慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

伊藤博文「本条削除すべし!(譲位)」 

2016年10月15日 | 歴史上の人物
伊藤博文はなぜ、明治天皇要望の譲位容認案を一蹴したのか? 

「本条削除すべし!」 
明治天皇に燻る不満「朕は辞表は出されず」
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典、『産経新聞』詳細確認ください








本条削除すべし(ネットより画像引用)

大日本帝国憲法を制定
立憲君主制の近代国家を目指した明治政府
皇室制度も明文化する必要に迫られていた
南北朝の乱の原因(権臣の脅迫によって両統互立)
譲位を認めれば、上皇や法皇による院政が復活し、皇統の危機を招きかねないと考えた
皇室典範で譲位を容認すれば、天皇の意思を踏みにじる強制退位もあり得る
 ☆陸軍皇道派が、昭和天皇を批判し、弟の秩父宮を天皇にすげかえようと画策した

伊藤と明治天皇の関係
大日本帝国憲法下の天皇は、統帥権を持ち、国策に意思を反映させる大権を有していた
天皇が自らの進退を決めることを認めれば、国家の存亡を左右する事態を招きかねない
唯一の息子である7歳の親王(大正天皇)の健康が優れない
明治天皇が譲位すれば、皇統断絶の恐れさえあった

明治天皇は、譲位した可能性があった?
譲位が、皇室典範で認められていてば
伊藤の首相の辞意を上奏した際、明治天皇は語った
 ☆「卿等は辞表を出せば済むも、朕は辞表は出されず」
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怨霊 (知恩院、三年坂) | トップ | ビットコイン(仮想=交換)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む