慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

日本の野党はまるで北朝鮮の“工作員”?

2017年04月19日 | 国際情勢
「55年体制」引きずる与党にも責任

北朝鮮、中国は日本を脅し攻撃を仕掛けてくる状況の国際情勢
 ☆竹島が韓国に略奪されたように、尖閣諸島、ミサイル日本へ着弾、拉致家族も同様の結果にするのか?
日米同盟の基盤の平和安全法制で、米国との信頼関係構築が最重要課題
 ☆国会議員の現在の役割・使命は、日本、国民、をどの様にして守るのか?
無責任野党の欺瞞(国会論戦では、北朝鮮の工作員としか思えないような言動?)
与党(55年体制を引きずる)
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、BLOGOS足立康史氏(4月16日)


足立康史氏(ネットより画像引用)

北朝鮮の太陽節(故金日成の誕生日)
北朝鮮6回目の核実験が実行される蓋然性が最も高いと報じられてきた日
仮に核実験が実行されれば、相当な確率で米軍の先制攻撃に繋がる
日本にもミサイルが着弾する可能性を否定できない一日だった

核実験が米軍の先制攻撃に何故繋がるか?
北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の能力が向上し、米国本土が射程に入ってきたから
軍事パレードでも、新型ICBMがこれ見よがしに登場、世界が目を見張りました

日本への弾道ミサイルの着弾危機
日本の対応は、イージス艦とパトリオットでの迎撃で対処
安倍総理、複数発撃たれると、日本では対処が困難であることを示唆しました?
 ☆弾道ミサイル4発同時発射は「新たな段階の脅威であることを明確に示す」(総理コメント)
日本への弾道ミサイル着弾を阻止することが限りなく困難なのでは?
「新たな段階の脅威」を取り除くまで、戦いは続くのです

国会に目を向ければ「どうしようもありません」
与党も野党も危機感ゼロ
総理への揚げ足取りや、レッテル貼り
審議拒否に終始する無責任野党、与党もだらしない
敵基地攻撃能力の議論も低調
弾道ミサイルの着弾を想定した避難訓練も程んど出来ていない



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パルティア王朝&ササン朝ぺ... | トップ | 4月19-20日練習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際情勢」カテゴリの最新記事