慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

ビットコイン(仮想=交換)通貨とは?

2016年10月15日 | 投資情報
ビットコインの管理と採掘(マイニング)

通貨ですが、通貨を管理する「中央銀行」が存在しません
ビットコインの発行総量は決められています
採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています
 ☆データを解析し、その中の潜在的かつ決定的に重要なパターンや法則性を抽出する方法
発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がされています
ビットコインの発行総量は、2,140年までに2,100万 Bitcoin とされていています
それ以降は新規に発行されることがありません
出典、BIT FLYER参考&引用








ビットコイン(ネットより画像引用)


仮想(交換)通貨ビットコインとは?
円やドルのように通貨の単位が存在します
ビットコインの単位は、BTCと表記されます
円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません
ビットコインは、「仮想(交換)」の「通貨」です

一般的な仮想通貨とビットコインの違い
WEBサイト内でのみ使える仮想通貨
 ☆企業単位で作成し、企業が利用者を囲い込み利益を上げることを目標としています
ビットコイン
 ☆国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想(交換)通貨です
 ☆世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています
 ☆パソコンやスマートフォンを財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています

電子マネーとビットコインの違い
電子マネーとは
 ☆紙幣や硬貨を使わないで、電子的に決済を実現する手段の事です
 ☆電車に乗るときや、コンビニでの支払いに利用するものです
 ☆電子マネーは、その地域で使われている通貨を使って電子的に決済します
ビットコインはとは
 ☆ビットコインを利用して商品を購入する際には、手持ちの通貨をビットコインに両替します
 ☆両替をしたその後の支払いの流れは、一般的な電子マネーと同様です

ビットコインを使うメリット
個人間で文字通り「直接」送金できる
手数料が無料か格安(仲介する組織が存在しないので、手数料支払い不要)
監視や制限が存在しない(決済の手続きや制限が存在しません)

ビットコインの保存先
ウォレット(財布)(円やドルの例で言えば、銀行口座)
ビットコインを利用するすべての人はウォレットを持ち、そこで決済します

ビットコインの仕組み
支払いは電子的に行う必要があります
電子的に決済を行うため、インターネット経由で送金することが容易にできます
円やドルとの決定的な違い
 ☆通貨を管理する「中央銀行」が存在しません
 ☆どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与しません

ビットコインは誰が管理しているの?
中央での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理します
新しい通貨の発行や、取引の詳細情報は、ネットワーク上に分散されて保存される仕組みです
ビットコインの取引記録を記載した、取引台帳が存在しています
可視化された記録により、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます
分散されたコンピューターのネットワーク上に、1つの大きな取引台帳を置くので中央管理が不要です

ビットコインを生み出す採掘(マイニング)
一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します
追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています
有志のコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行います
みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです
追記作業を手伝ってくれた人に報酬として、ビットコインが支払われます
報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます
通貨としてのビットコインの新規発行は、採掘(マイニング)を通じてしか行われません




ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊藤博文「本条削除すべし!... | トップ | 10月16日練習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む