慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

トランプ効果3(金融業界に恩恵)

2016年11月20日 | 国際情勢
「トランプノミクス」は、日本の金融業界には恩恵? 

トランプ氏の経済政策はレーガン大統領による経済政策「レーガノミクス」を想起させる
大型減税などの供給力重視の政策姿勢は、酷似している
「レーガノミクス」はドルの独歩高を招き、日本がバブル景気に突入する引き金となった
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典、産経新聞経済インサイド(米沢氏)記事参考&引用










トランプ効果3(ネットより画像引用)

日本の金融機関への影響
「トランプノミクス」がプラスに働く
米金利の上昇による収益の押し上げ
米国内のインフラ整備で、投融資機会の拡大
日本の3メガバンク合計で1460億円の増益
逆に、外銀への規制が逆に強化される可能性も否めない

日本自動車業界への影響
北米自由貿易協定を最大限活用している自動車業界
トランプ氏は「史上最悪の協定」と評価している
トランプ氏は、「日本車の関税を38%に引き上げる」と述べた
トヨタ自他は、製造拠点メキシコに構え、メキシコで作った車を関税なしで米国に輸出しいる
日本車への関税引き上げが議論される恐れがある
トランプ政権が理解を示せば、関税が引き上げられる可能性は低いかも?
妥協策として、想定されるのが日本側による車の輸出の自主規制です

トランプ氏大統領就任決定後
米国債の利回りは急上昇、為替相場はドル高・円安に傾いた
日本国債の利回りも上がり始めた
市場参加者は、トランプノミクスを織り込み始めている

トランプ氏の主張してきた経済政策
(1)大型減税
(2)インフラ投資拡大
(3)保護主義的な通商政策
(4)金融規制の緩和   
法人減税や規制緩和などの経済政策は『強い米国』のレーガン政権と共通する部分がある?

レーガン大統領が誕生した時の米国
景気が後退しており、インフレが進行するというスタグフレーションに陥っていた
レーガン政権は、大幅な投資減税と金融引き締めで苦境を打開しようとした
高金利政策は、過度なドル高に直結し、巨額の貿易赤字と財政赤字を抱え込む

米国の圧力に屈した「プラザ合意」
日本他4カ国は協調介入に動き、円相場は、1年で1ドル240円から150円台に急騰
政府・日銀は、財政出動や金融緩和で経済を下支えする
行き過ぎた緩和政策は、日本のバブル景気とその崩壊「失われた20年」へとつながった

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ効果2(米中自由貿... | トップ | 世界の宗教(インド・東南ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際情勢」カテゴリの最新記事