慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

世界史(王は君臨すれども統治せず)

2017年07月13日 | 歴史
2つの革命で生まれたイギリス議会政治

市民階級が形成されていたイギリス
ピユーリタン革命、名誉革命をへて議会政治が確立した
 ☆英語を解さないジョージ1世の就任も一つの要因(政治にに無関心)
議会の多数派が内閣を形成して政治を行うようになった
内閣は、国王ではなく議会に対して責任を負う責任内閣制が確立
「王は君臨すれども統治せず」という伝統が生まれた
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、『世界史(成美堂)』




議会政治(『世界史(成美堂)』記事より画像引用)

ピユーリタン革命とクロムウェルの独裁
独立自営農民、ジェントリがを形成し、議会に進出していた
 ☆プロテスタントのビューリタン(清教徒)が主流でした
アュアート朝ジェームズ1世と後を継いだ子供は、議会を軽視しピューリタンを弾圧
反発した議会は、権利請願を提出するが、王は議会を解散した
スコットランドで起きた反乱に対する戦費調達のため王が議会を開く
 ☆議会は王党派と議会派に分かれて内乱状態になる
独立派のクロムウェルが王党派軍を破り国王を処刑
クロムウェルは独裁政治を行った
 ☆その死後、長老派は、前王の子チャールズ2世を迎え王政に復古した
ピユーリタン革命を成し遂げた

無血革命に成功し、議会制民主主義を確立
チャールズ2世と次のジエームズ2世は親カトリック政策をとった
議会に誕生していたトーリー党(王権擁護派)とウイツグ党(王権制限派)が協力
 ☆ジェームズン2世の娘メアリと夫のオランダ統領ウィレムに援助を要請
ウィレムが軍を率いてイギリスに上陸すると王は亡命
 ☆無血革命(名誉革命)が成立した
メアリ2世の妹アン女王が死んでステュァート朝が絶える
 ☆ドイッのハノーヴァー選帝侯がジョージ1世として即位した
 ☆英語を解さないジョージ1世は、政治にに無関心
議会の多数派が、内閣を形成して政治を行うようになった
内閣が国王ではなく議会に対して責任を負う責任内閣制が確立
「王は君臨すれども統治せず」という伝統が生まれた




ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月13日練習 | トップ | 宗教史100(イスラム3帝国が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む