慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

いま落語家沸騰中

2017年05月12日 | 観劇他
落語女子の追っかけまで(落語評論家の広瀬氏語る)

面白い落語を安心して聞ける落語家
 ☆小三治、志の輔、立川談春、昇太、喬太郎、柳亭市馬
広瀬氏のいち押しの落語家
 ☆一之輔、桃月庵白酒、三遊亭兼好
現在落語は、オペラとの競演や新作への挑戦もある
落語教室やニツ目の勉強会も大人気
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、『THEMIS』5月号




落語家(ネットより画像引用)

いま面白い落語家を挙げると
大御所の落語家も話題作りに挑戦している
 ☆人情噺『芝浜』を、柳家さん喬が語ったあと、オペラ版が上演する
新作落語で爆笑を取ってきた三遊亭円丈は、「実験落語NEO」を開催している
 ☆昇太や柳家喬太郎らも円丈の影響を受けて大成した、円丈の芸を慕う落語家は多い
戦後、講談は、絶滅危惧種といわれた
 ☆落語は古今亭志ん生、桂文楽、三遊亭円生、柳家小さんらが人気を保った

「笑点」はじめテレビ番組が、「落語」の魅力をが拡めた
新聞やテレビが落語家が取り上げる落語の世界が賑やか
落語女子が、若い真打やニツ目の”勉強会”の高座に押しかけている
NHKは『プロフェッショナルー仕事の流儀』に、春風亭一之輔を登場させた
現在落語の真打だけで300人もいる
 ☆見習い、前座、ニツ目を経て10年から15年で念願の真打になれる
落語好きの大学生が作る「落研」には、女子学生の参加者も多い

若いファンを「コミック」が開拓ヘ
落語ファンがここまで広がったきっかけ
 ☆テレビ、コミック、アニメの力も大きい
『ビッグコミックオリジナル』では、落語家の「どうらく息子」が7年間連載された
 ☆若い世代の落語ファンを増やしている
落語のニツ目にも「追っかけ」の光景が見られる





『芸能』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月11-12日練習 | トップ | 世界史(秦・漢の中華統一) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む