慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

WHO呼びかけ『ソーダ―税』の導入

2016年11月12日 | 医療
米東部フィラデルフィア市議会が「ソーダ税」導入へ

炭酸飲料などに1オンス(約30ML)1、5セントを課税する
米国の主要都市(人口150万人)では初、大都市にも広がる可能性がある
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典、朝日新聞デジタル(五十嵐氏)、WIKIPEDIA参考&引用








ソーダ―税(ネットより画像引用)

フィラデルフィア市のソーダ税収の用途
保育園や、レクリエーション施設の整備などにあてる
肥満の削減にもつながるとして、教育や健康関連の団体は支持する
飲料業界などが反発している
市長は、記者会見で「これは我々の取り組みの始まりに過ぎない」と話した

炭酸飲料の規制は、
2012年に当時のニューヨークのブルームバーグ市長が提唱したが失敗した
15年には、人口約10万人のカリフォルニア州バークリー市がソーダ税を導入
米メディアによると、サンフランシスコなどでも検討が進んでいる

肥満税(FAT TAX)とは
肥満を増加させ健康に影響を与える可能性のある飲食品に対しての課税
飽和脂肪酸、砂糖の加えられた飲料への課税が、検討・施行されている
加工食品に課税するのではなく、原材料である甘味料に課税する方法も提案されている

肥満税各国の状況
ルーマニア→ジャンクフード税
デンマーク→飽和脂肪酸が多く含まれる食品(バターやピザ、肉、牛乳)に対して課税
ハンガリー→砂糖や塩分の多い飲食品に課税する通称ポテトチップス税
フランス →炭酸飲料に課税するソーダ税(フランス語)
アメリカ合衆国→バークレー市ソーダ税を導入
ジャンル:
健康食品・飲料
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰もマスコミを信じなくなっ... | トップ | 世界の宗教(イスラーム教の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療」カテゴリの最新記事