慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

仏教(部派仏教時代の学問主義)

2017年02月12日 | 宗教
釈尊の教えの研究で理論体系を整えた仏教

仏教史の時代区分
 ☆根本分裂を境にした「原始仏教の時代」「部派仏教の時代」「大乗仏教成立後の時代」
哲学的な理論体系を生んだ教理研究(アビダルマ)
仏教の高度に哲学的な思想は、部派仏教時代のアビダルマより生まれた
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、『仏教(成美堂出版)』
 ☆本には、綺麗な絵画が記載されています




仏教(仏教(成美堂出版)記事より引用)

部派仏教の時代
仏教の教理研究(アビダルマ)教理研究が飛躍的に進んだ時代
哲学的な理論体系をもつ仏教の特質が決定づけられた時代です

瞑想で深まった仏教の教理研究
仏教はアショー力王の保護政策に加え、商工業者が多く帰依し、財政的支援を受けて仏教は巨大化していた
僧院などで瞑想に専念し、そこで得た体験にもとづいて教理を理論化する修行者が輩出されるようになる
形而上学的な思想を展開した
存在するもの構成を5分類75種(五位七十五法)のダルマ(法)に分けて理解する(説一切有部)
理論体系は精緻になれば、些細な解釈の違いが強調される傾向にある
その後20の部派に分裂した(枝末分裂)し、各部派はそれぞれに教理研究を深めていった

修行方法の三昧(さんまい)
三昧とはサンスクリット語の「サマーディ」の音写で、瞑想のことです
三昧
 ☆空三昧「自己や自己の所有物など、あらゆるものは縁起成りおり「空」である」ことを認識する
 ☆無相三昧「空である事物それぞれの現象や特徴は本質ではない」ことを認識する
 ☆無願三昧「本質ではない固有の事物に執着しない」ことを認識する
三三昧は、原始仏教以来、大乗仏教でも重要な修行方法とされており、教理を生み出す根源となった

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iPS細胞を発見してから10年 | トップ | 「慰安婦」を煽った韓国女性... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む