慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

世界史(イギリスの産業革命)

2017年07月18日 | 歴史
世界経済を変えたイギリス産業革

産業革命で「世界の工場」になったイギリス
産業革命とは、機械制工業の発達により、生産性が増し、資本主義社会への移行
イギリスは、産業革命を可能にする条件がそろっていた
 ☆毛織物などのマニファクチュアが発達して資本が蓄積されていた
 ☆農村に余剰人口が生まれ、工場での労働力を提供できた
 ☆蒸気機関が改良されて紡績機などに利用された
 ☆石炭や鉄鉱石などの資源に恵まれていた
イギリスでは綿工業、機械工業、製鉄業などが急速に発達した
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、『世界史(成美堂)』






イギリスの産業革命(『世界史(成美堂)』記事より画像引用)

イギリスで蒸気機関の発明
蒸気機関車は、原料や製品が大量に運搬できるようになる
蒸気船は、交通革命をもたらした
イギリスは「世界の工場」となり、工業生産において他国を圧倒するようになる

イギリスに始まった産業革命
ヨーロッパ各国のほか、アメリカ、日本にも波及
世界はイギリスを筆頭とする資本主義諸国、それに従属する地域に分けられた
イギリス中心の世界秩序をパックス=ブリタニカとよぶ

産業革命
安い賃金で過酷な労働を強いられる労働者階級を生み出す
貧困層の増大、都市部におけるスラムの形成、公害、犯罪の増加などの社会問題を引き起こした
それらの改善、解消を目ざす社会主義思想が誕生する


ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宗教史100(中国・朝鮮・日本... | トップ | 人材サービス絶好調のリクルート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む