慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

「慰安婦」を煽った韓国女性大臣の正体

2017年02月12日 | 国際情勢
朴大統領や側近女性も悪質だが、日本の外務省の弱腰や朝日報道も追及すべきだ

韓国をつけ上がらせた日本の外務省
日本の外務官僚の弱腰は目に余る
 ☆大使館前に国際条約に違反する元慰安婦像を建てられても強く抗議もせず、国際社会にアピールもしない
 ☆日本はユネスコ分担金供出を「南京大虐殺」と「慰安婦問題」の世界遺産申請問題へ対抗するため保留してきた
 ☆外務省主導で?昨年総額32億円を支払った
ソウルに続き釜山総領事館前にも元慰安婦像を建てられ、安倍政権は駐韓大使らを帰国させた
 ☆外務省は早くも韓国への帰還を官邸要請してる
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、『THEMIS』2月号






弱腰外交(ネットより画像引用)

日本の外務省、メデアが韓国をつけ上がらせてる
韓国に「日本には何をいっても何をしても大文夫だ」と思わせているのだ
日本の外務官僚は、日韓合意の10億円もユネスコの分担金も、国民の税金であることを忘れている?
日本の外交官は、国際舞台で、慰安婦問題を煽り続けた韓国女性大臣の言動が誤りであること主張すべきだ
新聞は、朴政権発足以来の対日姿勢のスキャンダルがどう絡んでいるかを取材し追及しているだろうか?
 ☆反日感情を刺激する「告げ日外交」を誰が発案し、煽り、「歴史認識」を騙してきたのか?
 ☆朝日新聞を筆頭とする日本のメディアはそれを強力に報道すべきだ

朴政権の女性閣僚・趙允旋文化体育観光相の転落
「法匪ドジョウ」と非難される身になった
「青瓦台の王」と畏怖された青瓦台秘書室長とともに、特別検察チームによって逮捕され辞任した
野党支持者や朴政権に批判的な文化人や芸術家約1万人を網羅した「ブラックリスト」を作成した疑いだ
 ☆リストには、韓流スター女優、ノーベル文学賞に一番近い韓国人作家の詩人らが含まれていた?
リストを作っていた事実だけで、日本を糾弾してやまなかった朴政権の本質が分かる

「告げ日外交」の尖兵といわれ
文化体育観光相は、政権発足とともに女性家族相に就任した彼女は、告げ日外交の尖兵だった
国連総会第三委員会に乗り込み「元慰安婦問題で日本は真の謝罪をし、責任ある対応を取れ」訴えたのだ
元慰安婦問題も世界記録遺産にしなければならないとも説いた
彼女の活躍で、女性としては初めて、大臣より格上の大統領府政務首席補佐官の座を射止めた
慰安婦問題を煽った彼女が大抜擢された
韓国の役人の間には反日活動をすればするほど出世できるとうムードが広がった
 ☆余波が、翌年の世界遺産騒動だ
 ☆日本が通称「軍艦島」をユネスコ遺産登録申請するや、韓国側が猛烈な妨害工作を展開したのだ
主席夫妻の来韓時にはファーストレディ役を仰せつかり、朴政権のシンデレラであり続けた



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仏教(部派仏教時代の学問主義) | トップ | 今太閤・安倍首相「人たらし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際情勢」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事