慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

世界三大宗教(ムハマンド)

2017年05月13日 | 宗教
商人の身から預言者に、そしてイスラム共同体の首長ヘ

唯一神アツラーの啓示を受けたムハンマド
ムハンマドの宗教活動で、メッカを追い出されメディナへ「聖遷」
ムハンマドは、メッカとの武力対決に踏み出す
 ☆メッカを占拠し、イスラム教がアラブ半島中心に広がる
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、世界『三大宗教(洋泉社)』(中法大学保坂教授)








ムハマンド(三大宗教(洋泉社)記事より画像引用)

イスラム教はムハンマドによって創始された
ムハンマドは幼くして孤児になったため、祖父や叔父に養された
商いを営む未亡人ハディージャと結婚
ムハンマドは、宗教的思索を専らとする生活に入り、洞窟で瞑想すること約15年
天使ジブリールから啓示を得て、自身が唯一神アッラーの言葉を伝える預言者と自覚する
ムハンマドは従来の偶像崇拝の多神教とは異なる
 ☆厳格な一神教イスラム教を唱える

ムハンマドの宗教活動
メッカの富裕層は神経をとがらせた
 ☆「富」の独占を否定
 ☆ムハマンドは、神による最後の審判が近いことを力説
富裕層とり、ムハンマドは、安泰な生活を脅かす危険な男と映った
富裕層からの迫害で、ムハンマドは、移住(聖遷)を行う
 ☆富裕な商人層による迫害を逃れるため、メディナへ移った
ムハンマドは、移住先でイスラム教徒による共同体「ウンマ」を建設
イスラム共同体は大きく成長しはじめる

ムハンマドは、メッカとの武力対決に踏み出す
イスラム教の発展を考えると、メッカは必要な支配地域でした
ムハンマドは、バドルの戦い、ウフドの戦い、ハンダクの戦いなどでメッカ勢力を追いつめる
戦力でメッカ側を圧倒し、外交政策も駆使し、メッカの無血征服に成功した
カーバ神殿の神像を破壊し、メッカをイスラム教の聖地とした
メッカを制圧したことで、ムハンマドの名声はアラビア半島全体に知れわたる
多くの有力部族が、ムハンマドと盟約を結び、イスラム教の教えを受け入れた
ムハンマドは4万人の信徒を引き連れてメッカヘの大巡礼を行う
巡礼から戻って数力月後に、急病を発症し病没した




ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界史(中国の中央集権シス... | トップ | MSの旧OS「XP」でのサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む