慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

世界史100(イスラーム帝国に誕生&分裂)

2017年07月12日 | 宗教
「イスラーム帝国」でアッパース朝の成立と分裂

イスラム教徒の平等を実現させたアッバース朝
 ☆ウマイヤ朝の時代、被征服民のイスラーム教への改宗が進んだ
 ☆改宗者たちは、アラブ人の特権的な支配に対し平等を求める運動を起こし始めた
ウマイヤ朝の改革を求め、革命が起きた
 ☆「アラブ帝国」は、ウマイヤ朝からアッバース朝に変わる
興隆と分裂のなかで、支配地域でのイスラーム化が進んだ
アッバース朝は、軍人による半独立政権が辺境地域に乱立して衰退した
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、『宗教史(成美堂)』








イスラーム帝国に誕生&分裂(『宗教史(成美堂)』記事より画像引用)

アッパース朝の成立(ウマイヤ朝を倒す)
ムハンマドの叔父にあたるアッパースの血を引く一族がウマイヤ朝を倒す
アッパース朝の初代カリフに、アブー・アルアツバースが就任
 ☆アッパース朝は、協力関係にあったシーア派を弾圧
スンナ派の法学者(ウラマー)らによって体系化されたイスラーム法による統治体制を確立

アッパース朝の政策(最盛期と衰退)
アラブ人でなくてもイスラーム教徒であれば同じ税制を課す
 ☆イスラーム教徒間の平等を実現した
アッパース朝の支配地域では住民のイスラーム化が加速した
アッバース朝は西暦800年前後に最盛期を迎える
アッパース朝では、軍人による半独立政権が辺境地域に乱立して衰退


ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界史(台頭する新興国) | トップ |  女性天皇・女系天皇を認める... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宗教」カテゴリの最新記事