慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

世界史(絶対主義)

2017年07月11日 | 歴史
国王権力の強化で生まれた絶対君主

ヨーロッパでは、封建制の崩壊とともに王権が強大化
封建社会の崩壊後、ヨーロッパに確立された政治秩序
諸候の没落と大商人の支持で力をつけた絶対君主
王権の強大化(強い国王により国家が統一)
 ☆商売上都合がよい都市の大商人からも支持された
各国では、常備軍と官僚制を背景に、国王が専制政治を行う絶対主義体制が確立
 ☆フランスルイー14世は「太陽王」とよばれた
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、『世界史(成美堂)』




絶対主義(『世界史(成美堂)』記事より画像引用)

絶対主義体制を支えた重商主義政策
2つの政策からなる重商主義政策
 ☆金銀鉱山を開発して貨幣を蓄える重金主義
 ☆輸出を増やして国内に貨幣を蓄える
ヨーロッパ各国はその遂行のため、鉱山獲得や輸出先拡大政策
 ☆植民地獲得競争をくり広げた
重商主義政策によって保護された国内産業
マニファクチュア(工場制手工業)を経営する産業資本家が誕生
王権と対立する市民階級も生まれた
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日練習 | トップ | 宗教史100(正統カリフ時代と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む