慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

世界三大宗教(ブッダ)

2017年05月14日 | 宗教
ブッダはなぜ出家の道を選んだのか?

釈迦は、シャーキャ族(釈迦族)の有力家の王子で、裕福な一族に生まれ育つ
釈迦の心に宗教的観念が芽生えはじめる
 ☆「人は生まれ、老い、病み、必ず死ぬ。この現実といかに向き合うべきか?」
 ☆「物事はつねに移り変わる、この原則といかに向き合うべきか?」
釈迦は、妃と息子を残して出家、修行の道に入るのである
ブッダとは「真理に目覚めた者」を意味する呼称
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、世界『三大宗教(洋泉社)』(中法大学保坂教授)






ブッダ(世界『三大宗教(洋泉社)』記事より画像引用)

ブッダの誕生と出家への道
仏教の伝説によれば、母親の右の脇下から誕生
 ☆誕生した際、7歩あゆみ「天上天下唯我独尊」と宣言したという
釈迦の心に、宗教的観念が芽生えはじめる
釈迦は、妃と息子を残して出家、修行の道に入るのである
高名な仙人に師事しつつ、修行に励む釈迦
本格的な修行を開始、釈迦が実践したのは苦行だった
一心不乱に修行に打ち込んだのだ

ブッダの修行と「真理の目覚め」
精神も崩壊寸前、釈迦は「極端な苦行は誤り、真理には到達できない」と悟る
苦行を中断、村娘スジャータの献じた乳粥で体力を回復させる
菩提樹の下で坐禅を組んで瞑想にふけた
瞑想を阻もうとする魔物が釈迦を襲うが、それらを退け「ブッダ」となる
ブッダは「真理に目覚めた」が、これを他者に伝えることにためらいを感じていた
 ☆深遠で難解な真理を誰も理解できないだろうと考えた

ブッダの伝道
ブッダは、天空から舞い降りてきた至高神ブラフマン(梵天)の説得により伝道を決意
サールナート(鹿野苑)で最初の説法を行った(初転法輪)
5人がブッダの弟子となり、仏教教団が形成された
ブッダはガンジス川の中、下流域を旅しつつ、仏教の教えを説いてまわる




ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 財務省理財局安倍政権の「命... | トップ | 世界史(シルクロード) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む