慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

人材サービス絶好調のリクルート

2017年07月18日 | 戦略商品
リクルート&グーグル「新戦争」の内幕

海外売り上げ約40%のグローバル企業に成長したリクルート
現在、競争の舞台は、グーグルが参戦するAIの世界に入ってきた
リクルートは、世界のグーグルの挑戦に対応できるのだろうか?
リクルートの中堅幹部は語る
 ☆リクルートが「イノベーションのジレンマ」に陥る危険性を訴える
完全な学歴会社になったリクルート
 ☆新入社員、早稲田卒145人、慶應卒128人、東大卒58人
リクルートのAIへの進出は、「イノベーションのジレンマ」を打ち破る武器になるか?
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、『THEMIS』7月号








リクルート(ネットより画像引用)

リクルート優良企業へ成長
戦後最大の贈収賄事件を引き起こし1,5兆円もの有利子負債を抱えた
 ☆ダイエー傘下に入ったが見事に完済し、 1部上場に漕ぎっけた
毎年経常利益が1,200億円前後にのぼる優良企業
人材募集サイト「リクナビ」「リクナビNEXT」を運営するリクルート
海外売上高比率がすでに約40%のグローバル企業としての顔を持つ
毎年経常利益が1,200億円前後にのぼる優良企業

リクルートの大型企業買収で優良企業へ
世界最大級の求人情報専門検索エンジンサイトを運営するインディード社買収
 ☆リクルートは世界の主な人材派遣会社の買収に動いていている
将来を見越し、リクルート人工知能(AI)の研究機関を米シリコンバレーに新設
 ☆トップに元グーグルの大物研究者アトロン・ハーベイ氏をスカウト
グーグル、フェイスブックなどと競合するテクノロジー企業を目指す

AIを武器にグーグルが攻勢
リクルートの野望の前に、グーグルが今年立ちはだかってきた
グーグルは、求人情報機能の検索エンジン『google for Jobs』発表
一般的評価は、グーグルが既存の求人情報サービスに挑もうとしているかは不明?
グーグルやフェイスブックなどのプラットフォームが求人情報を整備している
グーグルのビッグデータのAI解析
 ☆採用側と求職者を自動的にマッチングするという仕組は脅威である
今後、それがスタンダードになるとの厳しい見方もある







ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界史(イギリスの産業革命) | トップ | 宗教史100(チベット仏教) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

戦略商品」カテゴリの最新記事