が、筋書きを作った清洲会議?

会議では、織田家後継者を決めました
会議では、織田領地再配分を決めました
知識・意欲の向上目指し、番組を参考・引用して自分のノートとしてブログを記載
出典、BS・TBS『高島礼子・日本の古都』&WIKIPEDIA参考&引用
 ☆番組の画面引用
















清洲会議(BS・TBS『高島礼子・日本の古都』より画像引用)

清洲会議参加者
本能寺の変で、織田信長は、明智光秀に討たれた
信長の嫡男、織田信忠も二条新御所で死亡した
明智光秀は山崎の戦いで討たれた
尾張国清洲城で、会議は織田家後継者及び遺領の配分を決定することを目的に開催された
参加者は、織田家家臣、柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興の4人です
 ☆滝川一益は関東地方へ出陣中で欠席

織田家後継者の決定
織田家の後継者問題では信長の二男・織田信雄と信長の三男・織田信孝が互いに後継者の地位を主張
信長の嫡孫である三法師を仮の御名代とする事で、会議のメンバーは納得した?

織田領地再配分
次男・信雄は尾張国を、三男・信孝は美濃国を相続
信長の四男(秀吉の養子)羽柴秀勝は、明智光秀の丹波国を相続した
勝家は、越前国を安堵の上で、秀吉の領地である長浜城と北近江3郡の割譲が認められた
丹羽長秀は、若狭国を安堵の上で、近江国の2郡を与えられた
池田恒興は、摂津国から3郡を加増された
織田家新当主である三法師は、近江国坂田郡と安土城を相続した
豊臣秀吉には、山城国が与えられた
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月8日練習 | トップ | トヨタ世界制覇へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事